NHK紅白歌合戦とGHQの“3S政策”


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ ] [ FAQ ]

 
投稿者 無記名 日時 1998 年 11 月 12 日 15:09:10:

┏━━ NewsLetter ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ┃
┃ 世 紀 末 通 信 ┃
┃ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━ 1998.11.12 発行 第7号 ━━┛

********* 編

彼らに事情を悟らせないために、我々は娯楽、競技、ゲーム、
色事、遊び場をあてがって、さらに政事から遠ざける。やがて
新聞を使って芸術、スポーツなどありとあらゆる種類の競争を
始める。こういうことに関心が向けられれば、我々と政治闘争
をしなければならない人民の関心を、すっかり方向転換させて
しまう。
『シオン賢者の議定書』第13議定


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■NHK紅白歌合戦とGHQの“3S政策”■


大晦日恒例の紅白歌合戦。赤白両陣営の司会が決まったことが、今年
も“ニュース”として報道されていた。大変動を前にして、奇妙な静け
さと明るさが平和な浮き世に締まりなく蔓延している。ちょうど1年前、
「山一証券自主廃業」の衝撃は、すでに過去のものなのか。
ところで、この紅白歌合戦をめぐって、東京新聞に川口幹夫・前NH
K会長が連載中のエッセイ(“この道”)の中で、注目すべき事実が、
実にさりげなく明かされていた。

…では、なぜ、多くの歌番組の中で紅白歌合戦が生き延びたのか、
時がたてばたつほど大きな存在になっていったのか。企画者近藤積
さんは、こんなことを語っていた。

「私はね、あの番組の中に3つのSを盛り込もうと思ったんですよ。
今、若い人にもてはやされている3つのS、ご存じでしょう。
SCREEN、SPORTS、そしてSEXですよ。今、映画は
1年に10億を超える人が見に来ます。野球をはじめとするスポー
ツは大変な花盛りです。そして戦後解放されたのはセックス。こ
の3つが若い人を中心とした層にアピールしているのを見逃して
はいけません。私はこの3つのうち、SCREENを除いた2つ
のSに、もう一つのS、つまりSUSPENSEを加えたものが
多くの人の心をとらえると確信しました」

近藤さんのこの言葉には、いちいちうなずかせるものがある。まず
第一にスポーツの要素を入れたこと。紅と白に分かれて一対一で対
戦して、その結果、「紅勝った」もしくは「白勝った」というのが
スポーツの面白さだ。
第二のSはSEX、男女の歌手を紅白に分けて競わせる。そこに
微妙なSEXに対する大衆の感覚を利用していると私は思う。

東京新聞 98/11/6付夕刊より

これこそまさに、本当の意味での裏話というべき真実の暴露であろう。
スクリーン、スポーツ、セックスという3つのSを意味する「3S」と
は、『シオン賢者の議定書』で知られるユダヤ=フリーメーソンによる大
衆愚民化計画の現代的スローガンである。この言葉が、日本の放送機構の
いわば最高責任者ともいうべき人物の口から飛び出した。文化の名を借り
た国民コントロールの真相がここにある。
為政者にとって、メディアとは紛れもなく支配の道具であって、娯楽と
感動で大衆を飼い慣らすのだ。彼らを侮ってはならない。

問題の紅白歌合戦の前身「紅白音楽試合」が最初に放送(※当初はラジ
オ放送)されたのは、敗戦の年、昭和20年の大晦日である。
いまだ連合軍の占領下にあった当時は、高位のフリーメーソンでもあっ
たマッカーサー元帥率いるGHQ(連合軍総司令部)の下部機関CIE(
民間情報教育局)が、日本国内の放送機構を完全に統括・管理していた。
当然、この「紅白音楽試合」も、企画段階の立案からスクリプト(台本)
に至るまですべて検閲を受けている。「泣く子も黙るCIE」は、「台本
の提出を求めて規制すると同時に、番組をキチンとしたルールのもとに整
然と運行することを命じた」と川口氏は語る。民主化の名のもとに、CI
Eでは日本人を骨抜きにするための愚民化メディア政策が周到に練られて
0いたに違いない。1951年の独立後もしっかりと継承された「3S政策」は、
準国営放送NHKを通じた日本の「国策」であると同時に、GHQによる
「占領政策」でもあったのである。※

そして今、50年後の日本がある。
「3S」路線をまっしぐらに突き進む日本のメディアの惨状は周知の通
りである。
80年代の終わりに、****はこう語られていた。

…人々は、よりいっそう現実主義にね、移行していくだろう。そ
して、わたしたちを操っているマスコミはだ、いいですか、わた
したちに食欲、性欲、それからスポーツというね、3つの享楽し
か与えなくなるだろう。別の言い方をすれば、精神的な面を徐々
に制約していく、ということだよ。

(「*******************」1987年刊より)

野放図な享楽に飽くことなく酔いしれるこの国は、帝国末期のローマの
ように、滅びの道をこのままひた走るのであろうか───。


※現在隆盛を極めるクイズ番組も、NHKのラジオ番組「話の泉」をはじ
めとして、もともとはGHQの指示で作られたと言われている。





フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。