歴史教科書問題(1)

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ12 ]

投稿者 踊る藁人形 日時 2001 年 4 月 05 日 03:02:39:

すでにいろいろな報道がなされて来たのですが、
彼らの背後にはどういう組織が蠢いているのだろうか。
3/17朝日37面記事、
 『「つくる会」じわり浸透 ポストに冊子・1800円の本』
より抜粋します。なお、引用資料中の【 】は、私による注釈です。


 教科書の採択をめぐって、現場の教師よりも教育委員会の判断を優先するよう求める趣旨の陳情や請願、意見書が、各地の自治体議会に出されている。三十一の道県で採択、可決された。提出者が「つくる会」に支部名のものも多い。
 「つくる会」は「各支部の自主的な活動で、すべてを本部で把握しているわけではない」としている。
 九九年十月、『国民の歴史』が、一部の世田谷区議の自宅に届いた。
差出人は、世田谷区に事務局を置く宗教法人「キリスト教聖書塾」(手島千代子代表 本部・熊本市)の伝道者。「つくる会」の会員である。
 「百冊買って、議員や企業の役員、近所の人にも配った」と説明する。
 同じころ、別の信徒が区議会に教科書採択の陳情書を出していた。
 この団体は、六一年に設立された原始福音を重んじる宗教法人。「キリストの幕屋」という別名も持ち、全国各地で伝道活動をしている。この宗教法人の事務局担当者は「つくる会の支部長をしている人もいるし、手伝いにいっている人もいる。しかし、全員がつくる会の会員というわけではないし、組織全体で支援しているというわけではない」という。

マクヤ(日本語ではない)ってのは、聞くところによると、
イスラエル大使館に信者多数が勤務し、日本人旅行者のイスラエル観光で現地通訳ガイドを務めるのも、その多くが彼らだという話があります。
日本人は一般的に政治情勢に無知無能が多いので、情報のフィルタリングの余地も大きいことでしょう。
「つくる会」の自称「非自虐史観」も、パレスティナ人に対する彼らの見解、立場のそれと軌を一にするのではないのだろうか?
で、上の引用記事中で、

 >全員がつくる会の会員というわけではないし、
 >組織全体で支援しているというわけではない

そーなんですか?その言い方、世間ではよく聞かれますねぇ。
では、未成年者を除いた全信者のうち、「つくる会」に関係している者はどのくらいの割合になりますか?
なぜこういう書き方をしたかと申しますと、
この教団の小冊子は、以前は「○を×だと言われれば容易にそう信じ込む、現世から乖離して仮想空間に浮いていた」調の記事が多かったのに、
ある時点から突然、内容の一部が「神道の神と原始キリスト教の神は同じ神」的な論理に貫かれた、中身がないコスプレニセウヨクじみた論調に化けてしまったからです。(では、「アッラー」とはなぜ連続しないのかな?)
以下に、その教団の小冊子「生命の光」2000年7月第576号を見てみましょう。
発行人は勿論、手島千代子代表となっています。
こんな内容で、「教団ぐるみではない」に類する言い訳が通用するんでしょうか?

P.23
大和紀行 神武天皇の御足跡をたどる 祈りは国の柱
 きびしい戦いのさなかに、人はその真の姿を表すといいます。
第一代天皇・神武天皇は、日向を出帆されて数年、一度も戦果を交えることなく、神を祀るという宗教的な方法で諸部族を治められました。【※1】…
 神武天皇のお足跡を『日本書紀』に照らしながら、生駒山からたどってみました。
【※1:これは大衆に対する戦火なき心理戦を経て、被支配民族に心理的隷属を強いる、という意味なのか?】



P.31
【豚の胴体に蛇の尾と犬の首を、背中には白鳥の羽を移植したキメラな獣か?】

日本人に生まれてよかった ――女子青年の大和巡り――
…橿原神宮に詣で、畝傍御陵では、国歌『君が代』と讃美歌をうたい、心から「日本の国を護ってください」とみんなで祈りました。
 このように神武天皇の足跡を辿り、祈りの追体験をしながら、彼女たちは口々に「日本人に生まれてよかった」と話していました。
 宿舎での集会は、伝道者の光永俊介先生が、
「祈りは天と地をつばぐ柱です。社会の中に帰ってもこの喜びが消えないために、どうか祈りの人になってください。天の父の聖名を呼びつづけてください。祈らない日がないようにしてください」と、導いてくださりました。




P.41
◇父娘のメール交換記録◇ 富塚 陽一(父・鶴岡市市長)― 町山 峰子(娘・土浦市在住)郷土を愛し未来を観る

Q 若者に願っていることは何ですか。(^o^)☆彡

 戦後の教育なのだろうが、「自分で考え、自分で納得できる行動をするのが正しい」と言う。けれども私は、自分自身をいちばんわかっていないと思っている。だから、自分で納得したことなど、むしろ誤っていると思ったほうがよい、とさえ考えている。
 私の体験から言うと、「この人」と思う師匠、先輩に出会ったら、かりに理不尽なことだと思っても、とことん従順に付いていく。自分を捨てて、言うことも考えることも、よくよく似るまで付いていくのです。【※1】それはどんな説教を聴くよりも、本を読むよりも、はるかに得難い学び、体験ができるものでした。
 私にとっての師匠とは、まず戦前「昭和塾」を主宰しておられた平貞蔵先生です。(その「昭和塾」には、元外相の大来佐武郎さんなどがいた)。
あなたがた一人びとりには、きっとどこかに自分にふさわしい師匠がいるだろう。出会いを大切に。
 それと、日本などの正しい歴史を学ぶこと。それは昔のことについて知識を肥やすのではなく、その中から「未来から来る声」を聞き分けることが大事だと思います。【※2】いつも未来の呼び声を求め、山にでも登るように、毎日毎日、向上しつづけるように努めてほしい。【以下略】

【※1:ではその師匠や先輩が言うことは100%『正しい』のですか?
   自分が「この人」と思うこと自体が100 %『正しい』のか?
   自分で考えて理屈で検証しながら理解していかないと、
   ただのカルトと五十歩百歩でないのか?模倣は学習の一形態だが、
   それだけではオウム返しの暗記ロボットに過ぎないと思うけど。
   盗日妖怪の中身がないバカ犬どもが、中身がない難癖をつける時の
   書き方を見ていると、特にそう実感します。】
【※2:それは666自称神の世界支配、人類家畜化ユートピアの事ですか?】




P.49 「編集室」
▼読者のお便りで、本誌が「民族主義的では」というご意見を頂きました。
 手島郁郎先生は、「大和島根を祭壇にして、この福音が世界に祝福を及ぼす日が来る」と言われました。世界の諸民族の戦いのために、まず私たちが祝福の基となることが大事です。私たちに注がれている生命、友のためには己を失ってもかまわない【※3】ほどのキリストの愛が、それを可能ならしめます。
今の荒廃した日本の救いこそ急務と思います。それなくして一緒に、といっても、世界の笑い者になるでしょう。【※4】【以下略】

【そういう「結果の辻褄合わせ修正主義論法」の曖昧かつゴーマンな誇大妄想型選民思想では、非ヤコブ的である。そんな思想的隷属態度では、国民は悪魔犬のエジキとなるしかない。大衆心理操作の幼稚な罠に引っかかって、最悪の選択が最良であると誤認させられ、他民族を巻き込んで死滅する(敵はそれを『浄化』と呼ぶ)のがせいぜいだから、やめるべきであると思う。】
【※3:これは「死ぬ」というよりは、ロボットに徹する、と読めないか?】
【※4:自己喪失の強制を断固拒否することで、笑われてもいいぢゃないか?
    この教団は見せかけの仮面にこだわる、ということですか?】



「つくる会」の主張は、
「宗主国の論理」なる人種差別的概念を含むと私は思う。世間の通り相場では「人種差別」をことさら忌避するはずのこちらの宗教団体関係者までもが、
民衆の無知誤認を扇動して人種差別を助長する、このような教育破壊活動になぜ熱心なんだろうか?それって、どういう意味だ?
何でも、S●Cが「つくる会」の教科書検定合格に懸念を表明したという!
S●Cは、マクヤ信者のこうした活動を、なぜ阻止しないのか?
(S●Cの情報網に引っかからない程、彼らの能力が低いのか?)
日本の教育破壊に加担している、という事であるならば、宗教法人たるこの教団は、教団としての思想的見解を明らかにすべきではないのかい?
事務局担当者の言い分、
『すべての信者が「つくる会」ではない』
…だから何だってえの?活動をヤメさせる気がない、という事ですか?
彼らは駐日イスラエル大使館との関係が深いそうです。しかしその一方で、
イスラエル本国が国益に沿って、このような日本国民に非常に敵対的で悪辣な対日政策をとる現実的必要性なるものを、我々が短絡的に断定してよいものか…
一個人がこの場でどうこう書いても、それだけなのだろうけど、
私の関心は以下の2点あたりです。

#日本のマクヤの、教科書問題に対する政治化した介入、「信仰」の逸脱行為は、
 イスラエル政府の意向とは無関係でなされたのか?
 それとも、特定のユダヤ教宗派ないし営利団体に属する駐日大使館員の関与が
 存在するのだろうか?また、それら挙動はどのレベルの意向なのか?

#これらの状況は、紛争の真っ只中にあるイスラエル本国と、日本との関係に
 悪影響をもたらし得る性質の問題だと思います。ですから、
 マクヤに対し、教科書問題の介入から手を退かせるべきだと思います。
 イスラエルには、日本人の家畜化調教に関与してほしくありません。


では、「つくる会」に話を戻します。

 【「自称愛国者の正義」に難癖をつける悪い外国】
 →【だから外国は加害者で、日本人は被害者だ】
 →【よって、被害国・日本の国民は感情を害する】

というような感情としての先入観をひっくり返してみると、どうなるだろうか…
「被害国、加害国」の情緒的プロパガンダに着目点を攪乱されてはならない。
それは、この問題の本質ではない。論点を逸らさせてはならない。

連中の主張は、

 【欧米列強の植民地支配と比較して、日本だけが相対的に悪くない】
 【中国人も日本人を虐殺した事があるから、日本だけが相対的に悪くない】

などの相対表現で単純集約化した○×命題を、

 【日本(がやった事)は絶対的に悪くない】

へと、すり替えて強引に決めつけている様に見えます。更に、

 【日本の植民地支配は、統治の方法や統治の程度が『正しかった』。
  被支配地域は大いなる経済発展をもたらしたので、すべてが正当化される】

の、すり替え2段論法を上塗りする…

そこには、支配者の一方的論理のみが並べ立てられても、加害者意識および被支配を強いられる側の視点を意図して欠落させています。
 【欧米の宗主国や王家が過去の植民地支配を謝罪した例を私は知らないが、】
だからと言って、自国の教科書に将来に亘って自国への植民地支配を肯定する記述を載せた責任から免れる事はできないはずだ。

とりあえず私はここに、
「植民地支配は人権侵害、政治的虐待、帝国主義的奴隷制度の一形態、
かつ人種差別的概念を育む温床であり、人道に対する罪である。」

と、書いておく。

(ただし、財政基盤が伝統的かつ平和裏に脆弱なため、宗主国に財政依存する
 歴史的継承を住民自らが望む一部の例では、事実上の除外が可能でしょうね…)





フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。