創価学会を脱会したら  〜背後霊団の脅威から逃れる為に(表現が露骨で、すみません!)

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ14 ]

投稿者 山幸彦 日時 2001 年 8 月 22 日 04:04:24:

回答先: 学会分裂か、大石寺と和解か 投稿者 行政調査新聞 日時 2001 年 8 月 14 日 14:25:39:

通常、仏教では、
  六念処〜念仏、念法、念法、念戒、念施、念天
をしっかり、実践していないと、
  闡堤(せんだい)、つまり、仏法を破り、法を犯す者に陥る危険性がある。

と、言われています。創価学会では、この闡堤の集団になってしまっているようです。

闡堤とは、恐ろしい物で、見えない力で、周りを悪へ引き込む恐ろしい力があります。

日本と朝鮮半島の因縁業を寄せ集めた創価学会に入会すると、

  脱会しても、霊的繋がりは切れないと言われます。
  また、入会の記入しただけでも、その繋がりが出来てしまうといわれます。
  子孫もその霊的繋がりが、相続されてしまうようです。

では、創価学会から脱会したら、どう言う信仰をしたらよいかを、経験より記述させて頂きます。
小生の場合、1988年より、会社の意図で、13年間に及ぶストーカーを受けて、創価学会の方と同じように
なって居るだけなのですが、因縁巣窟に嫌われているようで、不運・不幸続きです。

実際に、霊的なものとは、何かと、どうすれば良いかを、記述します。

1.善と悪が逆さま・神と邪霊が逆転した霊界

  この因縁巣窟には、日蓮曼荼羅を、マムシを頂点とし、神仏が下になる逆転霊界が出来ているようです。

   
マムシ・蛇----インドの鬼神---神仏

  と言う順番なので、感性が狂い、我欲が強くなり、神仏世界は、崇高な遠い世界と言う意識がなくなります。
  実際、仏教では、百八礼拝のような、み仏様を、崇め奉る意識がありますが、これが消えうせます。
  そして、自己中心的な感情が優先して来ます。

  邪霊として、この霊団には、蛇霊、邪鬼、悪狐、ダキニ天、不浄な霊として、創価学会富士霊園の諸霊
  地獄の党族等が、存在します。

2.霊的な取り組みを実際に行うとしたら

  何も気にせず、ひたすら、み仏様に帰命し、六波羅蜜・六念処の精進をすれば、良いのですが、
  理論・理屈に拘る方の為に、体験から、実際には、どう言うことかを記述します。


1).地獄の党族  〜 仏教では、魔王波旬(ルシファー)は、調伏してくださっていますので、
           帰命するだけでよいのですが、魔王波旬の眷属に、お護摩・施餓鬼をして、和合。

2).餓鬼     〜 創価学会では、家庭内廃仏毀釈をしてしまい、菩提寺との縁が切れています。
           このため、富士山の麓の霊園の浮かばれない諸霊が、霊団の中を彷徨っています。
           菩提寺との復縁と真心を込めたお施餓鬼・地蔵菩薩様での略施餓鬼を行います。

3).邪鬼     〜 真っ黒な霊団の中に、邪鬼がうようよしています。
           須弥山の中腹に居て、法を守っていらっしゃる四天王様の観念を深め、感謝。

4).蛇霊     〜 我欲を満たす霊としての蛇霊が、おびただしい数で、存在しています。
           特に、お金に関係あるようですが、天霊系護法善神 弁財天様のお力を頂いて、摂受して頂く事が、必要です。

5).悪狐・ダキニ天〜 同じく我欲を満たす霊として悪狐・ダキニ天も居ます。
           地霊系護法善神 稲荷様のお力を頂いて、摂受して頂く必要があります。

真っ黒な霊団・汚物のような霊団の中に、朝鮮と日本の間の戦いで亡くなった人々も居ます。

以上、簡単ですが、脱会したら、完璧な精進をしないと、子供の代など、子孫にも影響するようです。
こう言った悪霊・邪霊が、信仰の観念を狂わすようで、信仰への反発心も強く出て来ます。
己の心との戦いに、大変な思いをすると思いますが、頑張ってください!



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。