小泉首相、ブッシュ大統領に頭を下げてすぐに手を引くべきです

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ15 ]

投稿者 あっしら 日時 2001 年 12 月 03 日 17:21:56:


あなたは、ブッシュ政権の“対テロ”軍事作戦を間髪入れずに支持し、ブッシュ大統領に最大限の協力を惜しまないことを約束しました。そして、その実行のために、憲法違反の法律を成立させ、ブッシュ政権の軍事作戦への参戦を決定しました。この12月2日には、軍事作戦への直接的な参加も行われたようですね。

あなたは、約めて「テロ特措法」と言われている法律の可否をめぐる国会審議で、民主党佐藤参院議員の質問に対し、「提示された証拠は刑事裁判の証拠として耐え得るものではない」ことを認めました。

50万歩下がって、これまでのことは、戦後日本を経済的に支えてくれたアメリカ合衆国への恩義に報いるものとしてやむを得なかった判断だったとしましょう。

アメリカ軍を中心としたアフガニスタン攻撃が開始されてほぼ2ヶ月、様々な戦争報道がなされていますが、それらを見聞きした現在においても、これまでの自分の判断が正しかったと考えていますか?

正しいと思っているのなら、日本国総理大臣の地位に居続けることは許されないと考えます。
なぜなら、日本国民すべてを、あのような「アフガニスタン人大虐殺軍事行動」の共犯者に貶めてしまったからです。
対テロの戦いなのだか止むを得ないことだとか、9・11のテロで4千人近くの人々が殺戮(虐殺)されたのだから止むを得ないことだとかと言われるのなら、あなたは、日本国総理大臣ではなく、極道組織の頭目になるべきです。
私は、そのような価値観をまったく認めないわけではありませんが、そのような価値観を現実化した場合、国家は刑法犯として裁き処罰すべきだと思っています。

世界が今どのような世界へと変えられようとしているのか考えていますか?
アフガニスタンだけだと思いますか?パレスチナへの報復だけだと思いますか?イラクのフセイン政権をつぶすだけだと思いますか?イスラム過激派を押し込めるだけだと思いますか?

国際法を無視し、国内法を無視し、一人たりとも殺害する権利がないアフガニスタンで大虐殺の軍事行動を展開しているブッシュ政権が、対テロという看板を実現するためだけに、これまで行ってきたようなことをしているのだと心底思われているのですか?

ブッシュ政権が、世界からテロを減らすという対テロや国内で4千人の犠牲者に報いる正義の戦いを本当に志向しているとしたら、その実現のためにこれまで行ってきたことを選択したでしょうか?

ブッシュ政権が行っていることは何かおかしいとか今回はちょっと変だとかはまったく考えないのですか?

日本のためには、石油などの資源が必要だし、生産した商品を販売するための国際市場も必要だと考えられていることは理解できます。

そのためには、このままブッシュ政権にくっついていくことが最良の選択だと思っているのですか?確かに、一時的にはそうである可能性はあります。
しかし、それを永続的なものにするためには、世界各地で、自己の生存権と尊厳をかけて抵抗する人々をテロリストとレッテル貼りしながら殺戮し続けなければならないことになります。
このような戦いで、ブッシュ政権を中心とした同盟諸国が最終的に勝利できると思われますか?

唯一勝利できる道は、そのような人々を一人残さずこの地球上から消滅させることだけです。
そのようなことを同盟諸国の人々がこれから先ずっと見過ごし続けるとお考えですか?

それはそうだろうと思われるのなら、これ以上は何も言いません。あなたを軽蔑し憎悪するだけです。

今ここで、ブッシュ政権の恥知らずな軍事行動に背を向けることこそが、これからの日本が、資源を確保し、国際市場を維持できるための最良の選択だと私は考えます。
辛く悲しいことですが、ブッシュ政権の妄動を止めてくださいとは言いません。




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。