学校教育を受けていないアフガン女性を“無知”と呼ぶ傲慢

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ15 ]

投稿者 あっしら 日時 2001 年 12 月 06 日 22:51:35:


いわゆる「カブール陥落」以降のメディアでは、それまで一大キャンペーンを張っていたタリバン政権の女性抑圧問題をフォローアップするかたちで、学校教育の機会が与えられるようになった現状を数多く伝えている。
女性抑圧問題の別の象徴であった頭から身体全体をすっぽり覆う衣装「ブルカ」については、TV局の女性出演者以外ほとんど“改善”されていないため、それほど取り扱われない。

女性の教育問題をはじめタリバン政権の民生政策の実態についてはメディアを通じてしか知らないので、どうのこうのは言えない。また、どうのこうの言ったとしても、それを“改善”するために軍事攻撃を仕掛けることを絶対に支持しない。たとえ、統治者を選択するために民主制を採用していない国家に対してでもある。
それは、ある国の価値観基準でよろしくない政策をとっている国が自国よりも圧倒的に弱ければ、軍事力を行使してでも改善してあげるという暴挙を認めてしまうからである。

例えば、「日本政府は、男女ともに働くことを奨励していながら、企業が単身赴任しなければならないような配置転換をしたりしているのに、それを禁止しようともしない。これでは、家族の絆をずたずたにしてしまう」、「日本政府は、ここ数年来続いている不況のためにますます増大している自殺者やホームレスの問題に真剣に取り組んでいない。もっとも大切な生命をないがしろにするような政府は認められない」、「日本政府は、企業が従業員に対して特定の候補者に投票したりその演説会に行くよう、なかば強制的に仕向けている状況を放置している。民主主義の根幹である政治活動や投票行動の自由を、誰であれ阻害することは許されない。とりわけ、経済的な利害関係で弱い立場にある従業員に経営者がどうこう指図するのは、たとえ秘密投票が保証されている?とはいえ許されないことである」などなど、日本政府の転覆活動を正当化できてしまう。(これらの例は思いつくままに書いたもので良い悪いと主張しているわけではない)


ほとんど実態を知らないことを前提に、タリバン政権の女性への教育政策は、「子供であれ、他人の男性から面と向かって教育されるというかたちはいかんことだ。女性の教師も、外に出て働くことはよくないし、外に出れば破廉恥な暴漢に襲われる危険性がある。女性の子供達が、自宅にいる女性の教師の所に行って教育を受けるのは黙認しよう。但し、行き来には十分気をつけるように」といったものではないかと勝手に想像している。

前置きが長くなってしまったが、問題にしているのは、システム化された教育を受けていないことが教育を受けていないことと考え、それをもって、受けていない人を無知な人と断じることである。
ここで別に近代教育制度を云々したいわけではない。システム化されたいわゆる学校教育が効率的な手段であることを認めるのもやぶさかではない。

しかし、狼に育てられた人でもない限り、他者との関係という現実のなかで意識しようとしまいと、教育を受けている。もちろん、それは、一方がということではなく、相互に教育を受けているのである。
学校教育を受けていない女性を無知と呼ぶ記者やレポーターそして原稿書き担当者は、学校教育を受けていない人が、自分よりもしっかり現実を見据え、自分の力で現実に対応して生きているのかも知れないと思いやることができないのだろうか。

アフガニスタンの女性について、無知から解放されたという言葉にたまらない違和感を感じる。
これは、文字を持たない民族や共同体を文明が低いと断じることにも通じるものである。




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。