次はイラクだ (転載)

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ15 ]

投稿者 ごろた石 日時 2001 年 12 月 08 日 01:58:18:

                次はイラクだ

          ムミア・アブ・ジャマール 2001年11月27日

 爆撃に満身創痍のアフガニスタンが一見ようやく平定されたかに見え、空爆も先が
見えたきた今、ふたたびイラクが、米国にとっての、お次の悪役候補として浮上して
きている。
 メディアと軍が一体となってイラクを目の敵にする理由は、あの国が大量破壊兵器
を所有していることだという。
 ほう、ではどこに、大量破壊兵器を持たぬ国があるのか。
 以前、ビル・クリントン前大統領が、このイラク・カードを使おうとして、イラク
は大量破壊兵器をもつ世界唯一の国ではないにせよ、それを使ったことのある唯一の
国だと主張したことがある。
 著名な歴史家で『民衆のアメリカ史』の著者として知られるハワード・ジンは、ク
リントンのような主張を容認することができるのは歴史を知らない国民だけだと、述

た。
「彼は、歴史への認識を奪われている国民に向かってのみ、そんなことが言えたので
ある。合州国は、トルコやイスラエルやインドネシアに大量破壊兵器を供給してきた
のであり、それらの国はそれを一般市民に対して用いた。しかし、いちばん罪が重い
国は、我々自身のこの国だ。世界のどんな国も、米国ほど多くの大量破壊兵器を所有
してはいないし、また米国ほどそれを頻繁に使い、かくも多くの民間人の生命を奪っ
た国はない。我々がそのような兵器を使ったために、広島では数十万人が死に、朝鮮
と南ヴェトナムでは数百万が死んだのである」
 そういう国が、ほかの国が大量破壊兵器をもっているからといって、その国を脅迫
するのだから、その露骨な偽善には驚いてしまう。アジア人とアラブ人はみな呆れて
いっせいに首を振るだろう。
 クリントン二度目の任期に見られた右傾化は、今やブッシュに引き継がれ、前任者
の嘘が再利用されている。イラクが米国の臣下(あるいは従属国)の地位に甘んじず、
厚かましくも主権国家としてふるまったのを、老ブッシュがきちんと懲らしめること
ができなかったので、若ブッシュがその始末をつける。それを正当化するのが、「大
量破壊兵器」という、古い作り話である。
 偽善にさらに輪をかけるのは、イラクの兵器の中に実際に大量破壊兵器が含まれる
という事実を米国政府がよく知っていたのは、なぜかということだ。それは、そもそ
もイラクがより効果的にイラン人を殺せるように、米国の武器が提供されたからであ
る。米国、英国その他の西洋諸国は、そのような武器をイラクにだけでなくイランに
も売却することで、莫大な富を築いたのだ。80万人以上の(おそらく100万を超える)
男女と子どもを殺害し、8年間続いた戦争で、両国が、そのような恐るべき効率性を
もつ武器を使った。米国は、シャー(王)がイランから追放され、故アヤトラ・ホメイ
ニが権力の座についたことに気を悪くしていたので、隣国イラクに対しては、商売人
のえびす顔で、もみ手をしながら、武器を持たせ、そそのかしたのである。
 きのうの友はきょうの敵。
 そして、明日、アフガンに対して続けて行なった爆撃の巻き起こした砂塵が、あの
国の硬い冷たい大地にすっかり落ち着くころ、アメリカは、新十字軍をさらにイラク
に赴かせようとしている。
 欧米諸国が10年間爆撃を続けたイラクに。50万人の非戦闘員が犠牲になったイラク
に。有毒廃棄物の捨て場となるまでに爆撃されたイラクに。1991年も、1993年も、
1998年も、あるいは今も、イラクを威嚇し、標的として、爆弾を投下することは、イ
ラクの大量破壊兵器とは何の関係もない。
 なぜ今日イラクが、格別の悪役にされているのか。
 90年代末にイラク空爆を指揮したウィリアム・ルーニー准将が、あからさまにこう
言っている。
「イラクがレーダーのスイッチを入れたら、あいつらの地対空ミサイルを吹き飛ばし
てやる。彼らは、我々が彼らの国を支配しているのだということを知っている。彼ら
の領空も我々のものだ。・・・我々が、彼らがどう生きて何を喋るかを指図する。今
や、それが、アメリカの偉大さなのだ。これはいいことだ。特に、我々の必要とする
石油がたくさんある場合には」(ウィリアム・ブラム『ならず者国家』コモン・カレ
ッジ 2000年 159頁)。
 これが真相だ。石油である。
 どうしてこれが国際法違反の犯罪ではないだろうか?
                            (訳 萩谷 良)
 
原文


> NOW, ON TO IRAQ by Mumia Abu-Jamal
>
> [Col. Writ. 11/27/01] Copyright 2001 Mumia Abu-Jamal
>
> With the endgame emerging into view of a bomb-
> drenched Afghanistan that is now apparently newly-
> pacified, we are seeing the re-emergence of Iraq as
> America's demon-of-the-month.
> The justification for this new media-military targeting
> of Iraq is that the country possesses 'weapons of mass
> destruction'!
> Well, what country doesn't?
> Former U.S. president Bill Clinton has tried the Iraq
> card before, when he charged that the Baghdad
> government may not be the only nation in possession
> of weapons of mass destruction, but the Iraqis alone
> have used them.
> The eminent historian Howard Zinn, author of the
> acclaimed A People's History of the United States,
> remarked only a nation blind to history could accept
> a claim such as Clinton's; "He could only say this to
> a population deprived of history. The United States
> has supplied Turkey, Israel, and Indonesia with such
> weapons, and they have used them against civilian
> populations. But the nation most guilty is our own.
> No nation in the world possesses greater weapons of
> mass destruction than we do, and none has used them
> more often, or with greater loss of civilian life. In
> Hiroshima hundreds of thousands died, in Korea and
> South Vietnam millions died as a result of our use of
> such weapons."
> The sheer hypocrisy of such a nation threatening
> another nation on the basis of its possession of
> 'weapons of mass destruction' is stunning. Asians
> and Arabs must be shaking their collective heads
> in mass disbelief.
> Clinton's lurch to the right during his second term
> is now mirrored by Bush fils as he recycles his
> predecessor's lie, the old 'weapons of mass
> destruction' tale, a justification for Bush the Younger's
> efforts to repair Bush the Elder's failure to properly
> discipline Iraq for daring to act as a sovereign state,
> instead of a vassal-state (or client-state) to the U.S.
> Empire.
> To take the hypocrisy to an even higher pitch,
> consider that some of Iraq's weapons were indeed
> weapons of mass destruction, a fact well known to
> Washington because U.S. hardware was delivered
> to the Iraqis, the better to kill their Iranian enemies
> with. The U.S., London and other Western countries
> made mountains of wealth selling such weapons not
> only to Iraq, but to Iran as well. Both sides used such
> weapons with deadly efficiency in an 8-year war that
> left over 800,000 (and perhaps over a million) men,
> women and children slain. The U.S., smarting over
> the expulsion of the Shah from Iran, and the rise of
> the late Ayatullah Khomeini, rubbed their hands
> with mercantile glee as they armed and egged on
> the neighboring Iraqis.
> Yesterday's ally is today's adversary.
> And tomorrow, after the dust falls from the
> sustained bombing back to the hard, cold Afghan
> earth, America seeks to extend her New Crusades
> to Iraq.
> This, after 10 years of sustained bombing of Iraq
> by the West. This, after perhaps 500,000 civilian
> casualties. This, after Iraq has been bombed until
> it became a toxic waste dump. The threats,
> targeting and bombing of Iraq had nothing to do
> with Iraqi 'weapons of mass destruction' in 1991,
> in 1993, in 1998 -- or now.
> Why is Iraq the boogie-man of choice today?
> U.S. Brig. General William Looney, who directed
> the bombing of Iraq in the late 1990s, put the point
> out bluntly:
> "If they turn on their radars we're going to
> blow up their goddamn SAMs [surface-to-
> air missiles]. They know we own their
> country. We own their airspace... We
> dictate the way they live and talk. And
> that's what's great about America right
> now. It's a good thing, especially when
> there's a lot of oil out there we need."
> [Wm. Blum, Rogue State (Common Courage,
> 2000) p. 159]
> Voila. There it is. Oil.
> Why isn't that a crime against international law?
> Copyright 2001 MAJ
> ===============================
> !! ALERT !! DEMBE DENIES MUMIA APPEAL !!
> THEY ARE PLANNING TO MURDER MUMIA!
> SAVE THE DATE - DECEMBER 8TH - FOR MUMIA!
> NOW MORE THAN EVER!
> PLEASE PASS THE WORD!
> "We are fighting the last battle to Free Mumia, and need support now
> more than ever. We need donations of money, calling cards, copy cards,
> etc. and we really need manpower. We need people to be in the streets
> every day putting out information, demonstrating, raising money, and doing
> whatever you can to help."
> "Tell mayor john street to keep his promise and do what he can to help
> Mumia receive a fair trial and to hold an independent investigation into
> the
> case. (you can get a sample letter at http://www.freemumia.com)
> john street: room 215 city hall philadelphia pa 19107
> Phone 215 686-3000 Fax 215 686-2170"
> PLEASE CONTACT:
> International Concerned Family & Friends of MAJ
> P.O. Box 19709, Philadelphia, PA 19143
> Phone - 215-476-8812/ Fax - 215-476-6180/
> E-mail - icffmaj@aol.com /www.mumia.org
> AND OFFER YOUR SERVICES!
> Send our brotha some LOVE and LIGHT at:
> Mumia Abu-Jamal
> AM 8335
> SCI-Greene
> 175 Progress Drive
> Waynesburg, PA 15370
> !! PEOPLE GET READY !!
> !! IT'S NOW OR NEVER !!
> !! STAY ON ALERT !!
>
>

フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。