高速増殖実験炉「常陽」の敷地内で火災〔朝日新聞〕

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ15 ]

投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2001 年 10 月 31 日 22:29:08:

31日午後8時40分ごろ、茨城県大洗町にある核燃料サイクル開発機構の「大洗工学センター」内の高速実験炉「常陽」のメンテナンス棟1階部分から出火した。同建物は、常陽で使った機器に付着したナトリウムを洗浄し、修理するための施設。原子炉から30メートルの距離で、放射線の管理区域に入っている。午後10時現在、大洗町消防本部が消火にあたっているが、ビニールシートかプラスチックのようなものが燃え、建物内部で煙が充満しているという。けが人はいないもよう。常陽の原子炉は定期点検のため、昨年6月から停止中だった。
核燃機構によると、放射能の排気モニターでは、放射能漏れは感知されていないという。茨城県警も放射能漏れの恐れはないとしている。
県によると、現場は「常陽」のメンテナンスのための施設で、原子炉からは独立しているという。
メンテナンス建屋は、一部に地下がある建物で、機器のナトリウム洗浄と解体、補修、一時貯蔵などが行われる。
原子炉建物から搬出された機器は必要に応じてここで洗浄される。

     ◇

●高速実験炉「常陽」

高速実験炉は、高速増殖炉の開発の第一段階。高速増殖炉は発電しながら核燃料としては使えないウラン238を燃料として使えるプルトニウム239に変えることができる。核燃料サイクル開発機構が中心となって開発が進められている。開発は、実験炉、原型炉、実証炉、実用炉と段階的に進められる。実験炉の「常陽」(熱出力10万キロワット)は77年に臨界に達し、高速増殖炉開発が本格的にスタートした。福井県敦賀市にある「もんじゅ」は原型炉。
(22:30)

フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。