★阿修羅♪  Ψ空耳の丘Ψ16
 ★阿修羅♪
Ψ空耳の丘Ψ16検索 AND OR
 

「仙台筋弛緩剤点滴殺人事件」の“でっち上げ”追及 [テレビ朝日 ザ・スクープ]

投稿者 あっしら 日時 2001 年 12 月 15 日 19:47:21:

今年初めに「筋弛緩剤点滴殺人」容疑で逮捕された守被告については、各種メディアが医療従事者にあるまじき極非道な人物として報道していたが、テレビ朝日の「ザ・スクープ」は、当初より疑念を提示し、冤罪である可能性が高いという立場で取材報道を展開してきた。

「仙台筋弛緩剤点滴殺人事件」の概略は、仙台市にある北陵クリニックで、昨年秋(数年来病状悪化や死亡者が多いということでそれらも疑いの対象となっている)、下山雪子さん(89)が死亡(11月24日)したり、その他数名も重態に陥るということが発生し、捜査の結果、当クリニックに看護士として勤務していた守被告が点滴薬剤のなかに筋弛緩剤(マスキュラックス)を意図的に混入したことによるものと断定され、正月早々逮捕されたというものである。
北陵クリニックは半田郁子副院長がオーナーで、その配偶者は東北大学医学部の半田教授である。半田教授は、週に数回クリニックで診療を行い、実質的なオーナーだとされているようだ。


「ザ・スクープ」は、本日9:50から、「仙台筋弛緩剤点滴殺人事件」の虚構性を追及する取材報道の第5弾を放送した。

以下は、その放送をまとめたものである。
-------------------------------------------------------------------------------
● 北陵クリニックの当時院長二階堂氏へのインタビュー内容

  守被告が殺人罪に問われている下山さんの死亡に至る病状について、「心筋梗塞で特徴的に見られる症状で、筋弛緩剤であればありえない自立呼吸の復活があった。私がそう言っても、警察は、点滴から筋弛緩剤が出たんだ、出たんだ、モノ(物証)があるんだと言って取り合ってくれなかった」と語った。

● 警察の鑑定結果に関する疑問

  筋弛緩剤が混入されたとされる点滴の残り薬剤や患者の血液そして患者の尿などが、大阪府警科学捜査研究所で土橋技官を中心として鑑定された。
  残り薬剤に混入されていた筋弛緩剤の割合から、それぞれの事犯について使用された筋弛緩剤の量が推定された。
  問題は血液鑑定で、被害患者の血液中筋弛緩剤濃度は、筋弛緩剤を静脈注射で一気に投入したときに測定できるであろう値が示されていた。(一例をあげると、一定時間後に16.5ng/mlと、医学論文で既出の値とまったく同じ値が示されていた)
  点滴の場合は、体内に投入された筋弛緩剤が代謝によって徐々になくなるため、そのような値になるはずがないというのが医学界の通説だとのこと。

  また、10月31日に吐き気で入院し点滴を受けていたA子さん(11歳)は、容態が急変し、母親がそれに気づくと「目が変、ものが二重に見える。のどが渇いた。渇いた」と訴えた。幸い死亡には至らなかったが、1週間後に尿を採取され、それも同じ科学捜査研究所で鑑定された。その結果、尿中に筋弛緩剤が2.5ng/mlの濃度で検出されたという。(裁判に鑑定書として提出済み)
  しかし、筋弛緩剤は代謝されるので1週間後の尿から検出されるわけがないというのが医学界の定説だとのこと。(「ザ・スクープ」はこの件で全国50件ほどの病院麻酔科にアンケートを実施し、検出されるだろうと言う回答が1件もなかったことを示していた)麻酔科の医師は、「筋弛緩剤が体内にそんなに長く残るのなら、麻酔に安心して使えない」と話していた。

● 証拠の残りの点滴薬剤に対する疑念

  今回の事件で証拠の一つとなっている残った点滴は、すべて副院長である半田郁子医師が点滴装置から外して持ち出した。(裁判証言)
  証言の一例として、「夫が目で合図、ボトルに目を向けたので、まわりが見ていないのを見計らって取り外し、白衣のポケットに入れて持ち出した」
  (このようなかたちで犯罪現場から持ち去られたものは証拠性がなくなってしまうものである。いくらでも、手を加えられるモンね。)

● 物証である鑑定試料はすべてなくなっている

  大阪府警科学捜査研究所の鑑定人土橋氏は、弁護士から再鑑定を申請されると、点滴残薬剤・血液・尿などは、「幅広い毒物を検出しようとしたため、全部使い切った」と法廷で答えた。
  0.1mlで筋弛緩剤の濃度は検出できるそうで、数百種類の“毒物”を検出しようとしたことになるそうだ。


● 鑑定書に関する疑念

  弁護士が5月の証拠開示段階でA子さんの鑑定書をコピーしたときにはなかった鑑定人の印鑑が、法廷で証拠採用された段階では押印がなされていた。
  土橋鑑定人は、法廷で、「鑑定書を書き上げた1月19日に押印した」と証言した。
  検察は、コピーが悪かったので、陰影がコピーされなかったのではないかと主張している。両方のコピーを映像で流していたが、写りが悪いというものではなくまったくなかった。両方に押されていた割印は、ちゃんと両方の鑑定書コピーに写し出されていた。

------------------------------------------------------------------------------
■ 拘置所にいる守被告の状況

  トイレ部分を除くと長さ175cmの独房で、守被告がやっと寝ることが出来る広さ。そして、天井には“24時間稼働の監視カメラと集音マイク”が設置されており、トイレを含めすべてを監視される状態に置かれているそうだ。
こういった状況で精神的にメゲテいるという守被告の手紙や日記が紹介されていた。
  守被告の弁護士は、拘置所は理由をまともに答えてくれないが、おそらく、自殺や自傷を防ぐと言いたいのだろう。しかし、本音は、守被告の“戦闘意欲”を削ぎたいのではないかと話していた。
=================================================================================
★ 裁判の結果がどうなるか分からないが、たとえ、守被告が無罪になったとしても、これだけの“でっち上げ”的物証が出ていれば、かわいそうな冤罪に巻き込まれたではすまないはずだ。

  宮城県警・大阪府警科学捜査研究所・仙台地検の各担当者は、「偽証罪」・「公文書偽造罪」・「公務員職権乱用罪」などで裁かれなければならない。

  それをこれまでやらないで、税金を使った「国家賠償」だけで済ましてきたから、冤罪がなくならない要因の大きな一つである。

  捜査ミスではなく、“でっち上げ”の冤罪に関わった公務員が、最低法定刑「死刑」の罪に問われるようにしておけば、日本の冤罪が一気に減ることは間違いないだろう。
  公務員による「でっち上げ冤罪行使罪」が最低死刑でも、量刑の公平性から見て問題はないだろう。

元警察官僚で自民党前政調会長の亀井静香代議士が、「死刑廃止促進議員連盟」の会長を務めている気持ちがよく分かる。







フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。