★阿修羅♪  Ψ空耳の丘Ψ16
 ★阿修羅♪
Ψ空耳の丘Ψ16検索
 次へ  前へ
旧ソ連核実験場の周辺住民、生殖細胞の突然変異一時2倍 投稿者 asahi 日時 2002 年 2 月 08 日 10:29:05:

旧ソ連核実験場の周辺住民、生殖細胞の突然変異一時2倍

 旧ソ連の核実験場だったセミパラチンスク(現カザフスタン共和国内)の周辺では、
一時、住民の生殖細胞の突然変異発生率が最大で通常の約2倍に上っていた、とカザフ
スタン、フィンランド、英国の共同研究チームが8日発行の米科学誌サイエンスで報告
した。ただ、調査対象は遺伝子を含まない領域のDNAなので、変異が遺伝性の障害に
直結していたわけではない。

 同チームは、旧実験場周辺に住む40家族の親・子・孫の3世代から血液を採取。遺
伝する突然変異がどのくらいの頻度で起きているかを、親・子の2世代について、他地
域の28家族と比べた。

 核実験初期の49〜56年には地上で4回の爆発実験が行われ、このすべてを体験し
た「親」世代の突然変異率は、他地域の1.8倍に上っていた。

 「子」世代は、体験した地上実験の回数がさまざまで、突然変異率は全体では通常の
1.5倍だった。

 同実験場では、49〜63年に大気圏での実験も行われ、それ以降は89年まで地下
実験が続けられた。実験は計470回。

 また研究チームは、死の灰に含まれる放射性物質の半減期が短いため、突然変異誘発
効果は長続きせず、地上・大気圏の核実験の禁止は有効な施策だった、としている。

 この研究について、長崎大・原爆後障害医療研究施設の新川詔夫教授は、「今回の突
然変異そのものが人体に大きな問題を起こすわけではないが、核実験による変異が子孫
に遺伝することを示した点は注目される。ただ、サンプル数が少なく、全面的に信頼す
るわけにはいかない」と指摘している。(07:12)

http://www.asahi.com/international/update/0208/002.html

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。