ゴルバチョフ氏夫人が死去 ソ連のイメージ改善に貢献

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ3 ] [ FAQ ]

 
投稿者 倉田佳典 日時 1999 年 9 月 20 日 18:56:40:

◎ゴルバチョフ氏夫人が死去 ソ連のイメージ改善に貢献

 【モスクワ20日共同】ゴルバチョフ財団によると、、ゴルバチ
ョフ元ソ連大統領(68)の夫人ライサさんが急性白血病で入院し
ていたドイツ北西部ミュンスターの大学付属病院で20日、死去し
た。67歳だった。
 ライサさんは7月25日に同病院に入院。ゴルバチョフ氏も闘病
の夫人に付き添っていた。
 旧ソ連の歴代指導者の夫人が表舞台に出ることは少なかったが、
ライサさんは「ペレストロイカ(改革)」外交を推進したゴルバチ
ョフ氏とともに「ファーストレディ」として積極的に外遊に同行。
洗練された立ち居振る舞いで西側の注目を集めソ連の対外的なイメ
ージを大きく変えた。
 ライサさんの急性白血病については、カザフスタンのセミパラチ
ンスク核実験場から100キロのロシア南部ルプツォフスクで生ま
れ育ったことが関係しているとの報道もある。事実とすれば、冷戦
終結に貢献した夫人は核開発競争の犠牲者でもあったことになる。
 1991年4月にはソ連大統領として初訪日したゴルバチョフ氏
に同伴、軽妙なユーモアと微笑みで日本人にも好印象を与えた。そ
の半面、従来のカラを破って社会の前面に出た生き方には国内で批
判もあった。
 鉄道建設作業員の家庭に生まれたライサさんは、モスクワ大学哲
学部時代に同大法学部在学中のゴルバチョフ氏と知り合い53年に
学生結婚。卒業後、夫の郷里のスタブロポリ地方で教師をしていた
こともある。
 今年5月には夫妻で約2週間のオーストラリア旅行をしたばかり
だった。                       (了)


[共同 9月20日]  ( 1999-09-20-16:35 )




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。