<米金融改革法>G・スティーガル法改正で米政府・議会が合意

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ4 ] [ FAQ ]

 
投稿者 明星 日時 1999 年 10 月 26 日 18:48:01:

1999年10月23日(土) 21時11分
<米金融改革法>G・スティーガル法改正で米政府・議会が合意(毎日新聞)


 【ワシントン22日逸見義行】米政府と議会は22日、大恐慌への反省か
ら施行されたグラス・スティーガル法(1933年銀行法)を全面的に改正
し、原則的に禁止されていた銀行、証券、保険業務の兼営を解禁する金融制
度改革法案について合意した。来週にも上下両院で可決し、66年ぶりに制
度改革が実現する見通しだ。今後、すべての金融サービスを網羅した「巨大
総合金融機関(総合メガバンク)」設立に向けて、米国内で再編の動きが加
速するのは確実で、日本や欧州の再編・統合にも影響を与えそうだ。
 今回の合意では、銀行、証券、保険を傘下に入れる持ち株会社の監督機関
は、米連邦準備制度理事会(FRB)にするが、ほかの業務を実施するため
銀行が作った子会社には、財務省の監督権限を従来通り認める形にして、F
RBと財務省が“手打ち”をした。最後までもめたのは、マイノリティー
(少数派)や低所得層に一定の融資を求める地域再投資法(CRA)の扱
い。銀行が証券や保険を合併する場合は、積極的に再投資を実施しているこ
とを条件とするが、中小の金融機関については負担を軽減することで、政府
と議会が折り合った。
 金融制度改革法案は、20年以上も前から、議会で協議が続けられてきた
が、監督官庁のあり方やプライバシー保護、CRAの扱いなどを巡って、関
係者の利害調整ができなかった。今年5月に上院、7月に下院で内容が微妙
に異なる法案を可決したが、その後も調整が難航。しかし、一つの金融機関
にあらゆる金融サービスを行う「ユニバーサルバンク」がすでに欧州で認め
られてことへの危機感も強く、米大手金融機関が政府や議会に法案成立を積
極的に働きかけていた。

[毎日新聞10月23日] ( 1999-10-23-10:58 )






フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。