Re: 日本人のユダヤ偏見 

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ4 ] [ FAQ ]

 
投稿者 MASA 日時 1999 年 11 月 18 日 00:35:26:

回答先: 週刊ポストがおわび掲載 投稿者 倉田佳典 日時 1999 年 11 月 15 日 17:53:37:

日本人のユダヤ偏見 と ラビ・アブラハム・クーパー師達の誤解


「今回はSWCの思うようにはならないだろう、SWCの広告ボイコット要請に応じる
企業がそれほど多い筈はない・・・週刊ポストもSWCの圧力を十分に予想して記事に
した筈だ・・・。」と私は期待していたのですが、結果は週刊ポストの完全敗北。
 それとも?


以下 ラビ・アブラハム・クーパー師達、及び日本人へ。 

 先進国とみなされている国で、日本ほどユダヤに偏見を持たない国はないのではない
かと思う。日本社会にはもともとユダヤ人はいなかったし(明治維新前はゼロ)、現在
でも殆どいないので差別とか偏見の対象にはなり得ない。差別や偏見を持つのは極一部
の日本人、トンデモ本の愛好者だけだ。

 欧米風のユダヤ人は西洋人として尊敬される。女の子にはもてる。犯罪を犯しても「
西洋人特権」として並の警官には手出しできないVIPの地位を日本のユダヤ人は持っ
ている。
 
 ユダヤ人にとって日本ほど居心地の良い国はないのではないだろうか。彼らが日本を
ターゲットにした活動を行っている現在、今回の事件は彼らの本性を公にしたという意
味で意義がある。週刊ポストの策略にユダヤがのせられて馬脚を現したという感じも受
ける。

 これを機会に我々日本人はユダヤを知り、十分な警戒態勢で彼らを迎え、備える必要
がある。政治家・経済人・企業家、いや露天のアクセサリー販売屋を覗く若者も。
 
 日本のユダヤ理解とはあまりにも幼稚すぎるのだ。

 以下、週間ポストにあるラビ・アブラハム・クーパー師の論説をつっついてみよう。
(ラビとは祭司のことで、ヘブライ語で「我が主」を意味するそうだ。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ナチスの反ユダヤ主義プロパガンダの根拠の一つともなったこの『議定書』の翻訳版が、
何とナチスのホロコーストの犠牲となったアンネ・フランクの本と並んで売られていた
のです。  
                        ラビ・アブラハム・クーパー師            
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 アンネ・フランクは1944年9月6日アウシュヴィッツに送られたが何故かガス室
では殺されず、10月にはドイツのベンゼン(BergenーBelsen)に移送さ
れ、そこで翌年3月の初め頃にチフスで死んだとされている。だからラビ・アブラハム
・クーパー師によれば「ホロコースト」とはガス室による虐殺でもなければ民族浄化で
もないことになる。ナチスによるユダヤ人虐待、強制収容所への収容、または死者の火
葬を「ホロコースト」と彼は呼んでいるのであるから、「ホロコースト」が実在したこ
とは疑う余地のない歴史的真実である。議論の余地はない。

 ユダヤ教徒は火葬を「ホロコースト」と呼び恐れる。火葬された死者の魂は永遠に救
われないとされる。ナチス・ドイツはユダヤ教徒の宗教感覚をまったく尊重せずに火葬
にし、ユダヤ人は怖れたようだ。

 イスラム教徒も火葬を怖れる。以前日本で、路上で死んでいた身元不明の外国人を市
が火葬にしたところ、後でイスラム教徒であったことがわかり、市は「死者の魂を侮辱
した。」責任を遺族に問われて大問題になったことがある。火葬代、埋葬費の請求どこ
ろではなく慰謝料OOO万円とか。 
                          
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本人が抱くユダヤ人偏見の元凶としては、もう一つ、シェイクスピアの『ベニスの商
人』に負うところも大です。“大きな鼻をしたカネ貸しのユダヤ人”というイメージが
日本に紹介されて以降、「守銭奴シャイロック=悪いユダヤ人」なる図式が定着してし
まった。                     ラビ・アブラハム・クーパー師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 確かに『ベニスの商人』は差別本として有罪だろう。だが当時の世相を正確に現して
いる喜劇である。ユダヤ人(ユダヤ教徒)は世界中(キリスト教社会)で嫌われ迫害さ
れていたのだ。だが、だから何だって言うのだ。人類の歴史において国家社会が国家宗
教以外の宗教(異端)を迫害することはごく当たり前であった。キリスト教が勢力を持
つ以前のローマではキリスト教徒は激しい弾圧を受けた。日本でも江戸時代、キリスト
教は禁止されていた。その弾圧・迫害とは
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
社会の底辺、一般社会の枠の外に追いやったことが原点なのです。そのためにヨーロッ
パでは、ユダヤ人は高い教育も受けられず、職業ギルドにも加われず、結果的にカネ貸
しなどになるしかなかった。
                        ラビ・アブラハム・クーパー師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

などという甘いものではなく、見つかれば火あぶり、ライオンの餌にされるという徹底
した禁止・弾圧・迫害である。
ユダヤ教徒は自分達だけが宗教的な迫害を受けていた(いる)と思っているのか。
イエス・キリストだってユダヤ社会では異端とされて十字架に架けられているではない
か。
 キリスト教社会の中ではユダヤ教徒でなくてもイエス・キリストを信じないと言う理
由で異端とされ火あぶり、迫害された人々は何万、何百万人もいただろう。ガリレイ・
ガリレオが地動説を唱えて火あぶりの刑にされかかったのは『ベニスの商人』の時代よ
りも数十年後、同じイタリアである。

 創価学会系の職場(社会)で創価学会に入っていなかったり信者でない社員は追放さ
れるだろう。一生懸命に働いても評価されないなどという甘い話ではない。当たり前の
話ではないか。
 
 古代ユダヤ国家は他民族により侵略・崩壊させられユダヤ人は世界中に離散したわけ
だが、他民族により侵略され滅びた民族・国家とは歴史上に無数にある。多くは完全に
消滅させられ、生き残った国民は侵入民族の奴隷になった。ユダヤ人自体、どれだけの
民族・国家を侵略して滅ぼしてきたかは旧約聖書に記されている。現在もユダヤ人はパ
レスチナに侵入し先住民(アラブ人)を武力で追いだし、また残ったアラブ人は超低賃
金で労働させている。

 
 それを・・・・・・・ラビ・アブラハム・クーパー師には歴史認識がないと言わざる
を得ない。被害妄想で現代を生きている。いや自分達の神は、ユダヤ人ばかりでなくて
総ての人類、動植物、 世界をも造ったという宗教的な信念(これをステレオタイプの偏
見と呼びたい。)をもっている。
 ユダヤの神が造ったのはユダヤ人だけだ。だからユダヤの神の声を聞けるのはユダヤ
人だけなのは当たり前。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジョージ・ソロス(ヘッジファンドの帝王の異名を持つ投資家)を例にとって考えてみ
ましょう。金融・経済に関する新聞や雑誌の報道で、彼の名前は欧米だけでなく世界中
でみることができます。マレーシアのマハティール首相などはソロス個人のビジネス活
動をユダヤ人全体と結びつけて、「反ユダヤ」の気持ちを公表しています。
 しかし、これは米国で事業展開している日本企業に働く一人の日本人従業員がやった
ことをもって、その企業全体に責任を負わせる、あるいは日本人全員に責任を求めるこ
とと同じではないでしょうか。
                        ラビ・アブラハム・クーパー師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ジョージ・ソロスはユダヤ株式会社で働く一人のユダヤ従業員にすぎず、彼がやった
ことをもって、ユダヤ全体に責任を負わせるのは誤りだという主張。
ならば、アドルフ・ヒトラーはドイツの一市民にすぎず、ドイツ国家やドイツ人に戦争
責任を求めるのは誤りだとドイツ人は主張できる。  ユダヤ人の中に殺人者が居ても
誰も「ユダヤ人は殺人者だ。」などとは言わない。だがユダヤ教の祭司(ラビ)が殺人
者であったり部下に殺人を命じたりすれば、「ユダヤ人は殺人者だ。」 と皆が言うだ
ろう。
 ジョージ・ソロスはユダヤ資本を代表しているのだから、ジョージ・ソロスの行いは
ユダヤ資本の行いであり責任である。

 (ユダヤ人から天才や偉人が出れば、「ユダヤ人は優秀だ。」 とユダヤ人を讃える。
ユダヤ人には天才・偉人が多く、だから私もユダヤ人が好きなのだが、アホも多い。だ
からといって私はユダヤ人を嫌いにはならない。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●「金融とメディア支配」のウソ
 欧米において、ユダヤ人がCEO(最高経営責任者)を務める有力企業は少なくあり
ません。
「フォーチュン500」(世界の資産家のランキング)にユダヤ人が何人いるのかとい
ったら、少なくないでしょう。そうしたユダヤ人たちが欧米の金融界や経済界一般にど
れだけの影響力を持っているのか、あるいは持っていないのか、正直なところ私にもわ
かりません。
                        ラビ・アブラハム・クーパー師
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ユダヤ人が欧米の金融界や経済界一般に大きな影響力を持っているには、この文章か
ら明らかでしょう。彼らは「力」を持っており、それは世界を動かす程でしょう。倫理
や法律、正義(慈善)にかなった使い方をして欲しい。そうすればユダヤ人はどの社会
でも受け入れられ、尊敬され、世界の指導者として認められ、ユダヤ人には皆が従うだ
ろう。寄生虫だの火事場泥棒だの、文化・社会の破壊者だ、侵略者だという偏見は消滅
し、またどのようなユダヤ陰謀本がインターネットや古本屋に溢れていても、それを信
じる人はいないだろう。週刊ポストが何を書こうが世界各地でユダヤ人への危害が発生
する危険性など生まれようがない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうした事実を踏まえれば、ユダヤ人が「金融を牛耳っている」、あるいは「メディア
を支配している」などといったことが誇張に過ぎないことはすぐにわかることなのです。
ところが、今もそうした表現がユダヤ人をスケープゴートにしたい時の方便に用いられ
ているのです。その意味でも、こうした間違った見方や偏見に基づくレッテル貼りを、
われわれは断じて認めることができないのです。
                         ラビ・アブラハム・クーパー師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 ラビ・アブラハム・クーパー師の本音が現れている部分である。ユダヤ人が「金融を
牛耳っている」、あるいは「メディアを支配している」などといったことが誇張に過ぎ
ない、これはそのとおり、現実は「牛耳っている」「支配している」と表現できるだけ
の実力はユダヤ人には未だないだろう。これをラビ・アブラハム・クーパー師は率直に
認めている。だが大きな影響力を持っていることもラビ・アブラハム・クーパー師は率
直に認めているようだ。「誇張である。」としているのだから。そして、「この通り、
世界の企業を我々はコントロールできる。あんたらを破産させることなど朝飯前。」な
る自信を彼はここに示している。
 
週刊誌などに批判・悪口を書かれた場合「名誉毀損」で告訴することは一般に広く行
われている。記事が事実と違う場合には裁判所は原告勝訴の判決を出して、出版社・著
者は原告が受けた被害に対する賠償責任、またお詫びの公知、誤りの修正義務が生じる。
また名誉毀損は刑法犯でもある。たとえ事実であっても公共性がなければ名誉毀損罪は
成立する。

 ところが『サイモン・ウィーゼンタール・センター』では裁判で事実関係を争うとい
う手段には訴えず、週間ポストのスポンサーに圧力をかけて(具体的には広告掲載を止
めるよう要請。)、「言うことを聞かなければおまえを潰すぞ、破産させるぞ。」 と
脅して記事の事実関係は争わずに勝つ道を選ぶ。これは違法なテロではないが合法的な
テロもどきの戦略である。汚い。誤解を恐れずに言えばユダヤ的である。

 記事の何処がどのように事実と違ったのか我々には全く解らず、ただ「撤回」だけさ
れた。これは言論弾圧そのものである。マルコポーロのときは「この問題は言論・出版
の自由とは次元(レベル)が異なる。」なる理由が付けられた。今回も「言論・出版の
自由とは次元が異なる。事実関係を論じる必要はない。」 問題なのか。
「我々ユダヤ人の名誉を汚す言論は我々は断じて認めることができないのです。」なる
理屈は宗教的である。マホメットを侮辱すれば死刑になるパキスタンやイランの刑法に
等しい。いや教祖ではなくて自分の名誉を汚す言論は許さないというのだからもっとた
ちが悪くて幼稚。

 週刊ポストは何故「営業妨害」で『サイモン・ウィーゼンタール・センター』を訴え
ることができなかったのだろうか。ここは日本である。アメリカでもイ スラエルでもな
い。日本のルールが通用する筈である。

(いや、先に述べたように週刊ポストの策略か。負けるが勝ちという。だが、ユダヤ相
手といえども悪知恵を巡らすのは良くない、策略を弄する者は策略に溺れる。ここは正
攻法で臨みたい。我々はユダヤ人ではないのだから。)

 長銀が何故ただ同然で外国資本に譲渡されてしまったのか。総資産は何兆円もある筈
の長銀が、4兆円の公的援助で黒字にされた後にアメリカ資本に渡るとは、その内幕を
私を含めた国民は知りたいだろう。それが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本人読者の反米感情を煽る基調であるうえに、タイトル、小見出し、一部の本文
記述により反ユダヤ主義を加味した構成になってしまった・・・ 週刊ポストのお詫び
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 などという理由で撤回されたのだ。反米感情を煽ろうが反ユダヤ主義が加わろうが
我々は真実を知りたいのだ。それとも我々日本人には反米感情を持つことは禁止され
ており、反ユダヤは許されない思想なのか。日本では反米も反ユダヤも主張すること
自体が許されないのか。欧米では反ユダヤ主義など常識として皆が身に付けているだ
ろうに。ユダヤ社会が日本にまでも反ユダヤ主義が広がることを恐れる気持ちはわか
るが、だったら自分らの身を正すことを考える方が先だろうに。この事件で日本の反
ユダヤ主義は市民権を得たことになる。トンデモ本の妄想から、真剣に検討し対策を
練るだけの価値ある主義となったのだ。ユダヤ人にとっては自業自得だ。

 アメリカやヨーロッパ、アジア各国では反日は堂々と主張され日本車や日本製品、
日の丸が公衆の目前で焼かれることもある。イスラエル(ユダヤ)だってPLO、ア
ラブに対して徹底した攻撃をしていた(いる)。以前に市営図書館で反PLO・アラ
ブの本(イスラエル大使館寄贈、とあった。) を読んだことがあるが、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「私はイギリス人ですからイギリスの例でいえば、一つの民族全体を侮辱するような
類いの本を売ることはまず許されません。」
                    週刊ポスト デイヴィッド・M・モリス    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

などと言える立場じゃあないだろう。イギリスではどうだか知らないが、日本ではア
ラブ人を徹底的に侮辱・汚し、私でも読んだ後はアラブ人がばけものに思えた本も公
立図書館に置かれているのだ。






フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。