[転載]★シアトルWTO会議をめぐる奇妙な騒乱

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ4 ] [ FAQ ]

 
投稿者 !Junk 日時 1999 年 12 月 07 日 04:53:12:

――――――――――――――――――――
★シアトルWTO会議をめぐる奇妙な騒乱
――――――――――――――――――――

 先週、アメリカ西海岸の港町シアトルで開かれたWTO(世界貿易機関)の閣
僚会議をめぐり、会議に反対するために10万人もの市民団体が集まり、デモ行
進が暴動にまで発展したというニュースを知ったとき、多くの読者が「何で反
対運動が起きるの?」と思ったのではないだろうか。

 WTOは、世界の貿易体制を維持・発展させるための国際機関だ。日本やヨ
ーロッパ諸国の政府が、国内農家を守るため、農業市場の開放を求めるアメリ
カなどからの圧力と戦ったり、または逆に、アメリカが自国の製鉄業を守るた
め、日本や中国の鉄鋼製品が不当に安すぎると文句を言ったりする場所でもあ
る。その意味でWTOは、アメリカの人々にとっては、自国の利益を守ってく
れる機関であったはずだ。

 シアトルで暴徒化した人々は、資本主義体制そのものに反対する左翼の一つ
「アナキスト」(無政府主義者)たちであったという。アメリカでは今、未曽有
の好景気が続いている。その背景には、冷戦が終わって世界中に自由貿易や市
場経済が広がる中で、資本主義の最先進国アメリカが、いち早く産業の情報化
を進め、自国の基準を世界の基準にして、最もその恩恵を受けたことがある。

 そんなアメリカで、資本主義の恩恵を十分に受けているであろう若者たちが、
自分たちも時々は愛用していると思われるマクドナルドやスターバックスコー
ヒー店を「資本主義の権化」だと罵倒して打ち壊している光景は、何とも奇妙
であった。

▼冷戦終結とともに大きく変わったWTOの機能

 WTOはここ数年で、大きく変身した。1986年、南米ウルグアイの静かなビ
ーチリゾート、プンタデルエステに世界各国の貿易担当大臣らが集まり、「ウ
ルグアイ・ラウンド」を始めた。そのころまで、この機関(WTOの前身であ
るGATT)は、各国の関税率や、輸入したくない製品に対する規制が公正な
ものかどうか協議し、貿易をめぐる国家間紛争の審判役をする、地味な存在だ
った。

 1948年に設立されたGATTは、ウルグアイ・ラウンドの前に、7つのラウ
ンド(会議の周期)を経験している。世界経済の変化にあわせて、あるべき貿易
体制の姿も変わるので、数年に一度ずつ世界の参加各国が会議に集まり、時局
に合うように国際貿易ルールを見直してきた。

 1980年代後半には、アメリカを中心に情報通信産業の急激な発達し、金融な
どサービス産業が、工業など従来の産業を追い抜いて巨大になった。アジアで
は韓国、台湾や、ASEAN諸国などが新興工業国として登場する一方、アメ
リカの製造業は再編成(リストラ)を余儀なくされていた。

 またこの時期、ソ連の体制崩壊が始まり、冷戦後の国際経済の体制作りが必
要になっていた。それまでの世界は冷戦という戦争状態にあったため、世界を
二分する米ソが、自分の陣営の国々を、直接に指揮監督していた。だが冷戦が
終わり、アメリカ側の一人勝ちとなると、アメリカが直接に世界中の国々とや
り合うのは大変なので、国際機関に世界運営を任せることにした。

 その対象となる機関がWTOやIMFだった。もちろん、運営を任せるとい
っても、アメリカの意に反する決定は困るので、アメリカ政府の通商代表部が
WTOを牛耳り、財務省がIMFを支配する、という間接統治になった。

 アメリカは、国連も自国の代理機関の一つにしたかったのだが、国連の中枢
である安全保障理事会には、ロシアや中国といった、アメリカの言うことを聞
かない国々が、拒否権を持ったライバルとして座っているので、使えなかった。
アメリカは国連を相手にしないことにしたので、分担金も支払おうとしない。
今春のユーゴ空爆では、国連を無視してNATOの看板を使って軍事攻撃を行
い、停戦監視などの後始末だけ国連にさせた。

▼「世界政府」に衣替えしたいWTO

 ウルグアイ・ラウンドは、世界情勢の変化を受け、8年もかけて協議が進め
られた。1994年に協議が終了し、GATTがWTOに変身したとき、新機関は、
言うことを聞かない参加国を制裁できる権利を持つようになった。

 また、自由貿易を守るために必要な分野が、大きく広げられた。環境、労働
といった分野が、新たに自由貿易と関係あるとされた。「先進国の企業は、環
境保護に配慮して工場を運営せねばならず、その分の費用を負担しているが、
発展途上国の企業の中には、環境保護の費用をかけず、その分安い製品を作っ
て輸出しているところが多く、不公平だ」という、先進国の主張に基づくのが、
WTOと環境問題との接点だ。

 環境問題は、もともと内政問題なので、外国の勢力が文句をつけても「内政
干渉だ」と逆批判されてしまうが、世界の自由貿易体制の前提条件として組み
込んでしまえば、先進国の言うことを聞かせることができる。

 同様に「発展途上国の企業が、従業員を低賃金でこき使うことで、安い値段
の製品が作れてしまうのはおかしい」というのが、WTOと労働を結ぶ理論だ。
この規制は、発展途上国の働く人々を守るという面でも、必要だと言われてい
る。

 だが実のところ、WTOと労働問題を組み合わせるという考え方は、発展途
上国から安い製品が輸入されると、先進国の労働者が失業してしまうので、ヨ
ーロッパの労働組合が政府に働きかけて出てきた構想である。発展途上国の労
働者にとっては、職場環境が改善される前に、工場が閉鎖・縮小してしまうこ
との方が心配なのではないか。

 環境保護も労働者の待遇改善も、それ自体は前向きな行動なのだが、その裏
に先進国の人々の保身が見え隠れしている。こうした動きは、1980年代にアジ
ア諸国の経済が急成長し、欧米の産業に脅威となり始めたことが、原因とと思
われる。(以前の記事「WTOで労働問題めぐり対立する欧州とアジア」参照)
http://tanakanews.com/e1wto.htm

 WTOの本来の機能が「通産省」であるとするなら、新しい機能は「労働省」
「環境庁」にあたる。WTOはさらに、農業問題や金融問題、さらには遺伝子
組み替え作物など食糧の安全性まで規定する構想を持っており、「農水省」
「日銀」「厚生省」までを兼務しようとしている。

 WTOは、参加各国のコンセンサスによってルールを決める団体なので、独< br> 裁的な「世界政府」だと考えるのはおかしい、という論説が欧米のメディアに
も載っている。形の上からだけWTOを見ると、その見解が正しそうだが、歴
史的な経緯や、WTOがニュースになる具体的な出来事について読んでいくと、
それは詭弁のように思えてくる。

 WTOは機能拡大によって、政府の専門家どうしが協議し、その結果も政府
や貿易関係者にしか直接は関係なかった以前の状態から、一般の人々の生活に
直接関係ある機能をつかさどるように変わり、市民運動の反発を食らうように
なった。

 こうした変化は、IMFについても同様で、アジア経済危機の被害を受けた
国々では、IMFといえば悪者というイメージが定着している。

▼奇妙な呉越同舟

 とはいえ、ウルグアイラウンドでは、環境や労働と自由貿易を絡ませる新規
定は、発展途上国の強い反対を受け、具体的な協議に入れなかった。欧米諸国
は、今回のシアトル会議で、環境と労働の問題を議題の一つにして、この問題
について協議する作業部会をWTO内部に作りたかったのだが、それも発展途
上国に強く抵抗され、何も決められなかった。

 一方、シアトルの会議場の外で行われていたデモ行進などの抗議行動を組織
した主要メンバーは、アメリカの大手の労働組合連合である「AFL―CIO」
( http://www.aflcio.org/home.htm )であった。彼らの主張は「自由貿易が
環境を破壊し、アメリカと世界の労働者の生活を悪化させる」ということだっ
たが、この理論の中に先進国の人々の保身が透けて見えることは、すでに述べ
た。

 今回、労働組合の人々が行ったパフォーマンスの一つに「シアトル茶会」と
いうのがある。これはアメリカがイギリスから独立するきっかけとなった「ボ
ストン茶会事件」をもじったものだ。イギリスから売りつけられ、ボストン港
に荷揚げされた不当に高いお茶を海に投げ捨てて、独立の意志を示したのが
200年前のアメリカ人だったが、今回のシアトルでは、中国から輸入された不
当に安い鉄鋼製品を海に投げ捨てた。

 二つの「茶会」は、外国製品に対する反感という点では同じだが、200年前
は自由貿易を求め、高関税商品を嫌悪したのに対して、今回は中国の人々がが
んばって安く作ったものを自分たちの生活を脅かすものと考えて嫌い、自由貿
易に反発している。その点で、皮肉にも正反対の行為である。

 格安製品の輸出を続けたい発展途上国の政府代表と、格安製品の輸入を止め
たいアメリカの労働組合との意見が、奇しくも一致した点が「WTOに反対す
る」ということだった。

 こうした奇妙な呉越同舟は、市民運動の中にもみられた。たとえばフランス
からは、アメリカから遺伝子組み換え作物や成長ホルモンを使った牛肉が輸入
されることに反対するグループがシアトルに来た。彼らはフランスを愛する反
面、アメリカを嫌い、アメリカの象徴と考えられるマクドナルドを襲撃したヒ
ーローになった人もいたのだが、彼らとアメリカの市民団体との接点もまた、
「WTO許すまじ」という一点であった。


(続く可能性あり)


●日本語の関連ページ

★世界貿易機関(WTO)について
http://member.nifty.ne.jp/menu/aboutwto/index.htm
「WTOに関する10のよくある誤解」「WTO貿易体制の10の利益」など

★日本国外務省「WTO新ラウンドに関する現状説明とご意見受付」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/economy/wto98/index.html
「WTOとは何か」「新ラウンドとは何か」など

★Yahoo!トピックス : WTO閣僚会議
http://news.yahoo.co.jp/Full_Coverage/Trade_Policy/

★神々の崩壊:IMFは世界を救えるか
http://tanakanews.com/981020IMF.htm
 東南アジア諸国に通貨ペグ制度をとるよう指導したのは、IMFとアメリカで
あった。IMFは危機発生後の対処方法も間違ってしまったため、今ではIMFのあ
り方を見直そうという動きが進んでいる。とはいえ、IMFはもともと経済の面
から見て、純粋に理の通った存在ではなかった。冷戦時代を通じて、経済より
政治情勢に基づいて動いていたからだ。(98年10月20日、田中宇)


●英語の関連ページ

WTO公式サイト
http://www.wto.org/

WTO Explained
http://www.latimes.com/news/nation/19991202/t000110041.html
Thursday, December 2, 1999

Who They Are, What They Want
http://www.latimes.com/news/nation/19991202/t000110038.html
Thursday, December 2, 1999

THE BLAME - Clenched Fists in Seattle Lead to Pointed Fingers
http://channel.nytimes.com/library/world/global/120299wto-protest.html
December 2, 1999

No halting the trade juggernaut?
http://www.csmonitor.com/durable/1999/12/02/text/p1s1.html

At Seattle trade extravaganza, real pageantry is in the streets
http://www.csmonitor.com/durable/1999/12/01/text/p3s1.html

Protesters fail to separate cause from effect
http://www.smh.com.au/news/9912/02/text/pageone7.html

'Anarchy' vs capitalism
http://www.smh.com.au/news/9912/02/text/pageone9.html

Seattle's rise as the capital o f the New Economy
http://www.csmonitor.com/durable/1999/11/30/text/p1s3.html

Protesters Could Steal the Show at Seattle Trade Talks
http://channel.nytimes.com/library/world/global/112999wto-protests.html
November 29, 1999

Global Trade Forum Reflects a Burst of Conflict and Hope
http://channel.nytimes.com/library/world/global/112899wto-meeting.html
November 28, 1999




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。