強い「解放に身代金」説 日本政府は否定に躍起

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ4 ] [ FAQ ]

 
投稿者 倉田佳典 日時 1999 年 10 月 25 日 18:18:24:

10/25 17:39 強い「解  社会67 #03

 政府は、七七年九月に日本赤軍が日航機を乗っ取った「ダッカ事
件」で、超法規的措置による獄中同志らの釈放と身代金六百万ドル
の支払いに応じ「テロに妥協」と国際的批判を浴びた苦い経験を持
つ。テロ対策は主要国首脳会議の合意事項。身代金は政府にとり表
向きは絶対の「禁じ手」だ。                 
 ただ「『テロに弱い金持ち国』というイメージを払しょくしない
と、事件が繰り返される」とする声がある一方、外国の旅行者やビ
ジネスマンを狙った世界各地での誘拐事件に備え、専門の保険会社
が活躍しているのも事実。                  
 ちなみに身代金分などの保険金一千万ドル(約十億円)だと、掛
け金は年三十五万ドル(約三千七百万円)程度ともいう。    
続き (改行で次頁 S:次文書 E:終了)

(了)  991025 1740              
[1999-10-25-17:39]
続き (改行で次文書 E:終了)

10/25 17:39 強い「解  社会67 #02

 金額には諸説。キルギス軍に捕まったイスラム武装勢力のメンバ
ーが供述した「百万ドル」から、解放交渉に加わった国会議員が合
意したという「二百万ドル」、さらには大詰めで武装勢力側は「五
百万ドル」につり上げたともいわれる。            
 民間の在外邦人を狙った過去の誘拐事件での身代金は、一九八六
年の三井物産マニラ支店長が約二億円、九六年のメキシコの三洋電
機現地法人社長は約二億円―などとされ、今回も「経済大国」日本
を突いた高額要求だったとみられる。             
(続)  991025 1739              
[1999-10-25-17:39]
続き (改行で次文書 E:終了)

10/25 17:39 強い「解放に身代金」説 日本政府は否定に躍起  社会67 #01

 キルギスの日本人技師拉致(らち)事件をめぐって、邦人人質解
放に多額の身代金が支払われた―という見方が強まり、政府は青木
幹雄官房長官らが「そんな事実はない」と繰り返し否定するなど、
打ち消しに躍起となっている。                
 身代金による「解決」説は早い段階から出ていた。キルギス大統
領府筋は、事件直後に日本側が「百五十万ドル(約一億六千万円)
まで払う用意がある」と伝えてきたと話す。          
 オモロフ国防省報道官も九月末の記者会見で「日本政府に身代金
支払いの用意があるというのは本当か」と聞かれ「そういう話があ
ることは聞いている」と答えた。               
(続)  991025 1739              
続き (改行で次頁 S:次文書 E:終了)

[1999-10-25-17:39]
共同



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。