Re: 「バケツ」ではなく「沈殿槽の形状」が問題だったのだ

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ5 ] [ FAQ ]

 
投稿者 gaattc 日時 1999 年 12 月 30 日 23:04:19:

回答先: 「バケツ」ではなく「沈殿槽の形状」が問題だったのだ 投稿者 一刀斎 日時 1999 年 12 月 30 日 03:21:55:

> 重大な致命的欠陥は、沈殿槽の形状が「ずんぐり丸い」ことだ。
> 実はこの形そのものが「非常に臨界になりやすい」

再処理工場では、溶解槽(燃料棒を酸で溶解)などは細長い形状とし、質量の制限も行われ、扱う燃料の濃縮度には上限が決められています。
核燃料物質を大量に扱うという点では、再処理工場も、燃料加工工場も同じなのですが、“花形”の再処理工場では一通りの臨界管理が行われ、“裏方”の燃料加工工場では形状管理されない装置が使用されていたわけです。

事故になった、濃縮度の高いウラン製品は(旧)動燃向けの特殊なもので少量生産にならざるを得ないですが、研究開発に必須のものであるなら、ふさわしい供給体制と設備の確保が必要なはずです。
いかに再処理に力を入れているとはいえ、再処理工場と、民間燃料メーカとの落差は理解に苦しみます。

(旧)動燃は、下請けを叩いて製品を安く買い、自社設備にカネをかける会社なんだ、という図式で考えればあてはまりますが・・・
つまり製造業一般の構図が原子力業界で噴出したのだともいえます。

(一般の化学工場では、ずんぐり形の反応槽をよく使います。化粧品のCMに出てくる、掃除中の反応槽がその一例です。)




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。