京都小2男児殺害 小説『青の炎』真似た?(日刊スポーツ)

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ5 ] [ FAQ ]

 
投稿者 一刀斎 日時 2000 年 1 月 18 日 01:21:45:

日刊スポーツ1月17日
京都小2男児殺害 小説『青の炎』真似た?
17歳少年が殺人、貴志佑介氏のミステリー
自転車で逃走が一致
遺留品に青いパーカー、空色塗料

京都市伏見区の小2男児殺害事件で、京都府警山科暑捜査本部が
小説「青の炎」(貴志佑介著)のストーリーなどに強い関心を示
していることが16日、分かった。主人公の17歳の少年が殺人
事件を起こした際に自転車を使って逃走するなど事件と酷似して
いる上、遺留品の青いパーカや空色の塗料がタイトルと関連性が
あるのではないか、との指摘が捜査本部内で浮上。今月10日か
ら犯行現場周辺の書店で同書を購入した若い男がいないか、捜査
を始めている。

小説「青の炎」に登場する少年はパソコンなどを操る利発な高校生。母親が再婚し、
平和な家庭に継父が入り込んできたため、波乱が起こる。ち密な殺害プロットを考え
出す少年。2度起こした殺人事件では逃走に愛用するロードレーサー(自転車)を使
用する。
同書は昨年10月に角川書店から出版され、現代版「罪と罰」と評判を呼び、ミステ
リーファンの関心を集めた。タイトル同様、単行本の装丁は青を基調にしている。京
都の小2男児殺害事件でも、若い男はなぜか、多数の遺留品を残し、その中に空色の
塗料と青いパーカが含まれていた。
捜査本部が特に強い関心を示しているのが、小説と同様に自転車を逃走用に使ってい
る点。男児殺害では犯行現場の市立日野小学校から近くの児童公園まで犯人は細ぐ曲
くねった道を短時間に走り抜けている。走り憤れた道との見方が強く、自転車を児童
公園に放置した際も姿を目撃されていない。入念に現場を下見した可能性が高く、こ
の点も小説の主人公と似ていた。
さらに、なぞ掛かっているのが空色の塗料。現場には凶器としても想定される金づち
があったが、塗料は凶器になりそうもない。捜査本部では遺留品のパーカを含めて犯
人が、その色にこだわり、何らかのメッセージとして残したのではないか、との見方
が出ている。
小説「青の炎」のタイトルには少年の青ざめた怨念(おんねん)が象徴されている。
そして、タイトルとオーバーラップするように単行本の装丁はプルー。ごの情報を得
た捜査員らは犯行現場の伏見区を中心に若い男が、この小説を買い求めなかったか、
今月10日から書店などに聞き込み捜査を始めた。防犯ビデオに映った映像などをも
とに、複数の似顔絵を作製しており、犯人の絞り込みを進めている。
似顔絵を見た住民らは「大学生風」「20歳前後に見えた」「高校生に思える」など
印象はさまざま。しかし当初、公表された「小学校高学年から中学生」との犯人像と
はやや開きがある。数々の遺留品を残し、購入先も分散していることなど、捜査かく
乱を目的に犯行前からち密な計画を立てていた可能性が高い。そのため小学生には無
理との見方が有力。捜査本部は小説に登場し、犯行も可能な「17歳の少年」像に大
きな関心を示している。



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。