カルマパ出国米CIAが関与説(サンケイスポーツ2/3「情報深海艇」)

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ5 ] [ FAQ ]

 
投稿者 一刀斎 日時 2000 年 2 月 05 日 03:56:47:

回答先: カルマパ出国にダライ・ラマが関与? 中国外務省筋(朝日) 投稿者 F.P.宣伝省@親衛隊国家保安本部 日時 2000 年 2 月 03 日 23:24:07:

サンケイスポーツ2/3「情報深海艇」
カルマパ17世の亡命劇
米CIAがバックアップ説の真偽

今年早々に世界を驚かせたニュースの一つが、チベットのカルマパ17世のイン
ド亡命だろう。雪のヒマラヤ山脈を徒歩で越えた決死の亡命劇が伝えられたが、
1か月近くが経過した最近になって、この亡命へのアメリカの関与がささやかれ
始めた。はたして、事の真相は?
カルマパ17世の亡命が報道されたのは1月7日のこと。チベットの活き仏で、
15歳になるカルマパ17世は、小学生くらいの年齢からサッカーに輿じる「ス
ポーツ少年」。そんな活き仏が、居住していた埜布寺を抜け出したのは昨年12
月28日の午後10時30分ごろ。6人の護衛と共に雪のヒマラヤ山脈を徒歩で
越えインドヘ亡命したと報道された。
だが、いくらスポーツ少年だからといって、専門の登山家が一大キャラバンを編
成して登るような冬のヒマラヤを、たった7人の素人で越えられるものか?あま
りにも不自然な報道に、当初から疑問が投げかけられていた。
しかも、亡命から2週間後には、30日未明、カルマパ17世の失踪に気づいた
中国側が、ネパールとの国境である樟木税開を封鎖していたことが明らかになっ
た。埜布寺からこの樟木税関まではヒマラヤを挟んで約800キロ。税関が封鎖
されるまでの30時間ほどで、徒歩でここを突破する…これはもう、非現実的な
話といっていいだろう。
そこで、専門家の間でささやかれ始めたのは、「CIAが亡命をバックアップし
た」というもの。チベットと隣接するネパールが、1970年代からCIAの重
要な活動拠点であったことがその根拠となっている。もしCIAが協力したな
ら、ヒマラヤ越えはヘリコプターを使ったのではないか。実際、中国のとある政
府高官も、「今回のような亡命劇は、国外の支援態勢なしには不可能なこと」と
語ったと伝えられた。
だが、もし、アメリカが今回の亡命に関与していたことが明らかになれば、米中
関係に緊張が走るのは必至。チベットをはじめ、新疆ウイグル地区などの少数民
族問題、そして台湾問題を抱える中国にとって、民族問題は国家解体の危険につ
ながる「触れられたくない問題」だからだ。そんな中国と、人権を最優先するア
メリカの主張がぶつかれぽ、日本もまた難しい位置に立たされる。今年もまた、
両隣の大国の動きから目が離せなくなりそうだ。




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。