背後に金鉱利権と権力闘争 北マルク州の宗教抗争

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ5 ] [ FAQ ]

 
投稿者 倉田佳典 日時 2000 年 2 月 06 日 13:54:01:

02/05 16:10 背後に金鉱利権と権力闘争 北マルク州の宗教抗争  外信64 #01

 昨年末から宗教抗争が激化したインドネシア・北マルク州。イス
ラム教徒とキリスト教徒の争いの背後には、金鉱利権や民主化の中
で加速する権力闘争、さらには国軍保守派の影までが見え隠れする
。両教徒はそれぞれ「相手が殺りくを扇動した」と主張。不信と暴
力の連鎖に歯止めがかかる気配はない。            
 世界的な香料生産地として知られたマルク諸島で、宗教抗争が勃
発(ぼっぱつ)したのは昨年初め。南部アンボンで付いた火種は、
夏に北マルク州最大の島ハルマヘラのカオに飛び火した。    
(続)  000205 1609              
[2000-02-05-16:10]
続き (改行で次文書 E:終了)
02/05 16:10 背後に金  外信64 #02

 十一月には州都のあるテルナテ島にも波及、イスラム教徒が、地
元スルタン(王)率いる両教徒混成軍を王宮に追いつめ、キリスト
教徒の大半を島から追い出した。ハルマヘラ島トベロ周辺では年末
に、キリスト教徒がイスラム教徒の多くを島から追い立てた。数日
間で二千人以上が殺されたとされる。             
 テルナテの民間ラジオのアスガル報道局長(30)は単なる宗教
対立ではないと強調した。「カオのイスラム教徒は一九七五年のマ
キアン火山噴火を逃れてきた移住民。二年前、付近に金鉱が見つか
り、先住のキリスト教徒と土地争いが起きた」         
(続)  000205 1609              
[2000-02-05-16:10]
02/05 16:10 背後に金  外信64 #03

 昨年九月、マルク州は南北に分割され、今年六月に州議会選挙と
議員による知事選が行われる。「スルタンがキリスト教徒側と結ん
で、知事の座と金鉱利権を狙い、マキアン移住民に連帯するイスラ
ム教徒勢力と反目した」と報道局長は分析する。        
 こうした確執を殺りくに発展させたのが「プロボカトール(挑発
者)」。テルナテで昨年十月末にプロボカトールが配ったという文
書は「アンボン事件の報復として、キリストの名において北マルク
州のイスラム教徒を攻撃する。イスラム教徒をハルマヘラから追放
する」と宣言していた。                   
(続)  000205 1609              
[2000-02-05-16:10]
02/05 16:10 背後に金  外信64 #04

 イスラム教徒は「文書の通りに事件が起きた。プロボカトールは
キリスト教徒に違いない」と言い、キリスト教徒は「イスラム教徒
のでっち上げだ」と反論。ジャカルタの外交筋は、ワヒド現政権と
暗闘を続ける国軍保守派が背後で抗争を扇動している、と指摘する
。抗争は政権をけん制するカードだという。          
 「ワヒド大統領はイスラム教の指導者で、アミン・ライス国民協
議会議長は聖戦を扇動している。インドネシアがイスラム国家にな
るなら、マルク諸島、スラウェシ島、イリアンジャヤ州のキリスト
教徒が団結して独立した方がいい」              
 スラウェシ島マナドで、キリスト教徒避難民の国軍兵士が真顔で
話した。周りの避難民も「欧州諸国や日本が武器を援助してくれれ
続き (改行で表示 E:終了)

ば、独立のために戦う」と口をそろえた。(テルナテ共同=米元文
秋)                            
(了)  000205 1609              
[2000-02-05-16:10]



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。