インフルエンザで風邪薬を飲むとよくないそうです。

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ5 ] [ FAQ ]

 
投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2000 年 3 月 17 日 09:06:54:

▼インフルエンザ脳症、解熱剤が誘発論(読売)

インフルエンザに伴う子供の脳症が問題になっているが、一部の解熱剤を使うと脳症による死亡率が高まると厚生省研究班が報告したことから、解熱剤の使用を巡り医療現場が揺れている。日本小児感染症学会が、解熱剤の使用を容認する見解を出したのに対し、一線の医師たちが「使用を中止すべきだ」と公開質問状を提出した。解熱剤は広く使われており、波紋を呼びそうだ。
インフルエンザにかかると、意識障害などを起こす脳症になることがあり、昨年一〜三月に二百十七人が発症、うち六十一人が死亡した。患者の八割は五歳以下の幼児だった。
脳症が多発している国は他になく、事態を重視した厚生省は、研究班を設置し、これらの患者を調査した。メフェナム酸、ジクロフェナクナトリウムという解熱剤を使用していた患者は、薬を使っていなかった場合に比べ、死亡の危険度がそれぞれ四・六倍、三・一倍高かった。これら二剤は非ステロイド系抗炎症剤と呼ばれる。
ところが、同学会は最近、医学専門誌で「脳症と解熱剤の関連に懸念が広がっているが、幼児の場合、高熱が続くので非ステロイド系抗炎症剤を使用せざるを得ないことも多い」とする見解を公表した。
これに対し、大阪赤十字病院小児科の山本英彦医師ら十四人の専門医は「解熱剤と脳症には強い関連がある。危険性が疑われる薬は使わないのが原則。研究班調査を否定するような見解で、放置できない」と、学会に公開質問状を提出。詳細な調査と、非ステロイド系抗炎症剤を小児に解熱剤として使わないよう勧告することを求めた。
今月十日、学会が出した回答書では、解熱剤の使用の是非に触れておらず、山本医師らは「回答になっていない」と反発している。
「正しい治療と薬の情報」誌編集長の別府宏圀・東京都立府中療育センター副院長は「この種の薬を小児に多用しているのは日本くらい。薬の害を示唆するデータがある以上、学会は調査する責務があるのに、放棄している」と指摘する。
同学会運営委員長の牛島広治・東大教授は「公開質問状は問題提起と受け止めている。今後、委員会に諮りたい」と話している。
(3月17日3:03)



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。