がん増殖の原因酵素を阻止=九州大が新化合物合成(共同)

 
★阿修羅♪   

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ5 ] [ FAQ ]

 
投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2000 年 3 月 29 日 17:26:54:

2000-03-29 15:06

がん細胞増殖の一因となる細胞内酵素の働きを止める新しい有機化合物を、前田稔九州大教授(病態分子認識化学)らが合成、岐阜市で開かれている日本薬学会で30日、発表する。生殖細胞など、一部を除いて人間の細胞は、80回程度分裂すると死滅する。染色体の両端にあるテロメアが分裂のたびに短くなるためだが、テロメアが短くならないようにして細胞の増殖を助ける酵素テロメラーゼが、がん細胞の約8割から見つかっている。研究グループは、テロメラーゼを働かなくすれば、がん細胞も正常細胞と同様に老化し、死滅することに着目。インドールと呼ばれる芳香族化合物から有機化合物を合成した。



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。