坂口安吾の幻のエッセー発見 敗戦直後に特攻隊を擁護 GHQ検閲で全文削除

 
★阿修羅♪   

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ6 ] [ FAQ ]

 
投稿者 倉田佳典 日時 2000 年 4 月 17 日 09:27:24:

04/15 11:01 安吾の幻のエッセー発見 敗戦直後に特攻隊を擁護 GHQ検閲
共同
 「堕落論」で知られる作家坂口安吾(一九○六―五五年)が、戦
後間もなく発表しようとして連合国軍総司令部(GHQ)の検閲で
全文削除になった、特攻隊を擁護する幻のエッセーが十五日までに
見つかった。戦争についても率直な感想がつづられており、安吾像
に新たな光を当てる貴重な資料だ。              
 エッセーは、四七年二月に雑誌「ホープ」に掲載予定だった「特
攻隊に捧ぐ」という、四百字詰め原稿用紙にして八枚ほどの文章。
GHQの膨大な検閲資料を集めた米国の「プランゲ文庫」に残され
ていた。                          
 安吾はこのエッセーで「近頃では殉国の特攻隊員など一向にはや
らなくなつてしまつたが、かう一方的にかたよるのは、いつの世に
続き (改行で表示 E:終了)

も排すべき」とした上で、特攻隊員の心情に思いをはせ、その「無
償の行為」が人間の「至高の姿」であることを強調している。  
 特攻隊の「愛国殉国の情熱」を認めて「私は戦争を最も呪ふ。だ
が、特攻隊を永遠に讃美する」と擁護し、戦争と「軍の積悪」を否
定するが、それとは別として特攻隊を肯定している。      
 文中には「人は特攻隊を残酷だといふが、残酷なのは戦争自体」
「日本軍の作戦の幼稚さは言語道断」「所詮兵隊は人間ではなく人
形なのだ」の言葉もある。                  
 GHQの削除理由は「Militaristic(軍国主義的)
」で、見開きの全面に大きな×印と「Suppress(発禁)」
の文字が書かれている。                   
 執筆は四六年四月の「堕落論」発表前後と推定される。安吾は「
堕落論」の「生きよ堕ちよ」という有名な一節で、戦前的な価値観
続き (改行で表示 E:終了)

を否定した作家と見られているが、そうした一般的な安吾像を塗り
替える内容だ。                       
 「坂口安吾全集」(筑摩書房)の編者の一人、関井光男近畿大教
授は「戦争の中での個人をどう考えるか。安吾の発想をうかがえる
貴重な資料」と話す。このエッセーは、二十五日発売の同全集第十
六巻に収録される。                     
[2000-04-15-11:01]

04/15 12:27 軍国主義が標的 あらゆる印刷物を検閲

 GHQが日本で行った出版物の検閲は、広範で徹底していた。 
 GHQは一九四五年、民間検閲局を設置。多数の日本人を採用し
て全国で刊行される書籍と雑誌、さらにパンフレット類など、あら
ゆる印刷物を事前検閲か事後検閲にかけた。          
 目的は、米国の占領政策を円滑に進めること。初めは戦前流の軍
国主義思想が標的となったが、その後左翼思想へと変わった。  
 坂口安吾のエッセーが全文削除された四七年は、まだ軍国主義を
封じ込めることに重点が置かれていた時期。事前検閲で引っ掛かる
ことが当然予想されながら、安吾はなぜ作品を発表しようとしたの
だろうか。                         
 戦後メディア史に詳しい成城大の有山輝雄教授は「戦時中の言論
続き (改行で次頁 S:次文書 E:終了)

統制が敗戦で終わり、さまざまな文学作品、言論が噴出した。そこ
でGHQが民主主義化の名分の下に表現を制限するという矛盾した
構図があり、作家、記者たちも矛盾を抱えていた」と指摘する。 
[2000-04-15-12:27]
続き (改行で次文書 E:終了)




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。