エンジェル・ファンド仕掛人は投資ジャーナルの中江滋樹だった!(サンスポ・夕刊フジ)2000 年 6 月 7 日

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ7 ]

 
投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2000 年 6 月 07 日 19:56:32:

ベンチャー企業への融資仲介をめぐって、巨額詐欺疑惑に包まれる「エンジェル・ファンド・ネットワーク・コーポレション」の設立目的は、かつて巨額詐欺事件を起こした投資顧問会社「投資ジャーナル」の中江滋樹元会長(46)の「株投資資金集めだった」との衝撃証言が飛び出した。同ファンドの実質的な責任者だったO氏(33)は、中江元会長の“愛弟子”だったことが分かっており、同ファンドの設立そのものにも、中江元会長が直接関与していた疑いが出てきた。
「エンジェル・ファンドは、中江に株をやらせる金を集めるのが目的だったのは間違いないですよ。その証拠に、平成9年に活動を始めた直後、投資家から集めた金の融資先となっていた会社には、中江が設立にかかわっていた、いいかげんな会社がいくつか含まれていましたからね」
数種類の関係書類を見せながら、かつて中江元会長の仕事を「手伝ったこともある」という都内の某会社社長が証言した。
同社長によれば、中江元会長は平成10年4月ごろに失そう。その直後にO氏らが「(中江会長に)金を使われてしまって困った」などと、ひどく慌てた様子だったという。
警視庁が昭和59年に摘発した「投資ジャーナル事件」の当時、O氏は投資家から多額な資金を集めた優秀な“営業マン”として中江元会長に重用され「投資ジャーナルの“柱”の1人と呼ばれ、月収2、300万円はもらっていた」(前出の社長)という。
一度味わったおいしい思いを忘れられなかったのだろう。詐欺で有罪となった中江元会長が平成4年に仮釈放されると、かつての残党たちが、再びその周囲に集まりだして、中江元会長を「会長、会長と持ち上げて、何かと相談したり、金を借りたりしていた」(同)というのだ。
そうしたなかで、株式市場を舞台に、中江元会長の指揮下で、もう一度、暴れるための“軍資金”を集める方法が模索され、平成9年夏に設立されたのが同ファンドだったという。最初からベンチャー企業に融資するというのは表向きの偽装で、集めた金で仕手戦などを仕掛けるつもりだったとみられている。
同ファンド設立時にはO氏のほか、M氏という人物も“首謀者”の1人として活動し、昨年夏ごろ、O氏らと仲間割れしたとみられている。このM氏も「投資ジャーナル」在籍者で、その後、ゴルフ会員権の偽造事件に関与するなどして姿を消していたが、同ファンドに偽名で参加していたようなのだ。
「投資ジャーナル」事件では、低金利時代の財テクブームに乗って“兜町の風雲児”と呼ばれた中江元会長が600億円近い資金を投資家から集めた。
このうち約400億円は返済されたが、約180億円は返済されず、詐欺として立件されたのは、わずか18億円。中江元会長らは有罪とはなっても、集めた金で大豪遊などしたうえで、かなりの“隠し資産”まで残したといわれている。
時代は平成となり、今回も低金利を背景に、投資ジャーナルの残党たちは「ベンチャー企業への融資で年利18%の高利息と元本を保証する」と呼びかけ、全国の投資家500人以上から巨額な資金を集めた。
4月上旬、出資法違反の疑いで関係個所を家宅捜索した福岡県警は44億円以上が集められたとしていたが、今は、100億円近くが集められ、いまだ50億円ほどが返済されていないといわれている。
中江元会長は同ファンドの設立に関与する一方、三井埠頭の手形偽造事件に関与するなど、経済界の裏街道で暗躍したが、平成10年4月ごろから姿をくらませている。
行方については「暴力団関係者から追われて、もう殺されている」といった説が流れる一方、「数10億円を持って、どこかでひっそりと暮らしている」といった見方も根強くある。
O氏らも福岡県警の家宅捜索後に行方が分からなくなっている。



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。