Re: あまりにもヘンな阪神大震災「地震兵器」説について

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ7 ]

 
投稿者 佐藤雅彦 日時 2000 年 6 月 22 日 01:39:39:

回答先: 【参考資料】阪神大震災と地震兵器 投稿者 佐藤雅彦 日時 2000 年 6 月 18 日 03:09:25:

「地震兵器」関連読み物についての
 引用紹介者としてのコメント

佐藤です。

先日、「地震兵器」のキーワードで日本語サイトを検索して出てきた
読み物を「阪神大震災と地震兵器」、「ロシアの地震兵器」の二つに
分けて、「空耳の丘」に投稿しました。

●【参考資料】阪神大震災と地震兵器
      http://asyura9.hypermart.net/bd7/msg/787.html

  ●【参考資料】ロシアの地震兵器
      http://asyura9.hypermart.net/bd7/msg/788.html

これに対する「第4統制技術課」様からの、重要なご指摘とご批判を
感謝しています。

----- Original Message ---------------------------------------
>
> Ψ空耳の丘7Ψ投稿NO: 2000/6/21 01:08:22
> 投稿者: 第4統制技術課
> e-mail:
> 題 名: Re: 部分的にあまりにもヘンだったので、一言。
>
> ☆佐藤様、それなりに情報がとれる意義ある投稿とは思いましたが、
> せめて「文中にはおかしな記述も混じっているよ」云々の注釈も期待しますm(_
_)m

●●【RE】●●
 たしかに阪神大震災と地震兵器についての「忍」氏の記述
(◎神戸大震災について◎  
 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7073/koubejisin.htm )
には「第4統制技術課」様が以下のごとく具体的にご指摘されているように、
テクノロジー方面に限ってみても荒唐無稽な部分が多く見受けられます。
  本質的には「忍」氏は「霊によって自然地震が起きる」というような
途方もない基本認識を持っているようなので、そうしたものとして“楽しむ”
一種のファタジー(妄想)読み物なのではないかと思います。
  この記述の特性については、河上イチロー氏のコメントも掲載しておきました。
(上記記述についての河上イチロー氏の指摘
  http://hiroshima.cool.ne.jp/bbs/h_sinobu?num=38&ope=v&page=&id= )
 それを読めばわかるように、「忍」氏の記述は、『日本が狙われている』(日本
文芸社)からの引用に、霊的な解釈――と言えるのかな?――を加えた「あまり
にもヘン」なものだということは、分かると思います。
  一般論として申しますが、“現代医学”カルトであれ“官僚制封建政治”カルト
であれ、何らかの文字どおりの宗教的カルトであれ、そうした体制に帰依して気
楽に生きる道を拒否して、批判的に生きようと思ったら、自分で勉強・研究して、
資料の真偽を大雑把に見極めるだけの眼力を――それが困難でも安直に真に
受けず猜疑心をもって吟味し続けるだけの知的体力を――涵養することが死活
的に必要だと思うのです。 もし、そうした態度を放棄して、体制を拒否してアング
ラ情報を吟味もせずに取り込めば、詐欺師や××××が行なうカルトの餌食に
なるのが関の山でしょうし、へたすればオウムの突撃隊連中のように、カルトの
利益のために犯罪に加担する鉄砲玉として利用されることだって、大いにありう
るでしょうから……。 要は、自分の感性と理性を磨くことしかないのだと思いま
す。
  その意味で、あなたのご指摘は大変ありがたいと思います。 ただし、こうした
荒唐無稽な軍事技術については、じかに開発や事件に関与している連中以外
は、公開されるまでは空想まじりの憶測(スペキュレイション)で論じざるを得な
いわけで、例えば原爆だって、昭和の初めに空想科学小説では登場していたよ
うですが、公式の歴史記述によれば、日本でも戦時中に理研や京大で原爆開発
の実用可能性研究を行なったものの、原理的には可能だと評価が出たとはいえ、
実際に製造するのは当面数十年間は不可能だという結論になった。ところが米国
は物量作戦で、日本が数十年かかると見ていたものを数年もかからずに実現させ
てしまった。 だから、「荒唐無稽の説だから」という理由で拒否するのもやはり
安易であって、眉にツバを付けながら記憶に留[とど]めておく価値くらいは、あろう
と考えています。

 「一般の人にむけて」として「第4統制技術課」様が提起されている、「忍」氏な

『日本が狙われている』のテクニカルな矛盾点については、すべてごもっともです。
とにかく概念の混同が多すぎる。 それから所謂「スカラー波兵器」については、
名前を忘れましたが米国に「ソ連はスカラー兵器でマインドコントロールや地震誘発
やエイズウイルス作出を行なっている」というトンデモ陰謀説を吹聴し続けている
××大佐というデマゴーグがいるのですが、彼のデマを真に受けた日本のトンデモ
本が結構多いので、その悪影響を懸念せざるを得ないですね。 70年代半ばに
米国の国防諜報局(DIA)が「ソ連は核ミサイルを打ち落とせるビーム兵器を配備し
ている」というデマを流して政府部内の危機感を煽り、この分野の予算獲得に動い
たことがありました。 それを真に受けたのが馬鹿レーガンで、科学顧問に相談も
せずに突然「スターウォーズ計画」をマスコミ発表してしまい、科学界がパニックに
陥ったのは有名なエピソードです。 荒唐無稽のデマは現在のミサイル防衛構想
にまで引き継がれ、ワシントンの政治家向けに手品まがいのデモンストレーション
を行なって予算獲得を狙ったまではよかったがが、ウソがばれて実用性に悲観論
が出ているという醜態をまたまた――SDI計画時代の末期もこのイカサマ手品が
ばれて政府に愛想尽かされたのに――晒していますよね。
 米ソの軍事エスパー技術開発競争でも、こうした予算獲得要のデマを双方が
行なっていた痕跡が見られます。 

 なお、ロシアの「地殻兵器」については数年前の『Nature』誌のニュース欄に
「本当にロシアで地震兵器が開発されていた」という趣旨の1ページ分の記事が
掲載されていました。 それからロシア語通訳者として有名な女性(NHKテレビの
ロシア語講座の講師もやってました)が、日本政府要人の会談につきそった際に
ロシア側から地震兵器の技術供与を持ちかけられたと、どこかに書いていたのを
読んだことがあります。 この通訳女史は、地震兵器の話など本気にしていなか
ったことが、語りぶりから見て取れましたが、どういう意図でロシアがそうした話を
持ちかけたのか不明ながら――本当に冗談だったのかも 知れないし――ひょっと
すると「予測される大震災の地震エネルギーを、小地震を人為誘発させて散らして
おく」という“平和利用”の観点から売り込みを掛けていたのかも知れません。
 人工地震については「induced seismology」というキーワードで検索してみれば、
たくさん学術研究が見つかります。 たとえば、うかつに巨大ダムを造ったばかり
に群発地震を招いてしまった、などという日本の土建至上主義的ODAにとっては
耳の痛い話しもありますし……。  


――以上、長文にお付き合い下さり感謝します。


-----------------------------------------------------------
【「阪神大震災と地震兵器」について
  「第4統制技術課」さんがコメントした批判点】


> 以下は一般の人に向けて。
>
> >「マイクロ波プラズマ兵器」
> #人工衛星からそんな高出力かつ超高密度の高指向性ビームを得るのはどうするの
だろう?どんなやり方でも人工衛星には不可能なくらい重くなりそう?
> 核爆発励起の空洞共振アレイだろうか?波長は?出力は何MW?
> 大地震の時に、断層の圧電効果による放電発光が見えておかしくないとしても、
> 空気中に発光が見えるほどの疑わしいエネルギーを空からぶっこむということは、
> 大気の発光に大量のエネルギーを消耗してしまうので、せっかくのマイクロ波ビー
ムはたちまち数分の1オーダー以下の強さに落ちてしまいそうなものでは?
> そう推測した数値的根拠が何も書いてありません。
> それに、実際にそんな事したら、
> 地表は死ぬほど熱くなったり、
> 放送やデータ中継回線が破壊的な障害を受けていた事実が残りそうなものだけど。
>
> >「超低周波」
> #電波と音波を混同させていますね?
> 「ELF」電磁波でそんなに低い周波数を効率よく放射するためには、
> それなりの仕掛けが必要となります。
> ましてや100Hz以下、MWクラス以上の超低周波電磁波放射を、正確な方向へ
と波に指向性を持たせて照射するつもりとなれば、寸法面で、実用上「異常」な話に
なります。でないと、高圧送電線もどんどん放射して電力エネルギーを送れない事に
なりそうです。
> 40kHz前後の潜水艦データ通信でも、基地局は無指向性かと。
> ELF「銃」などという概念自体に、疑わしい気がします。
>
> (小さな航空機に共振しない極長波を与えて、具体的にどうなるというのだろう。
> 一円玉に長波の電磁波を浴びせて、さて、高校物理の"f=vBl"かつ"(電界強
度)∝1/(距離)^2" で何か起こりますか?)
>
> 引用されている「冷房の低周波障害」の話題は、超低周波の音波振動ではないの
か。
> そのような用途の長時間連続駆動に有利ではない直流モータ方式の動作周波数が例
えば10Hz(10回転)だと超低周波電波は出るかも知れないけれど、
> 当時もせいぜい3相交流なんかの定速同期モーターではなかったのかな?
> オウムのヘッドギアは、神経に対する破壊的な直接電気ショックであって、
> 電磁波の非加熱であろう影響と別の現象では?
> それと、超高出力の極低周波電波は受信機に混信するかも知れないが、
> それは波長が短いマイクロ波とは全く異なる物理的挙動を有します。
>
> >マイクロ波で「声」を送ると、聞いた人間はどうして其の声が聞こえてくるのか
全くわからない
> #私も全く分からない。
> もしそんなだと、携帯電話は「電波が聞こえて」使えなくなってしまう。
> しかも、音声情報の変調方式によってマイクロ波の周波数成分は全く異なるのに。
> パラボラアンテナの近くにいたら、発狂してしまう道理ともなって、ペトリオット
システムもオペレータがみな狂い、まともな操作ができなくなる。
> 私も随分いろんな際どいマイクロ波をさわって時に指の骨を暖めて来たが、
> 一度もそんな事はない。
>
> >チャネラーが聞くいわゆる霊言には、この種のものがあるのだ。
> #証明実験も何も科学的データがなくて、そういうデタラメを書き込むべきではな
い。
>
> >スカラー波(気)
> #何でもかんでも何か情報量が存在する上は、量子現象や偏波の伝搬のように、
> 何かの形の物理量としてきちんと検出できるはずです。
> 「電磁波からスカラー波(重力波)を発生することが出来る。」は、
> もしそういう効果が存在するというのならば、具体的な方法や数値としての比較を
示さなくては、全くお話になりません。
>
> >未知の複数の波(縦波の重力波・スカラー波)を干渉させる事によってそのこと
は[人工地震]可能であるといわれている
> #「未知」が、どうして地震を可能にできるのさ?
>
>


> (それ以降の「政治的動き」の部分は知らん)
>
> *感想*
>
> 以上、デタラメな吹き込みを事実にかき混ぜて素人を惑わそうとするカルトな書き
方では、ちょっと好きにはなれないです。
>
> ただ、続く佐藤様ご投稿の「旧ソ連人工地震の研究」は、多少(或いはかなり)
作って尾ヒレを大きくした記事だったとしても、同種の研究はかなり深く行われて来
たのではないのでしょうか?
> 数値的な物理条件を満たすならば、もしかしたらあるいはどう?
> 複数地点から核爆発を起こさせて、地震を起こしたい断層付近に、
> 同時にそれらの波が到着するよう技術的に調整できないのだろうか?
> ストレスが蓄積した地殻断層域に合成励振波が到着すると、目茶苦茶に散乱しそう
なものです。
> そういう人工地震だと、地震記録を用いて事後検証も可能そうですが、
> どこの誰が指令したかの話になると、また別の政治的検証を要するでしょう。
>
>
> URL:
> リンクの題名:
> 参考投稿番号: 787
>
> -----------------------------------------------------------





フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。