エイズの起源は生ポリオワクチン?:新刊書The river

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ9 ]

投稿者 全文 日時 2000 年 8 月 12 日 02:53:30:

霊長類フォーラム:人獣共通感染症連続講座(山内一也)(第91回) 2000.1.17
http://www.anex.med.tokushima-u.ac.jp/topics/zoonoses/zoonoses00-91.html

--------------------------------------------------------------------------------

エイズの起源は生ポリオワクチン?:新刊書The river

 昨年エドワード・フーパーEdward Hooperの大作The river が出版されました。
エイズの起源についての調査を10年にわたって数千の文献調査、600回以上
のインタビューを行った結果、1950年代にアフリカで行われた経口ポリオワクチ
ン接種が原因であるという結論にいたった経緯を述べたものです。
本文だけで858ページ、文献(4000以上)から索引まで入れると全部で1070
ページ、しかも通常よりは小さい活字で、まさに超大作です。
 昨年秋に購入したもののあまりのボリュームのために、読み始めるのをためら
っていたのですが、年末年始を過ごすことにしているスキー宿で読み始め、やっ
と読み終えました。といってもかなり流し読みですが。
 結論の是非はともかく、内容はエイズの歴史、ポリオワクチン開発の歴史、医
学研究におけるサルの使用の経緯、これらに関わった研究者の言動、初期の
エイズ患者、エイズ起源に関するさまざまな仮説など、膨大な内容です。しかもほ
とんどに引用文献がつけられていますので貴重なデータベースにもなります。
 ローリー・ギャレットLaurie GarrettのComing plague(しのびよる疫病)はエマ
ージング感染症に関するエンサイクロペディアとみなされていますが、本書はエ
イズ、ポリオに関するエンサイクロペディアです。量的にはComing plagueよりも
50%は多いと思います。
 とても全容をご紹介するわけにはいきませんので、さわりの部分と私が興味を
持ったエピソード的なところだけをピックアップしてみます。

著者
 国連の職員でBBCのアフリカ特派員であり、現在は英国在住としか紹介され
ていません。本文の中では1カ所でだけWHOの職員ということを示す記述があ
ります。
 どういう経歴の人か、これだけではまったく分かりませんが、科学的な面の理
解はきわめて正確で、記述もわかりやすい内容になっています。
 インタビューの多くは会話の形で書かれています。フーパーは彼が事実を発
見していく過程をなるべく明確に示すことを意図したためと述べています。テープ
を起こすだけでも大変な作業と思いますが600回以上のインタビューと、4000
以上の文献を検索して、情報を整理しストーリーをつなぎ合わせることで完成し
た本書は、著者のすぐれたコンピューター的才能も示しています。

序文
 河はどこから始まるのか。4000マイルを流れて地中海にそそぐナイル河は
最初ヴィクトリア湖に発すると言われていたのが、後になってヴィクトリア湖に
流れ込む小さな泉が源であることが分かりました。エイズの源も同様というわけ
で、Riverという書名になったことをそれとなく述べています。
 病気がどのようにして始まったのか、それを知る古典的な例として1854年に
ロンドンで発生したコレラがあります。ジョン・スノーJohn Snowが死者の家を
地図に記していって、発生源がひとつの井戸であることをつきつめています。
フーパーはスノーと同様に、最初に出現したのはいつか?どこで出現したか?
どのようにして広がったか?と問いかけています。さらに「なぜ、今」という疑問
も付け加えています。

生ポリオワクチンの開発
 1950年代にソークの不活化ポリオワクチンが開発されましたが、その際に
カリフォルニアのカッター研究所が製造したワクチンが、不活化不十分であった
ために、ポリオ患者が多数発生した、いわゆるカッター事件が起こりました。
これは解決されたものの、免疫の持続期間が短いために生ワクチンの開発が
進められていきました。その結果、アルバート・セイビンAlbert Sabin、ヒラリー・
コプロフスキーHilary Koprowski、ヘラルド・コックスHerald Coxの3人がほぼ
同じ頃に弱毒ワクチンを開発しました。
 人体への接種試験の最初はコプロフスキーが1951年に米国で行い、つい
でセイビンが1955年にオハイオの囚人ボランティアに行いました。
 その後、大規模な接種試験としてコプロフスキーは1957年から60年にか
けてベルギー領コンゴを中心にアフリカで、セイビンは生まれ故郷のソ連で行
いました。
 最終的にワクチンの選定はNIHの生物製剤局で行われ、セイビン・ワクチン
に決まりました。3つのワクチンはほぼ同じレベルの品質だったのですが、サ
ルでの神経毒力がコックス・ワクチン、コプロフスキー・ワクチン、セイビン・ワ
クチンの順に高かったためとされています。ただしコプロフスキーとセイビンワ
クチンの間の差はほとんどなかったという話もあります。コプロフスキーはポリ
オワクチンと呼ばれるべきものが一般にはセイビン・ワクチンという名前に置
き換えられたのを残念がっていたという話を聞いたことがあります。
 ところで、アフリカで接種試験に用いられたコプロフスキー・ワクチンはCHAT
という名前のロットでした。この中にチンパンジーのサル免疫不全ウイルス
(SIVcpz)が含まれていて、それからヒト免疫不全ウイルス(HIV)が出現した
と話は展開していきます。CHATはChimpanzee-attenuated(チンパンジーを
継代して弱毒化した)の省略という話がポリオワクチンのエイズ原因説を唱え
る人の発言として出てきますが、これは皮肉な冗談です。
 
コプロフスキー
 彼はポーランドで生まれ、ワルシャワ音楽院でピアノを学びました。ウイル
ス研究者には音楽の才能もある人が何人もいますが、なかでもコプロフス
キーのピアノはプロ並みといわれています。しかし、音楽の道には進まずワ
ルシャワの医科大学に入学し、卒業後第2次大戦でドイツ軍の侵入の直前
にローマに移りました。ついでブラジルで黄熱の研究を始め、それから、米国
に移住しました。最初は製薬会社レダリーの研究所に入り、その後つぶれか
けていたウイスター研究所に移り、そこを建て直し所長となりました。
 ついでですが、私のカリフォルニア大学での先生であるバン コフスキー
Bankowski教授もポーランド系で、コプロフスキーとは友人の間柄でした。
多くの移住者はBankowskyとアメリカ式にiをyに変えるのだが、我々は変えな
いのだと自慢していたことを思い出します。
 昨年夏のシドニーでの国際ウイルス学会で、コプロフスキーはスチュワート・
マドStewart Mudd賞というのを受賞し、記念講演をしましたが、その際にはポ
リオワクチン開発の中心になったテクニシアンのトム・ノートンTom Nortonに
敬意を表していました。ノートンはマックス・タイラーMax Theiler(黄熱ワクチン
の開発でノーベル賞受賞)のチーフ・テクニシアンでしたが、コプロフスキーが
ポリオワクチン開発を決心した際にタイラーから譲られたのだそうです。

経口ポリオワクチンのエイズの原因説
 1992年にロックマガジン・ローリングストーンにトム・カーチスTom Curtis
の「エイズの起源」という記事が載りました。彼はジャーナリストで、この記事
は事実にもとづく報告ではなく仮説を述べたものです。サブタイトルは「疑問
に答える驚くべき新しい説、神の行いか人間の行いか?」というセンセーショ
ナルなもので、日本でも当時かなり話題になりました。
 科学的な視点から最初にまとめられたものは、自然科学者ルイ・パスカル
Louis Pascalの総説です。フーパーはルイ・パスツールと哲学者パスカルを
合わせたものすごい名前とコメントをしています。彼は1950年代に行われ
たポリオワクチンの接種試験で安全性に対する配慮が非常に欠けていた
点に注目して、この論文を書いています。いろいろな雑誌に投稿したのです
が、いずれも掲載を拒否され、最終的にオーストラリアの大学の雑誌に掲載
されたものです。
 フーパーはパスカルの仮説をさらに精力的に実証していったことになります。
HIV-1はチンパンジーのウイルスSIVcpz、HIV-2はスーティーマンガベイのウ
イルスSIVsmが人に感染した疑いが濃厚です。どのようにして人に感染した
のかがフーパーの課題です。彼の調査は医学論文の検索に始まり、いもづ
る的に関係者を見いだしてはインタビューを行って考えをまとめあげています。
その膨大な内容からサルのウイルスがどのようにしてHIV-1とHIV-2となっ
たのか、彼の意見をまとめてみます。

HIV-1の起源
  これまでに伝えられてきたエイズの起源説は、サル免疫不全ウイルス
(SIV)にかかったサルを食べたり、狩などの際に感染したのではないかと
いう自然伝播説でした。
 フーパーは人為的な操作、すなわちポリオワクチンの投与から起きたと
いう仮説にたっています。まず、米国でエイズの流行が公式に確認された
1981年以前にエイズ様の症状を示した患者についての追跡調査を家族、
医師などを探し出してインタビューで確認を試みています。その結果、195
9年以前には患者は確定できず、最初の例はレオポルドビルで1962年に
死亡した人としています。第2の例はノルウェーの船員で1966年に死亡し
た人、彼は1964年にケニアで感染したと推定しています。そして全部で
38例を見いだし、そのうち29例はコンゴに関連していることを指摘していま
す。
 そのほか、さまざまな方法で調べてみた結果、人間が最初にHIV-1に感
染したのは1950年代で、その場所はコンゴのキンシャサ・レオポルドビル
であること、そしてそこでは1957年から1960年にかけてポリオワクチン
の接種試験が実施されていたこととドラマチックに関連するということです。
ワクチン接種の行われた場所と初期のエイズ患者の発生地域を比較した
地図も示されています。
 ポリオワクチンにチンパンジーのSIVが入りこんだ経路については、ワク
チンの製造用のサルの腎臓細胞の中にはチンパンジーの腎臓も含まれて
いて、それに潜在感染していたSIVcpzがポリオワクチンに入った可能性を
とりあげています。そしてチンパンジーの腎臓が実際に使用されたかどうか
については、徹底的に事実関係を調べています。
しかし、記録が不十分ではっきりした結論は得られていません。一方、チン
パンジーの腎臓が使用されなかったとい
う具体的証拠も関係者から示されてはいないことをフーパーは強調してい
ます。
 また、ワクチン接種の実体もはっきりしません。なお、彼は発表された論
文から1951年から60年までには900万人がCHATワクチンの接種を受
けたと推定しています。
 これらの経緯が本書の大半を占めていますが、まさに裁判の調書のよ
うに徹底的な追及がみられます。そして、断片的事実をつなぎあわせて
行っている推論は探偵小説そのものです。

HIV-2の起源
 HIV-2は西アフリカに限定して発生しており、病原性も伝染性もHIV-1
よりは低いようです。京大の速水正憲先生のグループが1966年と67
年に採取された西アフリカの血清3000以上のサンプルの中から抗体を
検出していることも取り上げていますが、その成績には疑問を投げかけ
ています。
 HIV-2はスーティマンガベイのSIVsm由来と推測されていますが、HIV
-2感染の中心地域ではマンガべイは絶滅しているので、人がSIVsm保
有宿主であるマンガベイから直接感染したとする自然伝播説は非常に
考えにくいと述べています。サルのハンターやサルの肉を売る人がSIVに
感染し、発熱などの症状が出たために、近くの医師の所へ行った際に、
抗生物質の注射などをされ、その注射器が別の人にも使用されて人か
ら人への感染が起きた可能性も提唱されていますが、感染後まもない
急性期に熱は出ないのではないかとして、興味ある仮説だが、ありえな
いとしています。
 もうひとつの可能性として、これらの地域に生息する9種類のサルの
どれかがマンガベイの絶滅以前にマンガベイ
からSIVsmに感染したことがあげられます。その場合、考えられるのは、
チンパンジーとヒヒが雑食性で、マンガベイをおそって食べた可能性で
すが、これまで西アフリカのチンパンジーやヒヒでSIVsmがHIV-2 に感
染している証拠はありません。
 HIV-2の抗体分布を見ると、1926−67年にうまれた人では0.9%、
57−62年に生まれた人では7.5%、52−57年に生まれた人では
17.1%と、52−62年に生まれた人で急激に増加しています。したが
って52−62年に重要な出来事があったと推定 しています。HIV-1の
場合のような証拠はないものの、この時期に人為
的な出来事で、おそらくポリオワクチンにより、人に感染が伝播された
ものという推測です。

登場人物の役割
 おびただしい数の人の名前と役割が本書の冒頭にリストアップされて
います。エイズ研究者だけでなく、ウイルス学の歴史に残る人、私の
知っている人、なつかしい人などを含めて多くの人の名前が網羅され
ています。ただし、日本人では速水先生の名前だけです。
 彼の研究内容としてミドリザルからのSIVagmの分離とミドリザル腎
臓細胞で製造されたポリオワクチンにSIVagmが見いだされなかった
報告が引用されています。前者は研究生の深沢君がトップオーサー
ですが、まったくミスプリントがみあたらない本書で彼の名前は
Fukosawaになっています。つまらないことですが、日本人の名前はよ
く綴りが間違えられます。

サルのエイズの広がり
 サルでエイズを起こすSIVはニューイングランド霊長類センターのア
カゲザルで分離され、これがサルでエイズの症状を引き起こす唯一の
ウイルスです。そのために貴重なエイズの動物モデルとして利用されて
います。ところが、これはスーティマンガベイが宿主のウイルスです。
マンガベイでは症状は示しません。このウイルスがどうしてアカゲザル
に移ったのか私は今まで疑問に思っていたのですが、その経緯につい
て面白い説明がありました。クールーの研究が関わっているというもの
です。
 クールーやクロイツフェルト・ヤコブ病のサルへの伝達実験でノーベル
賞を受賞したカールトン・ガイジュセックCarleton
Gajdusekはカリフォルニア大学霊長類センターでマンガベイにクールー
患者の脳材料の継代を行っている途中でマンガベイがなくなってしまい、
アカゲザルに切り替えたそうです。その頃、1969年と74年ですが、そ
こでリンパ腫と日和見感染が発生しました。私も74年に、米国の霊長
類センターの視察を行い、この感染には大変興味を持ちました。
 ところで、この際に生き残ったサルはほかの霊長類センターに売却
されることになり、アカゲザルはニューイング
ランド霊長類センターに、ブタオザルはワシントン霊長類センターに、ベ
ニガオザルはヤーキス霊長類センターに売られていきました。そしてニュ
ーイングランドのアカゲザルとワシントンのブタオザルからSIVが分離され
ました。
このふたつのSIVは配列が3%異なるだけでした。またカリフォルニアに
凍結保存されていたマカカ属サルの組織で
も同じSIV が見いだされました。すなわち、マンガベイのウイルスがクー
ルーの継代実験でアカゲザルに移ってそこで病原性を示すようになり、
アカゲザルから分離されたという訳です。カリフォルニアで発生したリン
パ腫や日和見感染はこのSIVによるものだったという説明です。

CHATポリオワクチンについての試験
 1957年にコンゴで最初のポリオワクチン接種試験が行われた時に
スウェーデンでも同じワクチンの接種が行われていました。その際の
CHATワクチンの残りがストックホルムのカロリンスカ研究所に保存さ
れていたことが分かり、1本だけが調べられましたが、それからSIVは
見いだされませんでした。フーパーはさらに、どの種類のサルの腎臓が
使われていたのかを知るためにミトコンドリアDNAのテストをするようた
めにサンプルの提供を要求したが、返事をもらっていないと述べていま
す。
 1992年にトム・カーチスのポリオワクチン起源説が出された際に、そ
れに答えるために結成されたウイスター研究所の調査委員会はCHAT
サンプルをCDCとWHOがテストするよう勧告しています。しかし、いまだ
に試験は行われず、またNIHも調査を引き受けていないとのことです。

ロビン・ワイスの書評
 サイエンス1999年11月12日号に1.5ページにわたる書評が載っ
ています。彼は異種移植でのブタ内在性レトロウイルスの危険性を指
摘したことでも有名なレトロウイルス研究者です。
 いろいろな観点からフーパーの見解を批判していますが、とくにポリ
オワクチン接種試験の場所とHIVの出現場所はフーパーの言うように相
関はしていないことを指摘しています。また、もしも医原病的な機構を唱
えるのであれば1930年代終わりから1955年にかけてベルギー・アン
トワープの熱帯病研究所でマラリアの弱毒化実験が行われ、そこで人
々がチンパンジーの血液を接種されたこと、そしてベルギーの人々は
ベルギー領コンゴへ常に旅行していたことも考慮すべきと述べています。
 結局、この本はポリオワクチンがエイズを作り出したことを証明はして
いないという意見です。しかし、フーパーと同様の指摘はこれまでにも
あると。すなわち、アフリカミドリザルの腎臓でポリオワクチンが製造さ
れてきており、SIVのスクリーニングが導入される以前にすでに数百万
人分のワクチンがSIV陽性ミドリザルから作られたが、幸いなことにSIV
などサルのレトロウイルスが人間の間に広がらなかったことを述べてい
ます。

コプロフスキーの返事
 サイエンス1999年12月24日号でコプロフスキーは、自分たちが内
緒でチンパンジーの腎臓でポリオワクチンを作り接種試験に用いたという、
フーパーの示唆に対して、チンパンジーの腎臓を用いたことはなく、フーパ
ーの説は根拠がないと回答しています。そしてコンゴでの試験とソ連での
試験を契機に進められたワクチンの大規模接種でポリオ根絶に向かって
いることを評価すべきと述べています。

教訓
 フーパーは過去の歴史のチャンネルをつなぎ合わせる膨大な作業を
通じて、「時は過ぎ、記憶はどんどん薄れていく。2個のリンゴは3個にな
る。チンパンジーはキリンに変わり、シマウマはワニになる。」と、人の記憶
が薄れていくことを指摘しています。
 問題になった1950年代は、ウイルス学の未熟な時期でワクチンの品
質管理の概念も生まれ始めた時期でした。
もしもワクチンの開発研究の記録、製造記録、投与の記録、サンプルの
系統的保存のシステムが確立されていれば、チンパンジーがウイルスの
弱毒化の過程で使用されたか、ワクチンの製造にチンパンジーの腎臓が
使用されたか調べることができます。
 仮にチンパンジーからの感染が人為的なものであったとしても、ロビン・
ワイスの指摘したマラリア弱毒化の試験とフーパーの唱えるポリオワクチ
ンのどちらが関わっているかは、サンプルの系統的保存がなされていれ
ば現在のウイルス学の技術で証明することが可能です。
 この点は、現在大きな議論を呼んでいる異種移植の研究でとくに重要
視されている点にもなっています。





フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。