せき髄を簡単除去、費用は2000円 (asahi.comより)




[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ ] [ ★遺伝子組み換え問題資料室♪ ] [ FAQ ]

投稿者 カチュック 日時 2001 年 10 月 29 日 12:56:14:

http://www.asahi.com/national/kyougyu/K2001102800173.htmlより引用

==================================================
せき髄を簡単除去、費用は2000円 大阪の業者考案


 大阪府の食肉処理業者が、狂牛病で特定危険部位となっているせき髄を、牛の解体時に圧縮空気で簡単に抜き取る方法を考案した。現在の除去方法では、食肉や器具類にせき髄片が付着するおそれが指摘されていた。新たな方法は付着の危険性が低く、費用も約2千円で済むという。

 開発したのは、松原食肉地方卸売市場(大阪府松原市)で解体作業をする松原ミートプラントの村上幸春社長(54)。

 現在多くの食肉処理場では、まず、背骨に沿って電気ノコギリで「背割り」をし、せき髄を金属器具でかき取る。

 村上さんは、皮はぎ用に使っているエアコンプレッサーの活用を思いついた。背割り前に、せき柱内に細いチューブを差し込み、圧縮空気を瞬間的に送り込んで、せき髄を飛び出させる。コンプレッサーは多くの食肉処理場にあるので、新たにかかる費用はチューブ代の約2千円だけだ。

 フランスでは、吸引装置で除去する方法を来年1月から実施する。厚生労働省は今月、すべての食肉処理場にせき髄の徹底除去を指導。フランス式の装置の導入も検討しているが、高価なため食肉処理の現場からは「対応しきれない」との声が出ている。

 村上さんは「一刻も早く多くの処理場で実施してほしいので、特許はとらない」と話す。
==================================================

このページの感想




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。