★阿修羅♪  狂牛病・遺伝子組換3
 ★阿修羅♪
狂牛病・遺伝子組換3検索
 次へ  前へ
根本的なBSE対策を考えるために ――異常プリオンはなぜできるのか? マーク・パーディ氏講演会 投稿者 ★阿修羅♪ 日時 2002 年 3 月 27 日 19:09:48:

マーク・パーディ氏講演会
<根本的なBSE対策を考えるために
――異常プリオンはなぜできるのか?>

3月19日、イギリスで自然酪農に携わるなかでBSE(狂牛病)の発症原因を研究しているマーク・パーディ氏が来日しました。

講演会日時
日時: 3月31日(日) 午後1:30〜4:30 
(開場1:00 5時から懇談会・懇親会あり)

開場 東京農業大学17号館(百周年記念講堂) 世田谷区桜ヶ丘1-1-1
小田急線経堂駅から徒歩15分
小田急線千歳船橋駅からバス7分
田園都市線用賀駅からバス7分

<参加費>2000円 学生:1000円
<主催> マーク・パーディ氏講演会実行委員会
<問い合わせ先> 日本有機農研事務所 電話03-3818-3078 FAX03-3818-3417

マーク・パーディ氏(Mark Purdey)氏(英国)
 自然農法による酪農家、BSE研究家
 英政府が打ち出したウシバエ退治に対する有機リン系農業フォスメット使用規則に反対し、自分の農場では生物由来のデリスを使用。周辺農家にBSEが発生しても自分の農場に発生がないことの疑問から研究を始めた。架設の一部は1999年にケンブリッジ大学生化学部のディビッド・ブラウン博士により実証されるこなど、徐々に感心をあつめている。
 論文等は、上記「狂牛病」(工学社)に訳出されているほか、
http://www.purdeyenbironment.com
で読むことができる。

<講演日程>
3月20日千葉、22・23日北海道、26日福島・二本松市、27日茨城、28日神戸、30日群馬・太田市、31日東京世田谷区東京農業大学百周年記念講堂

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。