あさひ銀と大和銀の経営統合、中小金融機関に大きな影響も ロイター

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ 国家破産 ]

投稿者 倉田佳典 日時 2001 年 9 月 07 日 18:17:24:

回答先: 関係BBS 投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2001 年 9 月 07 日 17:25:25:

2001年09月07日 18:02

[業界動向]あさひ銀と大和銀の経営統合、中小金融機関に大きな影響も=金融関係者
 鈴木 透記者
 
 [東京 7日 ロイター] あさひ銀行<8322.T>が大和銀行<8319.T>に経営統合の申し入れを行っていることが、正式に発表されたが、金融関係者の間では、両行の経営統合は、埼玉県を中心として中小金融機関に大きな影響を及ぼす可能性がある、との見方が出ている。

 金融関係者の間では、埼玉県の地銀である武蔵野銀行<8336.T>は大和銀が筆頭株主のため、武蔵野銀は、大和銀の設立する持株会社に参加する可能性が大きいと見られている。
 一方、あさひ銀が大和銀の持株会社に参加し、地域銀行となった場合には、必然的に武蔵野銀とあさひ銀が分社化してできあがる地域銀行との統合の可能性が高まる。
 この場合、「埼玉県にできあがる大和銀の持株会社傘下の地域銀行は、都銀並みの地域銀行になるだろう」(大手都銀関係者)と予測されている。
 ある中小金融機関関係者は、「もし、この統合が実現すれば、埼玉県における大和銀の持株会社傘下の地域銀行は、圧倒的なシェアを確保し、中小金融機関は生き残るのが難しくなるだろう」との指摘も聞かれる。

 ただ、大手都銀の関係者は、「今回の大和銀とあさひ銀の経営統合の検討の報道の背景には、あさひ銀の株価急落を止めるという狙いの方が大きく、経営統合の具体的な内容については、まだまだ細部までは詰まっていないのではないか」との見方をしている。
 いずれにしても、「この武蔵野銀とあさひ銀が分社化してできあがる地域銀行の問題は、両行の経営統合では、避けて通れない問題になり、かならず両行の大きな検討課題になってくる」(別の大手都銀の関係者)と見られている。




このページの感想




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。