宝永噴火などを再検証 予知連の富士山作業部会

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ 天変地異・自然災害・天体・天文2 ]

投稿者 倉田佳典 日時 2001 年 8 月 01 日 20:27:51:

08/01 19:10 宝永噴火などを再検証 予知連の富士山作業部会  社会111
共同
 富士山の噴火予知の在り方を検討する火山噴火予知連絡会の富士
山ワーキンググループ(座長・藤井敏嗣東大地震研究所教授)の第
二回会合が一日、気象庁で開かれ、宝永四(一七○七)年の噴火の
形態などを調査し、国が進めている災害予測地図(ハザードマップ
)作りに協力することなどを決めた。             
 この日は、宝永噴火の時は、地表に近い所では東風が吹いていた
とみられるのに噴火後三、四時間で江戸に降灰があったことから、
噴煙は西風が吹いていた成層圏に達し、少なくとも一万メートルま
で上昇したとみられることなどを確認。ハザードマップ作りを進め
る政府の検討委員会に報告することなどを申し合わせた。    
 また、山頂の地下約一五キロで多発していた低周波地震について
「数は少ないがもっと浅い部分で起きている低周波地震もあるので
は」との指摘があり、気象庁や防災科学技術研究所などの観測デー
タを精査することを決めた。七月の低周波地震は十六回と落ち着い
た状態という。                       
(了)  010801 1910              
[2001-08-01-19:10]



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。