★阿修羅♪
 ★阿修羅♪
 次へ  前へ
神戸児童殺傷:少年の捜査に疑問 弁護士が自らの告発求める(毎日新聞) 投稿者 市井の人 日時 2002 年 5 月 22 日 22:49:40:

神戸児童殺傷:少年の捜査に疑問 弁護士が自らの告発求める

 「裁判官よ、私を告発せよ」。神戸市の小学生連続殺傷事件で、中等少年院に収容中の少年(19)の捜査に疑問を持ち続けている弁護士の後藤昌次郎さん(78)=東京弁護士会=が22日、こんな内容の郵便を裁判官に送った。違法な手続きで少年に自白させたとして警察官らを告発したが、訴えを裁判所で全面的に退けられた。「それなら、自分を虚偽の告発をした疑いで告発すべきだ」という異例の挑戦状だ。

 後藤さんは、71年の「日石・土田邸爆破事件」をはじめ、多くの冤罪(えんざい)事件を手掛けてきた。

 神戸の事件では、97年10月の神戸家裁決定を見て疑問を持った。少年が書いた作文と犯行声明文の筆跡が「同一人物のものと判断するのは困難」という鑑定結果だったのに、取調官が一致したように説明して少年が自白したため、この調書が証拠から排除されたことが書かれていた。

 98年10月に「捜査の過程を明らかにしたい」と、取調官らを検察当局に特別公務員職権乱用容疑で告発したが、「嫌疑なし」で不起訴に。このため、取調官らを公開の法廷で裁いてもらうよう裁判所に求め(付審判請求)、最高裁まで争ったが退けられた。

 「万策尽きた」と思ったが、4月末に刑事訴訟法を何となくながめていた際「公務員は罪があると思われたときは、告発をしなければならない」という内容の条文に突き当たった。「取調官らに全く罪がないのならば、告発した自分は虚偽告発罪に当たる。裁判官は告発しなければならない」。虚偽告発罪は3カ月以上10年以下の罪。付審判請求にかかわった裁判官全員に、告発を求める内容証明郵便を送った。

 「大半の人の中で、少年の犯行ということで決着している。でも、不可解な点があることを埋もれさせたくない」。後藤さんは取調官らを近く、検察当局に再告発する意向だ。

[毎日新聞5月22日] ( 2002-05-22-15:01 )

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。