★阿修羅♪
 ★阿修羅♪
 次へ  前へ
懲りない外務省、豪華大使館建設“強行” “骨太改革”、実は「骨抜き」 投稿者 zakzak 日時 2002 年 7 月 12 日 14:43:43:

懲りない外務省、豪華大使館建設“強行”
“骨太改革”、実は「骨抜き」

 【モスクワ12日=夕刊フジ特電】不祥事続きの外務省が打ち出した“骨太の改革”
が、“骨抜き”となっている実態が浮き彫りとなった。

 「水泳プールにテニスコート、日本庭園付き総工費100億円」との豪華計画に批判が
集中していたモスクワの新日本大使館。だが、外務省は計画を修正しないうえ、約束した
着工時の現地公開もせず、隠密裏に5カ月前から工事を始めていたというのだ=写真。

 モスクワ市内の敷地面積1万5000坪という広大な土地で、今年2月から工事が始まっていた新大使館の建設。計画は
7年前から練られ、地上5階、地下1階の白亜のビルには「厚生施設」として地下に17メートル(3レーン)のプール、
屋外にテニスコート(1面)のほか、日本から運ぶ桜が植えられる日本庭園を作ることが昨年11月に発表された。

 だが、機密費事件など一連の不祥事が続き、外務省の抜本的な改革が求められるなか、豪華大使館の建設には批判の声が
高まった。

 このため、起工式を報道陣に公開することなどが約束されたが、丹波実大使は4月の会見で、計画の見直しは一切必要な
いとの考えを示し、「起工式を行わないことが経費削減になる」と“拒否”。しかも、その裏では工事を受注した清水建設
の関係者にまで異例の箝口令を出し、工事着工を隠していた。

 また、この大使発言がモスクワ在留邦人の間で物議をかもすと、大使館側は秘密裏に手直し案も検討したが、「お茶を濁
した程度の改革案に終わる」(大使館筋)との見方が強い。いやはや、外務省の腐った体質は簡単に治らないようだ。

http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_07/2t2002071211.html

 次へ  前へ



フォローアップ:



 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。