★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論9 > 397.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「イラクからの撤退は米英にとっても利益」であるわけ
http://www.asyura.com/0304/dispute9/msg/397.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 3 月 26 日 17:00:41:

(回答先: Re: 【「イラク侵略戦争」のゆくえ】 開戦前からは大きく変わった「バグダッド陥落」の戦略的意義  − 「バグダッド攻防戦」に至る前に政治的決着を − 投稿者 ミミズ 日時 2003 年 3 月 26 日 05:23:20)


ミミズさん、こんにちわ。

● 「イラクからの撤退は米英にとっても利益」

国際法を犯すだけではなく道義(国際世論)にも反する侵略で敗北することは、程度の違いはあっても“損失”につながります。

“利益”という表現を使ったのは、書いているときの自分の頭にブッシュ政権やブレア政権をなんとか説得したいという現実離れした意識があったからだと思っています(笑)

(イラク国民の犠牲者をできるだけ少なくしたいというだけではなく、支配層のたんなる道具や手段としてイラクに派遣されている米英兵士の犠牲も少ないほうが望ましいと思っています)

政治的に撤退するのか、軍事的に撤退せざるを得ない状況まで追い込まれるのかでは、その後に出現する世界が変わります。

軍事的に撤退したときは、フセイン政権の大勝利であり、米英の大敗北となります。

米英の大敗北は、端的に言えば、米国の威信が地に落ちるということです。

そして、逆に、フセイン氏を象徴とするアラブ民族意識の高揚とイスラム復古主義を招き、経済的には、中東産油国に膨大な権益を保有している米英系石油メジャーが排除される可能性を予想させるものです。

このような米英にとって“悪夢”と言える世界が出現するくらいなら、面子が保てる条件で政治的交渉を行なって整然と撤退したほうがずっと得ということになります。

米英は、中東地域で経済権益を拡大することよりも、これまで確保してきた権益をいかに減らさないかという視点でイラク侵略問題を考えなければならない状況に置かれています。

別に、米英(世界経済支配層)の権益がどうなろうとしったことではありませんが、傲慢で愚昧な強欲者には、理ではなく、利で説明するしかないと考えているので、わかりにくい説明になってしまいました。

 次へ  前へ

議論9掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。