★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争34 > 714.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
↑同主旨の現地報道を含むが見出しが反対の間抜け毎日新聞記事:Re: 西岸ガザは占領地
http://www.asyura.com/0304/war34/msg/714.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 5 月 27 日 14:01:32:

(回答先: 西岸、ガザは「占領地」 シャロン首相が初表明 東京新聞 投稿者 小耳 日時 2003 年 5 月 27 日 11:10:03)

↑同主旨の現地報道を含むが見出しが反対の間抜け毎日新聞記事

http://www.mainichi.co.jp/news/flash/kokusai/20030527k0000e030053000c.html
5月27日 12:50
イスラエル:
「入植地活動は停止せず」与党会合でシャロン首相

 【エルサレム樋口直樹】シャロン・イスラエル首相は26日、自らが党首を務める最大与党・右派リクードの会合で、ユダヤ人入植地の活動を停止する考えがないことを改めて表明した。受諾を決めたばかりの米欧主導の新中東和平案「ロードマップ」は、イスラエルに対し今月末までに全ての入植活動を凍結するよう求めているが、シャロン首相の発言はこれに応じるつもりがないことを明確にしたものだ。

 05年のパレスチナ国家樹立を認めるロードマップについて、会合ではイスラエルとパレスチナの「2国平和共存」を疑問視する国会議員らから、シャロン首相への厳しい批判が噴出した。

 イスラエル紙ハーレツ(電子版)によると、シャロン首相は「好きな言葉ではないが、これは占領だ。350万人ものパレスチナ人を占領下におき続けることは、イスラエルにとってもパレスチナにとっても良くないことだ」と語り、占領政策の見直しとロードマップ受諾に理解を求めた。

 しかし一方で、ヨルダン川西岸の入植地出身の国会議員に対し、ロードマップの受諾が入植地の建設を阻害するものではないとの考え方を表明。「あなたの子供や孫、さらにその子供たちのために無制限の建設が許される」と語った。

 シャロン首相はこれまでにも、近い将来に入植地問題の解決を図るつもりがないことを表明しており、入植地の撤去を強く求めているパレスチナ自治政府側との間で論争になっている。

[毎日新聞5月27日] ( 2003-05-27-12:47 )

 次へ  前へ

戦争34掲示板へ

フォローアップ:
  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。