★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論11 > 961.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 英王室は戦前・戦後も世界収奪者米英金融支配層ネットワークの中心である。近代天皇家は英王室を非常に尊敬し、友好提携しかつ手本としている。この矛盾をどう考える。
http://www.asyura.com/0306/dispute11/msg/961.html
投稿者 便秘王 日時 2003 年 7 月 10 日 19:41:45:

(回答先: 「天皇の戦争責任」なる概念のあいまいさ 投稿者 書記長 日時 2003 年 7 月 10 日 19:01:19)

昭和天皇は大正10年、大正天皇の名代として英国を訪問,英国王ジョージ5世と馬車に乗っている。彼は後に立憲君主のあり方をジョージ5世から学んだと回想している。現天皇も皇太子時代1953年連合国英国のウエストミンスター寺院での戴冠式に名代として出席している。浩宮も連合国英国に留学している。皇室は連合国英国、世界金融支配層ネットワークの中心にあり、近代帝国主義を激しく推進してきた中心勢力である英国王室と非常に緊密な関係にあり、それを手本とし、尊敬の対象としてきている。東京裁判のベールの向こう側には英王室が存在している。

英国人の側に本質的な意味で東洋人・有色人種に敬意を払うということはありえない。英王室が、日本の皇室に尊敬してきているわけではない。英王室は世界を植民地化することしか考えていない。その英王室に敬意を払い関係を結ぶ日本の皇室というのをどうかんがえるべきなのか。皇室が丸め込まれると同時に、近代日本全体が英国利益に丸め込まれてしまった面は否定できない。日本国民と利益背反するボーダーラインにいたといえる。皇室は英王室の世界レベルでの犯罪的性質を知らなかったのだろうか?知っていて権威の提携を結ぼうとしたのであろうか。知らずに友好を求めたのであろうか。どちらにしても非常に深刻な問題を含む。英王室に批判的な視点をまったく持たなかっただろうか。戦後ものこのこ英国に出かけていくところを見ると、英王室には一切批判的な考えをもっていないということだろう。世界の植民化された国の人々は英王室を基本的には許していないのだが。

この複雑なあやをどう解きほぐしたらよいのだろう。
書記長は、英王室・アングロサクソン権力の中心である英王室には批判的だが、それを手本としかつ提携関係にある日本の天皇・皇室には無批判という矛盾を抱え込むことになる。


 次へ  前へ

議論11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。