★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論12 > 157.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「人格を軽視する姿勢」(あっしら氏へ)
http://www.asyura.com/0306/dispute12/msg/157.html
投稿者 たこ 日時 2003 年 7 月 20 日 12:57:48:KZLCEeqX13raw

あっしら氏の「加害者か被害者か分からない」と「被害者に落ち度」は異質の問題 − 鴻池発言の問題は「加害者か被害者か分からない」である −(http://www.asyura.com/0306/nihon5/msg/992.htm)」に対するコメントです。

鴻池発言のメッセージは明瞭と考えております。あっしら氏は、「女児らの“自立的な人格”をある程度認めなければ出てこないと推測される」としておられますが、この表現にしたがうなら、自立的な人格を事実として認めつつ、それに否定的評価を与えるものです。また、「打ち首」について、「子の触法行為は親の責任」は、鴻池発言の含意として明瞭で、子の年齢などを適切に考慮するなら必ずしも否定しません。しかし、「打ち首」から「親権者の差異性を教育制度などで補完するべき」とする含意を読み取るのは牽強付会です。

以下は、「被害者にも落ち度」の問題です。

「そうなる可能性が生じる状況をできるだけ避けるのが賢明な対応である」は、犯罪被害防止として当然です。「大事な対応策の一つだと考える」という述語部分には意見の相違がありません。しかし、「被害者にも落ち度」とするのは、鴻池発言に匹敵する反人格的発言と考えております。どちらが法的な被害者かなどの観点とは、まったく無関係です。

鴻池が言及する事件と直接の関係はありませんが、前のコメントでは比喩として「強姦」をあげさせていただきました。これは、ある種の人には非常にわかりやすい比喩なのですが、ちょっと説明を要するでしょう。次のような説明でいかがですか?

「強姦」のような性的自由を侵害する犯罪の場合(そしてこの種の犯罪のみ)、「被害者の落ち度」が強調されます。強姦事件のほとんどは、知人によるものです。多くの場合は甘言が先行し、これで目的を達し得ないときに暴行・脅迫に移行し強姦に至ります。甘言ではなく、正当な婚姻の申込のこともあるでしょう。問題は加害者の暴行・脅迫です。

もちろん、甘言では、それに欺かれる被害者の思慮不足が常に問題になります。しかし、たとえば高齢者が甘言に欺かれて、老後の生活資金を詐取されたときに、「被害者の落ち度」を強調する人がいますか?「世間を甘く見ている」などと説教するのですか?被害者が「女児」でもよいのですが、甘言で小遣いを巻き上げられたときに、「被害者の落ち度」などと言いますか?

強姦などの特定の犯罪のみに、「被害者の落ち度」を強調する論は、その被害者にある種の行動規律を求めておられるのではないですか?(「被害拡大の可能性」を理由にしてこんな発言を正当化するのはスリカエと申しております。)私はこれを「人格を軽視する姿勢」と申しております。

 次へ  前へ

議論12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。