★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論12 > 289.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
サブシステムとしての周波数フェンス:資料【遺伝子変異】
http://www.asyura.com/0306/dispute12/msg/289.html
投稿者 HAARP 日時 2003 年 7 月 26 日 09:15:50:oQGUNb5q8hjD.

(回答先: HAARPはそろそろフル稼働すると言われています 投稿者 HAARP 日時 2003 年 7 月 26 日 08:28:59)

この資料はあからさまなニューエイジのタームが多いので訳してみたものの判断保留にしていましたが、今月から幾つかの置いてあったサイトから削除されて読めなくなったものです。
これにはなんらかの意図が働いていると見ますので掲載しておきます。

-------------------------------------------------------------------------------
【遺伝子変異】

2004年の春までに、「周波数フェンス」と呼ばれる革新的なマインド・コントロール技術がグローバル社会に対して実施される。
この「周波数フェンス」とは、生物神経学的なマインド・コントロール用の電磁波技術形態で、これは人々の高次元に対する感受性を妨害するものだ。
文字通りの「感覚の呪縛」もしくは「心理的な牢獄」があなたがたの周りに構築されるが、あなたがたはそれが起こっていることすら関知できない。ここで最も恐るべきことはあなたの五感は何かがおかしいということに気が付かないということだ。

全ての発電所およびその送電施設は、この電磁的な変調を運ぶために使われる。
人間の体というものはこのような侵入に対しては自然の免疫機能を持っているが、この技術の扇動者たちはある種の有機的な基本物質を世界の水の供給システムに対して導入することによってこの免疫機能を抑圧しようとしている。そして、その上で特定の光のスペクトラムを直接人類の光学機構(視神経もしくはより広範囲な神経系統のことか)に照射しようとしている。(こうすることで、より免疫機構はダメージを受けるということらしい)
テレビ放送やインターネットのような技術を介してこの特定の光の周波放射が行われる。
そして、それ以上の侵略的プログラミングはサブリミナル的に全てのラジオ放送および世界中のデジタル携帯電話の中継塔のネットワークから行われる。
これによって、より大規模な生物神経学的な侵略が行われることになる。

6年を経過することによって、この「周波数フェンス」は人類の集合的な遺伝子プールのなかで明白な変異を起こすことになるが、これは生殖を通して固定され、人類に対する永続的な脅威となるだろう。
この侵略に対しては今のところ既に知られた防御技術および安全な場所というものは無い。この技術はあなたがたの高次を関知する能力を妨害し、人類の潜在的可能性を制限する。直感や「虫の知らせ」などは人間に本来備わる能力の一部であるが、これらは阻害される。また、「ハイヤーセルフ」や「神」と交感する能力も技術的にそぎ落とされる。
このシステムは極秘のものであり、この一部を制作した組織のエリートでさえその全体像がわからないように欺かれている。

別の側面のこの生物神経学的な侵略としては、2006年まで行われる「ホログラム映像の挿入」がある。(wtcの火災現場の煙の中の顔などもこのタイプだと思われる)これは非常に進歩した技術で、人工的に創られた3次元なリアリティをあなたの眼前に挿入することが出来、このときあなたがたはどこまでが本物の現実で、どこからが人工的なものなのかを判別することは出来ない。
この技術は人気テレビ・シリーズ「スタートレック・ネクスト・ジェネレーション」の「ホロ・デッキ」を連想させるものだが、これに限ってはSFではないのだ。

話は戻り、この来るべき生物神経学的操作の扇動者たちはあなたがたに対して彼らの存在すら信じないように仕向けている。彼らはあなた方が五感で見たり聞いたりしたもの以外はその存在を信じないように仕向け、存在しないものは影響が無いと思いこむような心理傾向を作り出す。もし、あなたがたが敵の存在を知らなけば、敵から身を守る方策を考えることはできない。現実の状況は全くその反対なのだ。
これらの妨害勢力は現在の地球の科学を凌ぐ技術を持っているのだ。

彼らの生物神経学的な侵略は明らかにあなた方に影響を及ぼし、あなた方が理解している以上に人類の種としての進化をを妨害するとともに人類の健康に対する究極の脅威となっているのだ。
これらの隠れた敵対勢力は「遺伝子工学のマスター」達であり、彼らの一部は人間であり、また一部は非人間及び地球外知性体(ET)である。
彼らの内のいくらかは外見は完全に人間だが、遺伝子的な事実としてはETとの混血である。もし、あなたの信念体系が他の世界からの生命の可能性を受け入れがたいのならば、単純にETを悪魔という言葉に置き換えてみたらどうだろう。

なぜなら、これも真実だからなのだ。これらの存在の行動傾向は言葉の真の意味で悪魔的なのだ。
「人類のエリート」を通してこれらのET侵略者達は人類社会を悪魔化し、コントロールするが、これらの組織はイルミナティ、外交問題評議会(CFR)、国連(UN)その他の名前で呼ばれている。
これらの機構はおおむね現在の人類に対する隠れた操作に責任がある。これらは現在の加速しつつある「警察国家」状況にも荷担しており、これは人類の反乱要素を処理するために用意されている。また、ほとんどの政府および、20世紀に作られた準政府組織もこの機構に含まれる。

もしあなたがたがこの国(アメリカ)や世界中の社会がこのままの状況で行くならばどうなってしまうのだろうと思っていたのなら、あなたがたのやるべきことは、これらのET侵略者達が数え切れない世代にもわたって人類を弄んできた事実を見据えることだ。人類を分離状態に置くことによって、誰が本当の操作の主体なのかを見極める暇も傾向も無いように仕向けられてきたのだ。我々が経済の奴隷状態のなかで忙しくしている限り、大部分の人類は何が本質的に重要なのかに気が付くことはない。

今、本当に重要なこととは、出来うる限りの大きな構造を理解することだ。
この方法においてあなたがたは2004年までに実施される来るべき欺瞞から身を守るころができるようになっていくだろう。あなたがたにはまだ、自分たちの為にこの事態に干渉し、文字通り来るべき「周波数フェンス」と「ホログラフ挿入」に対して自身が免疫となるための時間がある。

今のところ外部の技術的な防御手段はないが、ひとつの手段として、あなた方は現在の遺伝子コードの自然な変化プロセスを加速することができる。そうすれば、生物神経学的な操作が始まっても影響を受けないようになるのだ。我々は全ての人類の心と体と魂の組織のなかに最も強力な防御機構を持っているのだ。
(このことは人類を設計した全ての宇宙民族が最も基本的に意図したことと訳者は聞いている)
我々は単純にこの防御機構の正当な使い方を学ぶ必要があるだけなのだ。

人類のDNAは12撚(より)の潜在的可能性を持っている。ほとんどの人は1、2と3番の撚が活性され、4番目の撚が部分的に組み込まれてはいるがまだ活性化されていない状態に過ぎない。
来るべき生物神経学的侵略に対してあなたがた自身を「透明化」するためには、少なくとも4番目の撚が活性化され、5番撚が半分は組み込まれなくてはならない。
このためには、あなた方自身が関わるあるレベルの人間関係の発展と加速が要求される。
あなた方のDNA撚の成長を加速するためにはいくつかの段階がある。
もし、あなた方がいままでそうしてこなかったとしても、今後はまあなた方の「神」や「上位存在」との関係を強化するように心がけよう。

犠牲者意識や個人の無力感を訴えるような考えを受け入れることを拒否して欲しい。
あなた方の潜在的可能性と高次の能力を発展させるように心がけよう。あなた方の現実に関する個人的信念を考察する時間を作ろう。そして、思考とは文字通り現実のモノであることに気が付いて欲しい。否定的な思考は否定的な現実の発生を助ける。硬直し、独善的で恐怖に満ち、心を閉ざした信念は実際に電磁的な障壁を作り上げてしまう。

あなた方の力を疑うこともなく権威に譲り渡すよりもあなた方自身について考えることを学ぼう。
心を強く持ち、あなたの心理的な筋肉を強化しよう。心と感情の発展を即すような「マインド・テクノロジー」を使い始めよう。瞑想、アファメーション(祝詞を唱えるようなこと)、映像を視覚化すること、自己催眠、バイオ・フィードバック、夢の再プログラミングなどのテクニックは有効だろう。
これらの応用はあなた方の心を強くし、高次の潜在能力を実際に使用できるようになるために役に立つだろう。

あなたの体を運動やヨガなどによって強化しよう。また、化学的添加物、赤身の肉、カフェイン、ドラッグ、アルコール、塩、砂糖及び人工甘味料などに気を付けた食事を摂ることは免疫を強化する。そして電磁波や放射線に曝されたものや過度に加工された食品も避けよう。
また、同時に意識的にコントロールされた呼吸とそれに伴う運動によっても体は強化される。
あなたの過去を癒すことを学ぼう。他者に対する怒りや恨みを持ち続けることは、あなたの高次への発展に制限を設けることにしかならない。

あなたの感情を癒すことを学ぼう。日常的に感情を浄化することは物理的身体のエネルギー・センター(チャクラのこと)の障害を解放し、このことはDNA撚の急速な発展を促すことになる。
ETの訪問に関する記事や政府に対してUFO現象の公開を求めている人々に関するあなたの考えを真剣に再検討してみよう。国家安全保障上の理由によるということでこれらの問題が公衆の手の届かないところに隠されたという事実に関する多くの情報がある。これらの知識は今では非公式のネットワークの中で自由に出回っているものだ。もし、あなたが探そうと思えばこの既に起こっているETの訪問に関する膨大な情報を発見することができるだろう。
「先端的」な知識を通してあなたを強化しよう。これらのことは来るべき「抗争」においてあなた自身の重要な資産となるだろう。これらを賢く使うとともに他の人とも分かち合うことによってかなりの人々が2004年までに遺伝子の発展を達成するだろう。もし、地球上の人口の少なくとも8%が4.5撚もしくはそれ以上のものをそのDNAコードのなかで活性化できるならば、「周波数フェンス」及び「ホログラフ挿入」技術は全地球的に機能しなくなり、侵略的ETの生物神経学的操作は失敗することになる。

この8%のゴールを達成するために、呼び声の聞こえる人は誰でも前述のテクニックや個人的にDNA撚の発展に役立つと思われるテクニックを統合して日々の努力を急速に重ねなくてはいけない。地球外の侵略者達は人類は集合的に2004年までにはこの状況に立ちあがって8%を達成できないと確信している。
ET侵略者達は確かに進歩したテクノロジーを持っているかもしれないが、その実は人類の偉大な精神エネルギーに足がすくんでいるというところだ。

これこそが彼らが我々の「神」との交流を断ち切ろうとしている理由なのだ。なぜなら、この「場所」こそが我々の本来の力の源泉だからだ。
あなた方の多くが既に、「贖い癒す」ということを通して、神の与えた権利の代わりにいわゆる「政府の利益」というものを受け入れることを拒否することによってあなた自身の主権を回復するという段階にいることだろう。
あなた方の覚醒における次の必要な段階というものは、あなた方の魂の主権というものがもう二度と奪われることはないと確信することなのだ。

------------------------------------------------------------------------------

 次へ  前へ

議論12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。