★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > IT1 > 249.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「マイクロソフト・ウィンドウズ」の謎の記号〜MSとNSA
http://www.asyura.com/0306/it01/msg/249.html
投稿者 松雪草 日時 2003 年 8 月 14 日 19:54:31:vg0t2ulYGVZOM

『アメリカの国家犯罪全書』(ブルム著)第21章「盗聴-地球上のあらゆる場所で」の中にMSとNSAとの関係を指摘した興味深い箇所がありますので、要約して掲載致します。

「マイクロソフト・ウィンドウズ」の謎の記号(p325〜326)

 1999年9月、ジャーナリストのダンカン・キャンベルはNSA(米国国家安全保障局)がマイクロソフト社と、ウィンドウズ95-OSR2以降の全てのヴァージョンに特殊な「キー」を埋め込むことを合意していると暴露した。計算機科学者アンドリュー・フェルナンデスが、ウィンドウズのコードを一部分析し、この怪しい部分を発見した。コードにはキーのラベルが2つ含まれていた。1つには「KEY」、もう1つには「NSAKEY」であった。フェルナンデスはウィンドウズ開発者も参加していた会議でそれを発表した。ウィンドウズ開発者たちは、NSAキーがウィンドウズに入れ込まれていることについては否定しなかったが、それが何をするものなのか、そしてそれがなぜ利用者に知らされずに組み込まれているのかについては説明を拒否した。フェルナンデスは、世界で最も普通に使われているOSに、NSAの「裏口」がついていることにより、「米国政府が世界の人々のコンピュータにアクセスすることは何百倍も容易になっている」と言う。
注)キャンベルがこの事実を指摘した記事は TechWeb(http://www.techweb.com/wire/story/TWB19990903s0014)にある。

 フランス国防省の諜報部門である「戦略問題研究所」(DAS)の報告書(1999年)にも、NSAがマイクロソフト社のソフトに対する秘密プログラムのインストールを進めた事が指摘されている。報告書によると、「マイクロソフト社の創設は財政的にもかなりNSAにより支援されており、IBM社はNSAの圧力によって(松雪草注:IBMは「OS/2」という自社開発OSを持っているにも関わらず)MS-DOSの採用を余儀なくされたようである」。「スパイ・プログラムが存在し、開発チームにはNSAの職員が含まれているという執拗な噂から、セキュリティーの欠如を疑う声が大きい」とも述べている。

『アメリカの国家犯罪全書』ウィリアム・ブルム著 増岡賢訳 作品社 2003年4月

 次へ  前へ

IT1掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。