★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件6 > 988.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
豊川市御津町・村瀬純さんの幼子殺 害事件について・・・。
http://www.asyura.com/0306/nihon6/msg/988.html
投稿者 匿名 日時 2003 年 8 月 11 日 16:56:31:hUeBXqgvBhQF.

豊川市御津町・村瀬純さんの幼子殺 害事件について・・・。

 初めまして、阿修羅HPを拝見させていただきました。

 今回、メールをさせていただいたのは、調度私の住んでいる町で起きた事件

について、私からの見解を述べさせていただきたかったのと、事件の真相に

迫る核心的部分(?)を目撃したからです。

 早速ですが、本題に入ります。

 HPにもあったように、村瀬純さんは、幼い息子の翔君を殺害された

わけですが、世間的に見て、一方的にやはり殺害した加害者が一番

悪く、被害者である村瀬さんは全面的に悲劇のヒーロー的立場として

扱われています。

 しかし、本当に事件の被害者は村瀬さんだったのでしょうか??

巖谷様の意見にもありましたが、夜中に幼い子供を車に放置したまま

遊んでいる親もどうかと思う。それこそがこの事件の第一の引き金で

あると思うのです。ただ、当然殺害にまで至ってしまった加害者は、

確実に許せる行為でもなく、人間としての自己制御能力が欠けている

といえる。それは間違いないのだけど、村瀬純さんがそのような時間に

子供を連れ出している行為も、常識圏内の行為と言えるのだろうか?

 私がこの事件を初めて見た時は、巖谷様とは逆で、身近な地域に

までこのような凶悪な犯罪が起こるのはとてつもなく恐ろしいという

気持ちが大きく、村瀬さんは完全なる被害者であるという見識しか

できなかった。本当の村瀬純を知るまでは。

 さて、上記した「本当の村瀬純」と言う意味とは?それは、事件から

わずか数ヶ月が経過した頃、同市内にある某アミューズメント施設

で、村瀬純本人を目撃した時から徐々に知ることになりました。

 まず、初めて目撃したのは明確には日時は覚えてないけど、

時刻は22時過ぎに某アミューズメント施設に居ました。

そこにどこかで見た事があるが、そこでは見慣れない男性が居る

事に気付き、友人と「あの人って何か見た事ないか??」って話に

なり、「あ!!御津で子供を殺害された子の親だ!!」と認識したのです。

 その日はそれで何事もなかったのですが、その後よくよくみかける

ことになりました。

 しかし!!彼は娘も居るようで、娘を連れ、その店に現れる

ようになったのです。その店は、本来は時間や保護者同伴に

関わらず、メダルコーナーには中学生以下の入場が禁止され

ているのですが、彼は平気で幼い娘を連れて入店しており、

あろうことか、本人はメダルゲームに夢中になり、娘が泣いて

いようが、店内を一人で走り回っていようが、全くの無視!!

これじゃあ翔君の時と同じ事を繰り返すと言っても過言では

ないと思うのです。妻は夜の仕事をしているとニュースで言って

いて、滅多に妻と来店することはなかったのですが、妻が居る

時は、娘も妻と二人で常に居るので多少の安心はありましたが、

妻が居ない時も、きっと彼は娘を連れてきているハズですから、

店内に娘の姿がない時には、もしかすると、またしても車内に

放置しているのかもしれません!

 最近、テレビで純さんが「同じ親として許せない」と、加害者に

向かって発言していましたが、それはアナタにも言えるのでは

ないでしょうか??反省の色も見えず、ただ店を変えて自分の

楽しみだけの為に娘をほかりっぱなしで遊んで居るという彼の

神経も、充分に異常者であると思うのです。

 彼のせいかはわかりませんが、御津町の彼が通っていた

ゲームセンターの競馬ゲームは、閑散としてしまっていま

す。以前に行った時には、それなりの活気があったのですが…。

 話が得意な方ではないので、話がまとまっておりませんが、

私が思うに、この事件の被害者は翔君であり、加害者にあたる

のは、殺害した犯人、そして事件の引き金となった、無神経な

馬鹿親である村瀬純なのではないかと思います。子供を育てる

責任を持てないまま、たいがいに出産し育児もせず夜中に遊び、

そこに幼い子供を再び連れて行く、なんとも非常識かつ浅はかな

思考で、罪のない何もわからない幼い子供の命を粗末に扱って

いる村瀬純。彼を悲劇の男に仕立て上げるのは、私はオカシイ

と思う。(余談ですが、裁判があった前日や当日にも、彼はその

アミューズメント施設で遊戯していました。)

 次へ  前へ

日本の事件6掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。