★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ31 > 287.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
GLA高橋佳子名義の『真創世記』を書いていた当時の平井和正のエッセイ(1977年)
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/287.html
投稿者 罰天使 日時 2003 年 10 月 19 日 02:29:43:.cqmwk1ePLJyg

(回答先: 1977年当時のGLAに関する平井和正氏のコメント「私が書きました」 投稿者 大天使ガブリヨリ 日時 2003 年 10 月 18 日 14:50:50)

GLA高橋佳子名義の『真創世記』を書いていた当時の平井和正のエッセイ(1977年)

●平井和正エッセイ:「天使がかり」
(『奇想天外』1977年4月号初出)
(エッセイ・あとがき・手紙集『HIRAIST』コトダマ社
 同『夜にかかる虹』リム出版にも収録)

「とにかく大天使の書記役として、昨年12月から約2カ月間、「ミカエルの本」製作に
協力し、このほど完成させた。出版社は詳伝社、3月刊行の予定である。世界に類例の
ない本であって、強いて探せば、イマヌエル・スウェーデンボルクの「天使の秘儀」
とか、「天国と地獄」といった奇書しか類書が思い当たらない。ともあれ大天使にしか
書けない本であることは間違いない。3部作の1弾で、巻を追って「見えない世界」を
解明し、真実の「創世記」を 詳述することになっている。
 大天使の薫陶を受けて、私も更生を誓い、頑張ることになってしまった。口の悪い
友人たちは「神がかりの平井和正」と称しているが、正しくは「天使がかり」なので
ある。
 そんなわけで、現在膨大な「ミカエル・インタビュー」を記録中。いずれ、この中
からライフワークの「堕天使ルシフェル伝」や、「天使シリーズ」が生まれることに
なるであろう。ただし「ルシフェル伝」については、これを書こうと試みる者は怪死
を遂げるそうなので、こちらも死ぬ気で書かねばならない。しばらくお待ち下さい。
今のところ天使の御用達を努めているので、この世に留まらなければならない」


<関係情報板>

GLA教祖・高橋佳子の『真創世記』の真の作者はSF作家・平井和正氏
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/392.html
GLA高橋佳子の『真創世記』につき教団ぐるみの虚偽記載・1977年
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/464.html
1977年当時のGLAに関する平井和正氏のコメント「佳子は偏執者」
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/277.html
1977年当時のGLAに関する平井和正氏のコメント「私が書きました」
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/276.html
GLA・高橋佳子の『真創世記・地獄編』のウソと矛盾
http://www16.tok2.com/home/asyura/0310/bd29/msg/165.html
GLA・高橋佳子の『真創世記(地獄編)』「ミカエルは法の後継者」のウソ 
http://www16.tok2.com/home/asyura/0310/bd29/msg/232.html
大天使「ガブリエル」からの通信
http://www16.tok2.com/home/asyura/0310/bd29/msg/262.html

『阿修羅』サイト/GLA・高橋信次・高橋佳子関連記事板ミラー板群
http://www.asyura2.com/2us0310/bd30/msg/134.html

実録・GLA高橋佳子(TL人間学・主宰)の「強暴な素顔」編
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/406.html

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ31掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。