★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ32 > 492.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
(西郷隆盛の生涯)岩倉洋行団の出発から西郷内閣まで
http://www.asyura2.com/0311/bd32/msg/492.html
投稿者 愚民党 日時 2003 年 12 月 20 日 15:30:06:ogcGl0q1DMbpk

(西郷隆盛の生涯)岩倉洋行団の出発から西郷内閣まで

(大久保、木戸らの外遊と西郷の留守内閣)

 明治4(1871)年11月12日、岩倉具視を特命全権大使とし、副使に木戸孝允、大久保利通が任命され、
 以下同行の留学生を合わせて百名を超える大洋行団が、横浜を出港しました。
 
 この岩倉洋行団の目的は、江戸幕府が締結した修好通商条約の条約改正の下準備とヨーロッパ、
 アメリカなどの文明諸国視察を兼ねていました。
 
 しかし、まだ廃藩置県が行われて4ヶ月しか経っておらず、いつ日本に騒動が起こるかもしれない状況での
 この洋行団の出発は、時期尚早だったといっていいでしょう。
 
 特に、大久保は、島津久光が廃藩置県に対し、大きな不満を持ち、西郷と大久保を憎んでいるということを
 聞いていたので、ほとぼりがさめるまで、それから逃げ出したいという気持ちも恐らくあったと思います。
 かなり無責任な話ですが、大久保という人物は、その生涯において自分に都合の悪いことが起きると、
 それから責任逃れをするクセがあります。特に自分を見出してくれた久光に対しては、
 その大久保の性格が顕著に表れています。
 
 話が横道にそれましたが、こんな困難な状況を一手に任された西郷も西郷だとは思いますが、
 西郷も大いに政府を運営する自信があったからこそ、留守を引き受けたのでしょう。
 木戸や大久保らがいない内に、斬新な改革を進めようと考えていたかもしれません。
 
 鬼のいぬまになんとか・・・という感じだったのでしょう。
 岩倉らが出発すると、西郷を中心とした内閣は、次々と新しい制度を創設したり、改革案を打ち出していきました.
 特筆したものをあげていくと、@警視庁の発端となる東京府邏卒の採用、A各県に司法省所属の府県裁判所の設置、
 B田畑永代売買解禁、C東京女学校、東京師範学校の設立、D学制の発布、E人身売買禁止令の発布、F散髪廃刀の自由、
 切り捨て・仇討ちの禁止、Gキリスト教解禁、H国立銀行条例の制定、I太陽暦の採用、J徴兵令の布告、
 K華士族と平民の結婚許可、L地租改正の布告、などの斬新な改革を次々と打ち出していったのです。
 
 これら全ての改革が西郷の発案によるものでは当然ありませんが、西郷が政府の首班(首相)として成し遂げた改革で
 あることは、まぎれもない事実です。
 よく、西郷に政治能力はなく、明治政府においてただの飾り物に過ぎなかったと書く本が、残念ながらまだ多数出版されています。
 しかし、ただの飾り物でしかない西郷を中心として、このような思い切った改革が次々と出来るでしょうか。
 
 また、西郷が政府の首班として在職していた間は、明治政府が当初悩んだ農民一揆や反政府運動というものは、
 ほとんど起こることがありませんでした。これは世の人々が、西郷の政治に満足していた結果であると言えましょう。
 
 明治新政府がやらなければならなかった諸改革のほとんどが、この西郷内閣で行われたのです。これをもってしても、
 西郷の政治手腕を高く評価するべきではないでしょうか。

http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/
-------------------

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ32掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。