★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 不安と不健康7 > 481.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
【味の素(ajinomoto)の犯罪的広告】
http://www.asyura2.com/0311/health7/msg/481.html
投稿者 HAARP 日時 2003 年 12 月 14 日 03:05:48:oQGUNb5q8hjD.

味の素(ajinomoto)の犯罪的広告

13日の新聞各紙に一面全面を使った味の素の甘味料の広告が載った。
これは興味深いもので、甘味料「アスパルテーム」を1982年に「開発」したとしている。
この毒性物質はもともと化学兵器に使われていたもので、モンサントに連なる会社群が開発したはずだ。
これは、味の素が82年にアスパラギン酸というアミノ酸をもとにアスパルテームを合成する「製法」を開発したということなのだろう。フェニルアラニンは毒性物質である。

原料の一部がアミノ酸であっても、アスパルテームが環境や体内で分解したときは、毒性を発揮し、とくにセロトニンの生産を抑制し、性格や知能の障害を引き起こすという多くの報告がある。
このような事実を隠蔽して、あたかもアスパルテームが「アミノ酸」であるかのような誇大な広告キャンペーンは新聞社共々、犯罪行為と言わなければならないだろう。
------------------------------------------------------------------------

http://www.ajinomoto.co.jp/cm/ad/ad_smart.html
【世界120カ国以上で認められたダイエット甘味料は、味の素kkのアミノ酸でした。 】

12/13(土): 朝日新聞(東・阪)
読売新聞(東・阪)
北海道新聞
中日新聞
西日本新聞
河北新報
中国新聞

誰もが手に入れたいと願う、美しいボディライン。かと言って、甘い物もガマンしたくない。
こんなわがままに応えてくれるのが、ダイエット甘味料。実は、そのうれしい甘さの秘密は、アミノ酸にあります。アスパラギン酸とフェニルアラニンというアミノ酸を結合させると、砂糖の200倍の甘さが生まれるのです。つまり、同じ甘さを、カロリーを気にせず味わえるというわけです。味の素kkは、この発見をもとに、1982年に甘味料"アスパルテーム"を開発。そして、この高度なアミノ酸技術をもとに、画期的なカロリーゼロタイプの甘味料の開発にも成功しました。"アスパルテーム"は、いまでは世界120カ国以上で認められ、飲料や菓子から医薬品まで、幅広く利用されています。私たち味の素kkは、世界に先駆けてアミノ酸の事業化に取り組んで以来94年。数々の独創技術を開発し、アミノ酸の分野では世界レベルのリーティングカンパニーとして、その応用範囲を拡大。肥満や、健康が気になる皆さんを、アミノ酸のチカラでサポートしたいと考えています。

※アミノ酸系甘味料「パルスイート」には、
 味の素kkの最先端のアミノ酸技術が
 生かされています。
---------------------------------------------------------------------------

阿修羅内参照

セロトニン欠乏脳:キレる脳・鬱の脳をきたえ直す 有田秀穂 著 NHK出版
http://www.asyura2.com/0311/health7/msg/474.html

ナチ第四帝国アメリカの陰:化学兵器だった甘味料【ニュートラポイズン】全文訳
http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/994.html

人口甘味料でセロトニン生産が阻害・・電磁波みたい
http://www.asyura.com/2002/health1/msg/423.html

 次へ  前へ

不安と不健康7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。