★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 名前登録待ち板 > 975.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 木村愛二氏の困ったところ(芥川龍之介「蜘蛛の糸」を通して)
http://www.asyura2.com/0311/nametoroku1/msg/975.html
投稿者 明石仙人 日時 2004 年 8 月 19 日 09:25:55:klSDQg9GR7Bz2
 

(回答先: 木村愛二氏の困ったところ(芥川龍之介「蜘蛛の糸」を通して) 投稿者 似非紳士X 日時 2004 年 8 月 18 日 01:54:22)

権力を持ってしたい放題をしている支配者に対抗して、体制批判の立場に立ち困難な権力闘争をしている者は、圧倒的な力を持つ支配者により差別され弾圧されるので、一種の被害妄想意識と裏切りに対しての警戒が強く、ともすると仲間割れして粛清をしがちな欠陥を持っている。その典型が学生運動における派閥抗争であり、労働運動における唐は意識による対立による近親憎悪だから、そこを権力者は狙い撃ちして分断撃破してきたから、反体制運動は常に失敗して革命は起きないのである。
このような歴史の教訓に無知な行動主義者は事を起こすが、途中で悪い癖の分派行動や内部抗争を始めてしまい、本来は味方のはずの仲間を攻撃するようになり、運動そのものを崩壊させ権力者を喜ばせてしまうが、そこには反体制運動の指揮者の独り善がりとエゴがあって、それが仲間の連帯を内部から崩壊させるように働いてしまう。指揮官が仲間を信頼せずに自分だけ正しいと妄想して、異なる意見を持つ者を無能者とか裏切り者とすれば、戦力は萎縮して力の結集にならないのに、それに気づかずに自分だけが優れていると驕慢になりがちなのが、このサイトに良く書く木村愛二の欠陥である。
木村愛二は防衛大学を中退したと得意になるが、彼の性格は指導者として司令官の器ではなく、前線に駆け込んで手柄を狙う中隊長が限度で、戦闘をやって手柄を立てて得意になることはあっても、大きな戦争を指導するだけの才覚は持っていない。
だからともすればスタンドプレーで衆目を集めて、週刊誌あたりで騒がれて得意になる可愛さがあるとはいえ、そんなことで自己陶酔しているのに引きずられたのでは、却って権力者たちを喜ばせるだけで終わってしまう。折角みなで戦いたいと思って集まっているのだから、自分だけがいい思いをしようというケチことを思わず、皆で協力して折角の蜘蛛の糸を活用したらいいのに、それをしようとしない了見の狭さと包容力の無さを感じ、似非紳士Xさんは芥川の『蜘蛛の糸』を思い出したのだと思う。

 次へ  前へ

名前登録待ち板掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。