★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争44 > 530.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 今こそ平和憲法を守らなければならない
http://www.asyura2.com/0311/war44/msg/530.html
投稿者 戦争屋は嫌いだ 日時 2003 年 12 月 11 日 01:25:10:d/vusjnSYDx0.

(回答先: 「憲法」は「権力の暴走」に対する歯止めであり、「権力」への「命令」である 投稿者 縄文人 日時 2003 年 12 月 10 日 12:09:28)

縄文人さん

憲法に関する投稿をしようと思って準備していたところで、貴殿に先を越されてしまいました。全く仰るとおりと思います。

憲法の大きな特徴は為政者の行動を抑制しているところです。だから戦争、革命といった大きな変革の後に、反省を込めて憲法が作られたり、もしくは既存の憲法が改正されるわけです。その場合戦争や、革命の対象となった専制的体制への反省から、非常に進歩的な憲法が導入されることがあります。ワイマール憲法もこの類です。戦争の直後にGHQに勤務していた米国の文官はニューディーラー(ニューディール政策の支持者)が多く、日本国憲法の担当者も非常に進歩的な思想の持ち主だった関係で、このように思い切って民主的な内容になったといわれています。(例によって背後にはもっと複雑な事情があった可能性もありますが)

戦争放棄ほど優れた思想はありません。「愚考さん」も言っているように、「普通の国」になるために再軍備するのではなく、他の国にもこの思想を売り込むことで、「人殺しを国家の業務として執り行うことを廃止した普通の国」を増やす努力をすべきです。

昔野坂昭如が「軍備がないためにソ連になめられて侵略されたら、降伏すればいいじゃないか。ウチの娘が戦争で殺されるよりは、ソ連兵相手の娼婦になってもいいから生きていてほしい。」と言いました。極端な表現ではありますが共感できる発想です。

最後に一つだけ指摘させてください。貴殿が言及している憲法学者はもしかして小室直樹でなく、小林直樹だと思いますが。勘違いだったらご容赦ください。

 次へ  前へ

戦争44掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。