★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ33 > 969.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ジョン・ケリーがヒラリー・クリントンを副大統領候補に指名したい、と考慮中との情報(「ラスト・トランペット」2004年三月号)。 [週刊日本新聞]
http://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/969.html
投稿者 乃依 日時 2004 年 3 月 02 日 00:35:05:YTmYN2QYOSlOI
 

ジョン・ケリーがヒラリー・クリントンを副大統領候補に指名したい、と考慮中との情報(「ラスト・トランペット」二〇〇四年三月号)。


投稿 平成16年03月01日23時13分
太田龍の時事寸評
平成十六年(二〇〇四年)三月一日(月)
(第八百七十回)
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/

○デービッド・メイヤーさんの主宰する
 「ラスト・トランペット・ニューズレター」、二〇〇四年三月号、四頁。

○ここに、次のように述べられて居る。

  「もとクリントン米大統領補佐官、ディック・モリスによれば、
  ジョン・ケリーは、ヒラリー・クリントンを副大統領候補にする
  ことを強く希望して居ると。(The Sean Hannity Show,
  Feb.11,2004. WABC Radio, New York, NY)」

○ 「もしも、ケリーがヒラリーを副大統領候補に指名して、そして、
  大統領選挙に勝利した場合、ケリーは、自分の背後に氣を付けた方
  が良いだろう。
  何故なら、ヒラリーは、ケリーを除去(エリミネイト)する方法を
  容易に見出し、そして、自分が大統領に成ることが出来るであろう
  から。ちなみに、ジョン・ケリーのミドルネームは、フォーブス、
  であり、そしてそこで彼のイニシアルは、JFK!と成るのだ。」

○ここで、「ラスト・トランペット」が、何を言はんとして居るのか。

○我々は既に、
 イルミナティが、ヒラリー・クリントン上院議員を
 次期米大統領とすることに決定した、

 との情報に接して居る(「パワー・オブ・プロフェシー」)。

○しかし、ヒラリー・クリントンについては、今のところ、米国民の中に
 強烈な異和感と批判、反感、嫌悪感も存在する。

○それより前に、民主党内の予備選挙で勝利することも確かではない。

○従って、ジョン・ケリー(スカルアンドボーンズ)大統領、
 ヒラリー副大統領をまず実現し、

○次に、ケリー大統領を何らかのかたちで除去すれば、
 ヒラリーが自動的に米大統領に昇格する。

○と言う、二段階。

○何故、こんな一見まはりくどい手法を使う必要があるのか、との
 反論もあり得る。

○しかし、日本人は日本の売国奴国賊アメリカ問題専門家、売国奴マスコミ、
 売国奴外交官僚、売国奴「評論家」などによって、肝腎要の情報と事実を
 完全に、隠蔽されて居る。

○ヒラリー・クリントンは、

 1)イルミナティ惡魔主義秘密結社の中で、最高級幹部団の中に位置する。
   ブッシュ現米大統領のような阿呆とはモノが違う。

 2)ヒラリー・クリントンは、強固な共産主義者である、とも言はれるが、
   もちろん、ここで、「共産主義」についての、通俗値水準の理解は、
   問題外である。

 3)ここで問題とされるべきは、
   今、イルミナティは、急速に米国を完璧な全体主義独裁国家、収容所
   国家に変形させようとして居ること。

   そして、この方向を完成させるためには、ヒラリー・クリントンの
   ような、冷血、冷酷、残忍にしてしかも狡猾きはまりない、折紙付き
   の惡魔主義者を、イルミナティ世界權力は必要として居る、のである。

○「ラスト・トランペット」のこの号(三月号)の内容は、重要であり、
 興味深い。
 これは、全訳して、「週刊日本新聞」に紹介したい。

 (了)

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ33掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。