★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 雑談専用8 > 186.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
巨利を手に毒性甘味料「アスパルテーム」を広めた男=ラムズフェルド国防長官
http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/186.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 2 月 24 日 17:20:11:Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 自販機で「当たり」たくはないですね 投稿者 HAARP 日時 2004 年 2 月 24 日 04:57:34)


アスパルテームについては、ラムズフェルド国防長官の関わりがデーヴィッド・アイクの『究極の大陰謀』(三交社刊)に記述されています。

P.254より

当該書当該ページに書かれているライムフェルド氏の履歴概要:

1962年イリノイ州下院議員当選
1969年ニクソン政権に参画
1971〜72年ニクソン政権閣僚
1973年(ウォーターゲート事件)NATO大使
1974年ニクソン辞任で政権移行委員会委員長
1974年フォード政権大統領首席補佐官
1975〜77年フォーフォ政権国防長官


『その後は一時民間企業に移ったが、政治との密な関係は保っていた。この時期は世界的な製薬会社GDサール(現在は吐き気を憶えるあのモンサント社の所有)の会長兼CEOを務めつつ、政府関係の様々なポストを与えられている。
<中略>
 GDサールのトップとしては、こうした政府とのコネクションがさぞ役に立ったのだろう、ラムズフェルドはワシントン関係者との接触を利用して、食品医薬品局(FDA)に、悪名高い人工甘味料「アスパルテーム」の販売を許可させている。ラムズフェルドとGDサールとの関係は、チェイニーとハリバートンの関係だ(FDAの決定が操作された様子は『マトリックスの子どもたち』で述べた)
 アルパラテームは、フェニルアラニン(五〇パーセント)とアスパルギン酸(四〇パーセント)という二種類のアミノ酸をあわせて、メタノール(一〇パーセント)で繋いである。情報自由法によって公開された一九五五年のFDAの文書には、この恐るべき物質によって失明したり死亡したりすることもあると記されている。それ以外にもさまざまな科学者が、腫瘍、脳障害、頭痛、気分の著しい変化、皮膚のポリープ、不眠症、鬱、知能低下を挙げ、短期記憶への影響もあるとしている。
 食品問題を専門に調査報道の著書も多いキャロル・ギルフォードは、アスパルテームは「細胞へのホロコースト」だと言っている。この精神抑鬱剤(いや失礼「甘味料」だ)に政府の認可を取るために、1977年、ドナルド・ラムズフェルドはGDサールに雇われたのである。
 一九八一年一月、レーガン―ブッシュ政権に多くの友人を持つラムズフェルドは販売会議を開いた。ある参加者によると、「なじみに連絡して」年内にはアスパルテームを認可させると言ったという。その直後、当時のFDA局長は権限を停止され、代わりに大学教授で国防総省の契約研究員のアーサー・hル・ヘイズにその仕事が与えられた。
 ヘイズによる主な決定事項を見ると、最初が乾燥果物へのアスパルテーム使用認可で、最後が一九八三年の清涼飲料水への使用認可だ。どちらも人体への影響についてのさまざまな証拠や、調査委員会の反対を押しきってのものだった。その後FDAを離れたヘイズの次の仕事は、GDサールの広告代理店の上席顧問だった。
 ラムズフェルドは、この恐ろしい物質が広く使用されるように裏から手を回したことで数百万ドルを手に入れ、さらにGDサールがモンサントに買収されたときにはボーナスとして千二百万ドルをせしめた。ナチと繋がりがあるモンサントは、遺伝子組み換え食品を推進している食品会社だ。ラムズフェルド以外では、ユタ州選出上院議員でモルモン教徒のオリン・ハッチもアスパルテームの件で圧力をかけ、独立機関等によるアスパルテームの安全性調査を押さえ込んで、GDサールから金を受け取っている。ハッチはBCCIも後押ししていたし、《九・一一》の直後には、当局はオサマ・ビンラディンが犯人だと考えていると発言した。
 各国にも同じような機関があるが、アメリカの食品医薬品局もやはりイルミナティの前線機関で、人類に有益なものは通さず、アジェンダに沿ったものは適切な検査もなしにどんどん認可している。アスオアルテームの場合はラムズフェルドのおかげでそれができたというわけだ。
 FDAは最初、馬鹿げたデータを基に使用を認めたが、動物に発作や脳障害が起きたという研究結果を見せられて、その認可を引っ込めた。しかし一九八一年にアーサー・ハル・ヘイズが局長になると、公開調査委員会が科学的データを検討して全会一致で認可に反対し、延期を勧告していたにもかかわず、認可が復活した。
 ノースイースタン・オハイオ大学医学部の精神医学教授ラルフ・G・ウォルトンは、アスパルテームの研究をすべて検討し、人体への安全性に対して一六六もの直接的な影響を認めた。アスパルテーム産業が資金を出した研究は七四あり、すべて問題なしだった。独立した資金による研究では、九二パーセントが安全性に問題ありとしていた。あなたはどちらを信じるだろうか。
 これが毒物だという証拠はいくらでもあるのに、それを押し切ってアスパルテームが認可された理由は、まさに腐敗だ。ニュートラスイート(=アスパルテームの登録商標)のために虚偽の試験結果を提出したFDAの元局長、現局長、研究員六人、弁護士二人は、後にFDAを辞め、GDサールに就職した。』

==========================================================================================
★ アスパルテームに関する阿修羅での書き込みリスト

HAARPさん:「ナチ第四帝国アメリカの陰:化学兵器だった甘味料【ニュートラポイズン】全文訳」
http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/994.html

HAARPさん:「Re: 味の素とアスパルテーム」
http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/997.html

ペッパー博士 :「甘味料アスパルテームは危険だよ」
http://www.asyura.com/2002/health1/msg/545.html

佐藤雅彦さん:「マイケル・フォックスのパーキンソン病とコークのアスパルテーム」
http://www.asyura.com/sora/bd9/msg/707.html

メラトニンさん:「Re: コーク・ペプシなどのアスパルテーム」
http://www.asyura.com/sora/bd9/msg/714.html

匿名さん:「Re: コーク・ペプシなどのアスパルテーム」
http://www.asyura.com/sora/bd9/msg/710.html

feelさん:「砂糖の1万倍の甘さ持つ甘味料の使用認可…FDA」
http://www.asyura.com/2002/health1/msg/297.html

Y.Mさん:「Re: 亜硝酸Na……文藝春秋11月号より」
http://www.asyura.com/sora/bd3/msg/944.html


 次へ  前へ

雑談専用8掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。