★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件11 > 454.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
筋弛緩剤の最終弁論、10日に「犯人でない」と論証へ [読売新聞]
http://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/454.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 2 月 09 日 22:13:52:Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 「筋弛緩剤と症状矛盾」=弁護側、鑑定に疑問−仙台地裁で最終弁論 [時事通信] 投稿者 あっしら 日時 2004 年 2 月 09 日 20:04:20)


 仙台市泉区の北陵クリニック(2002年4月廃院)で、患者の点滴などに筋弛緩(しかん)剤を混入したとして、5件の殺人と同未遂罪に問われている同クリニック元職員で准看護師守(もり)大助被告(32)の最終弁論は、仙台地裁(畑中英明裁判長)で、9日午後7時過ぎまで行われた。10日も午前9時半から再開され、同日午後、弁論終了後に守被告が意見陳述し、結審する。

 「事件そのものが存在しない」とする弁護側は、筋弛緩剤を検出した鑑定の信用性について、「試料の採取、保管の経緯が不明確」「筋弛緩剤が事後混入された可能性を否定できない」などと指摘。すべての試料が全量消費され、再鑑定できない点を挙げ、「全量消費の必要性も相当性もなく、追試を阻むために作為したものと評価せざるを得ない」と証拠能力そのものを否定した。

 続いて弁護側は、5件の起訴事実のうち4件を個別に論証。それぞれ「一時的な虚血性脳発作」「心筋こうそく」「てんかん発作」などと被害者の容体急変の病因、原因を挙げ、「容体急変は筋弛緩剤の混入によるもの」とする検察側の論告に対し、いずれも「病変」などで合理的説明がつくと真っ向から反論した。

 また、筋弛緩剤の混入、投与の経緯に関する検察側論告を、「つじつまを合わせようと無理に無理を重ねた産物」と厳しく非難、「事件性の証明は破たんしている」と強調した。

 弁護側は10日の最終弁論で、守被告に「犯人性」が認められないことなどを論証する見通しだ。

(2004/2/9/20:56 読売新聞 無断転載禁止)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040209i414.htm

 次へ  前へ

日本の事件11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。