★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ35 > 428.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
国際社会からの批判に真っ向から反論出来ない情けない者達へ
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/428.html
投稿者 愚考 日時 2004 年 5 月 04 日 14:58:21:SXA7Sr6NkdU/w
 

人質にされた三人への国民的集団バッシングは、外国のメディアから批判を浴びせられた途端に急に萎んだようだ。小泉らの政府与党首脳が煽った人質被害者三人に対する国民的集団暴行も、所詮浅墓な思考凍結国民達の憂さ晴らし程度にすぎない粗末なものだったかと改めて想う。

それにしても、国際社会から批判されたなら、堂々とそれに反論する日本人がいても良さそうだが、それらしい者は今のところ見当たらない。誰も反論出来ないのだったら最初から黙っておれと言いたくなる。これではバッシングした自分達に「非」があったと国際社会に白状したも同然である。

しかし、真っ先に口火を切った小泉を始めとする政府与党首脳らが、己らの発言に責任を負うのは当然であろう。外国メディアからの批判には正面から反論するのが筋というものだ。

己の発言が齎したものに責任を負う、ということも自己責任と言えるだろう。その自己責任をとれないなら、この国の責任を一身に負う職務には甚だ不適格と言わざるをえない。

しかし、小泉らに己の発言に責任を持てと言っても、それは「葬儀屋で産着を求めるようなもの」だから諦める以外にない、と慣れっ子になってしまっている自分も情けないが。

これらの有様を冷静に見るなら、高遠氏らは国際社会における日本の名を高め、小泉らの政府与党首脳とそれに煽られた国民達は国際社会での日本の名を貶めたのだ。こう結論着ける以外にあるまい。

この結論に不服があるなら、国際社会から浴びせられた批判に真っ向から反論することだ。いずれが普遍的な人倫・道徳に適っているか、人類社会が判定してくれる。

http://homepage1.nifty.com/kikugawa_koubo/

《 配布自由 》

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ35掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。