★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論17 > 508.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
インド隊員も日本人隊員も自己責任
http://www.asyura2.com/0403/dispute17/msg/508.html
投稿者 卵ハルト 日時 2004 年 4 月 30 日 18:29:22:TeDEumd1.e9Fg
 

(回答先: 96年福岡チョモランマ登山隊の「見殺し」行為をどう評価します? 投稿者 あっしら 日時 2004 年 4 月 28 日 18:38:30)

はじめまして、あっしらさん。

自分がこのような状況に立たされたら、と想像するだけで胸苦しくなるようです。

インド隊員もこのような厳しい登山に参加するにあたっては、山行中にいかなる
状況に陥っても自己責任である、と当然覚悟はできていたものと思います。

このときの自己責任とは他者に責任を転嫁することができないということ。もしかすると
他者の悪意による行為でさえも、極寒、低酸素、低気圧という心身に異常をもたらす状況

ですから、自己責任として引き受けなければならないのかもしれません。
これは日本隊員においても同じです。

一方、日本隊はそのような状況で、インド隊員を助けることと、登頂を目指すこと
(救助ににしろ登頂にしろ成功するかわからないと思われる)の選択が可能でした。

もちろんその選択の結果も自己責任です。そしてその後に選択者の価値観を問われること
も承知のはずです。しかし、自分の価値観をゆるぎなく持っているのであれば、他人に何

と言われようとそれでいいと思います。

わたくし自身でしたら、救助の方へ気持ちが傾いていたかも知れません。それが自分にと
っての山の楽しみの価値観だし、後ろ指さされるのが恐い。?


 次へ  前へ

議論17掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。