★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論17 > 540.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 猿の心 白亜さん論がたちますね
http://www.asyura2.com/0403/dispute17/msg/540.html
投稿者 鼻曲がり 日時 2004 年 5 月 01 日 08:52:14:reqgioM2ZVV6Y
 

(回答先: Re: 猿の心 投稿者 白亜 日時 2004 年 5 月 01 日 05:54:36)

白亜さん読ませていただきました、すごい論がたちますね感心いたしました。ただこれを書いてもすでに月が変わって読んでもらえないのではないかと一抹の寂しさがあります。
そしてまずいえることは年齢的な差を感じています。

ある年齢にいきますと伴侶はどちらかが最後に相手を看取るという信頼関係が基本になってきます。そこでは「性」は超越した感じです。そこから若い人のような前向きな議論ができなくなります。なぜなら肉体の衰えが精神に影響を及ぼすからです。

では本題に入りましょう。
人間とは何かを考えるとき自己の認識をどこにおくかということになります、現在の社会からすべての人間を判断する知識は得られないと考えます。白亜さん自身も現在収集できる知識から未来を判断していませんか。

たとえば一夫一婦制が人間生活にとって一番適していると判断した基準、はるか昔の太古の社会からだといえますが、それを理性として片付けてしまうのか、それを人間社会を継続していくためにはある意味の本能(一人では生きていけない)として全体の暗黙の合意を作り上げたのではないですか。そこに動物的な本能だけが支配していたら、猿と同じ世界ハーレムを作ってもいいという暗黙の合意の世界になってしまうと思います。
そこでは女を得るためには体を張った戦いから、武器としての棒を持った戦い、やがては女を得るために男同士が原爆まで使う戦いを発展させてしまうのではないですか。戦いには再現がないからです。

>私は美貌・性格・生活力・権力等、すなわち私が今後より良く生きていくため、良い子孫を残すため、育てるために必要なもの全てが魅力と考えていますし、どれを重視するかは、その人の環境や教育によって違ってくると考えています

これは現在社会の反映です

>あなたにとってお金や社会的名声は、この社会でより強く生きていくための力=魅力ではないのですか

これも現在社会の反映です

>あなたは20代で破局を迎えたカップルが大勢いて、その原因の一部が他者への恋愛感情なのを知っていますか?

今の社会が持つ経済的な反映だと考えます。経済的に何の問題もなかったら純粋な恋愛(愛情)にによって結ばれていたと思いますよ。

>35歳位までに、大勢の妻や子供を養う力があっても、あなたはハーレムを作らないですか

これも現在社会の反映です、人が人を使って利潤を得ることを禁止されたとしたら、金力は己の労働のみとなりますので、すべての人が対等となるのではないでしょうか。そして尊敬を受けた人がこの社会のリーダーとなる資格がある、自然体でそうなりますよ。
ただ断っておきますが結婚という行為は両性の合意であるということは、合意さえあればいつでも離別が可能だということです。つまり新しい恋愛は両者において可能だということです。
これは発情としての動物的本能と考えますか?

最後に、前の文章の中に(大笑い」を書いてしまいましたが、あくまでも肩のこらないい書き込みのつもりでした。気に触ったら誤ります「ごめんなさい」
そして気がついたのは気を抜いたときには書き込みもなーなーで終わってしまい次の書き込みができなくなってしまうということですね。

書き込みは全力投球の緊張感が大切ということを身をもって知らされました。
今日夕方からしばらく旅に出ますので、メールがたまるでしょう

 次へ  前へ

議論17掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。