★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 昼休み3 > 356.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
高橋佳子のGLA・教団名の由来がまたことなる1992年
http://www.asyura2.com/0403/lunchbreak3/msg/356.html
投稿者 罰天使 日時 2004 年 4 月 29 日 19:24:08:.cqmwk1ePLJyg
 

(回答先: 高橋信次・高橋佳子の「GLA」の名付け親は一体だれなのか。 投稿者 罰天使 日時 2004 年 4 月 28 日 12:06:36)

 すでに1977年3月号のGLA機関誌において、「GLAという名称はいかにして
つけられたか」を検証して、経済界の佐藤正忠氏の証言と弟子の証言との食違いを指摘
しました。
 ところが、こんどは、同じ教団の15年後の同一人物による、同一事項に関する証言
が食い違っているのです。もう、アタマが混乱してきました。真相なんてどこにあるの
でしょうか。もともと、こういう「藪の中」体質が、高橋信次時代からのGLAなんで
しょうか。

*「GLAの成り立ちと歴史U」(GLA誌1992年4月号)

 今月のテーマ:GLA発足時を語る 

 GLA発足に至る経緯や、GLA初代教祖先生との出会いの数々について語り合って
頂きながら、GLA発足当初より今日に至るまで脈々と受け継がれてきた「GLAの原
点」とは何であるのかを、共に辿ってゆきたいと思います。
 参加して頂くのは、佐藤要氏、小柴敏雄氏、村上有恒氏、高橋興和総合本部講師、関
芳郎総合本部長、そして高橋一栄会長です。(P64)

佐藤:会の名称は、当初は「大宇宙神光会」でしたね。

関 :「GLA」と改称されたのは四十五年十二月二日でした。

小柴:こういういきさつがあるんです。ある朝私が用があって、先生とある方が話して
   おられた。「小柴さん、いい考えが浮かんだんだ。前から考えておったけれども、
   今この方と話をしながら、『神光会』というのは日本流だし、似たような名称が
   他にもあるかも知れない。だから、その英語読みの『ゴッド・ライト・アソシエ
   ーション』の頭文字を取って、『GLA』というのを考えたんだ。どうだろう」。
   そうおっしゃいました。

会長:日本読みを英語読みにして、その頭文字を取って『GLA』となった。日本だけ
   ではなく、やがて世界に神理が広まる。そのことが既に先生のお気持ちの中にあ
   って、世界に通用する名前にしたのですね。(P74-75)

 ところが、先にもあげた通り、

高橋信次・高橋佳子の「GLA」の名付け親は一体だれなのか。
http://www.asyura2.com/0403/lunchbreak3/msg/336.html

 上記で、この小柴さん、同誌1977年3月号において、こう語っています。

小柴:先生(注・信次)も腹案をお持ちでした。ある日、「ゴッド・ライト・アソシエ
   ーション」と「ゴールド・ライト・アソシエーション」とどっちがいいでしょう
   と、おっしゃった。これは八王子のお医者さんの奥さんで英語に堪能な方が、世
   界に通用するという名前ということで考えられたものです。
    この二つのうち、どちらがいいでしょうかと、先生がイエス様にきかれて、こ
   っちがいいということで、ゴッド・ライトの方に決まったように記憶しています。

 前世が釈迦の弟子「スブティー」といわれる小柴氏、現世の15年間で、記憶が入れ
違ってしまったのでしょうか。佐藤正忠氏のことも、まったく出てきませんし、どこを
とっても解せません。
 今回の記事は、教団機関誌での1992年4月時点での「GLA」という名称に関す
る公式発表ということになりますね。これだと、八王子の英語に堪能な主婦やイエスは
関与せず、信次が発案したことになっています。しかしながら、1977年3月の記事
も、また当時にあっては「公式発表」のはずですから、15年をへだてて、公式発表が
同一案件に関して「2種類」あるという、大変奇妙な事態になっています。

 これが「GLA」の機関誌ですから、信次時代の古い弟子たちがこれでは、それを
受け継いだ佳子とその弟子達に至っては、もはやなにをかいわんやでしょう。

 とにかく、だれかホントのことを言ってくれ。

GLA・高橋信次関係・「骨抜童子/阿修羅」投稿集(URLリスト)
http://www.asyura2.com/0403/lunchbreak3/msg/318.html

三宝出版( 高橋信次著作リスト)
http://www.sampoh.co.jp/st/st.html

 次へ  前へ

昼休み3掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。