★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件12 > 105.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
福岡県警でも裏金づくりか 架空協力者に謝礼、カラ出張… 年間1500万円プール 元警部が証言(西日本新聞)
http://www.asyura2.com/0401/nihon12/msg/105.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 3 月 06 日 07:49:41:eWn45SEFYZ1R.
 

(回答先: 「捜査費、幹部が私的に流用」 福岡県警元警部が証言(朝日新聞) − 内部告発が全国化する兆しか 投稿者 シジミ 日時 2004 年 3 月 05 日 23:17:28)

http://www.nishinippon.co.jp/kyushu_flash/kyushu_flash.html

北海道警などで表面化している警察の捜査費不正流用疑惑に関連し、福岡県警の元警部が5日、西日本新聞など報道各社の取材に応じ、県警銃器対策課に在籍した1995年度〜99年度、裏金づくりにかかわったと証言した。架空の捜査協力者への謝礼を装うなどして会計処理し、5年間で7000万円を超える捜査費について「本来の目的に使われず、幹部の交際費などに流用された」と指摘した。
 証言内容はこれまでに各地で明るみに出た裏金づくりの手口と酷似しており、組織ぐるみの捜査費流用が全国の警察で行われていた可能性をあらためて浮き彫りにした。
 元警部は現在50代。2001年3月に退職した。裏金づくりにかかわったとしているのは銃対課庶務係長(警部補)だった5年間。自ら作成し、廃棄せず保管していた「裏金受領簿」や内部資料に基づき、説明した。
 証言によると、捜査協力者への謝礼などに充てられる報償費や捜査に伴う旅費として銃対課に交付された総額は当時、年間約1500万円。国や県から県警会計課を通じて交付された。元警部はこの全額について、捜査員に架空の精算書を書かせるなど書類上支出の帳尻を合わせて裏金化。銃対課ナンバー2の次席が現金を金庫に入れ保管していたという。
 プールされた裏金は、課長の裁量で経費や事件打ち上げの飲食代などに充てられたほか、警察庁幹部に対する接待費に流用。「課長や次席は(ヤミ手当として)月々5万―20万円受け取っていた」と語った。課長が異動する際には「せんべつ」と称し、支出しなかった裏金のほぼ全額を受領した、とした。手口は各部署とも同じで、会計課が主導しマニュアルも引き継がれていたという。

 次へ  前へ

日本の事件12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。